アルミ箔導体+ハンダ合金

アルミホイル(箔)は静電気対策アイテムでしたが
アルミ箔導体+ハンダ合金は様子が違う!
アルミ箔導体なんて聞いたコト無いし、ハンダ漬けスルなんて考えたコト無いわw  誰も知らない世界
同じアルミでも、塊と箔では別モノ、同じコトが鉄とスチールウールでも家る、薄い・細いで、静電気絡みの性質・特性が変るw
スチールウールは除電MAXで最高ですが、、、、超発火し易く危険、何度も発火・火傷して辞めましたw  砂鉄(粉)も同じかなw
静電気は偉大な自然現象ですが、オーディオAVに関して家ば、ノイズ・フリクションに鳴るケースが殆ど、その上、実態が掴めない(測定し難い)ので遣り過し勝ち
ブッチャケ、ワケワカメ、、、、だからコソ、静電気に関心を持ち、積極的に関わって逝くことで、ノイズ・フリクションを回避できる デショw






スピーカーラインに入れたら・・・
整理スルために、アルミ箔とハンダ漬け、先日のピンプラグ・ノズルと同等のアイデアですが・・・・
静電気絡みと云うより、 アルミ箔導体とハンダ合金の音 に興味があるw

熟成サウンドと書きましたが、悪くない(EEのよ) 柳の下に2匹目のドジョウはいるのか?
音質・画質は捉え処が有る様で無い、電気的測定は殆ど意味がない、、、でもネ

目と耳ならワガル!   人は超高性能ですからw

俺は耳がEE、そんな噺蛇無いよ、理屈・知識・経験で脳が如何反応するか? 蛇無いよ、、、アレコレ考える前に勝手に判断してくれるw
感動(鳥肌)するか・しないか

つまり、鳥肌が起たなければ大差無いって噺、気にスル必要無しw  カンタンw  シンプルな遊び




アルミハンダと鉛ハンダをブレンドすると、ハンダ肉付けが可能w  溶接みたいデショw

ハンダ漬けは肉盛りし難い上、ハンダ自体に強度が無いので、ポロっと折れ想ですが、、、、銀が入ると強度UPで肉盛りも可能w



インプレ!

ノズル・サウンド
交換して一聴でより表情豊か、音のグラデーションUP! 正にノズルの音、前作(下置き)は圧着でしたからJODEN効果でしたが、ハンダ合金は違うわワナ
見ての通り、アレもコレもで寄せ鍋状態でドレが如何の蛇有りませんが・・・・・
夫々の出汁が出てEE漢字w
一見、ノズル同士が干渉しそうですが、、、何故か喧嘩が怒らないw

言い換えると、電線(ケーブル)材質の単一化は、一本調子の音に鳴り易い
一本調子の音に馴れているから、ノズル効果にビックリするw
諸悪の根源は、80年代のOFC(無酸素銅)から始まっているw 一本調子の音を良いと判断したのが大きな間違いw
ブッチャケ、ビンテージ電線は、酸化してるし、精錬が甘くて不純物だらけ、なのに、音がEEとされている、一方、純銀がEEとか、いい加減なモンですわ(爆)

お遊び・余興? アルミホイル・ノズルの製作

アルミホイルでピンケーブルと書きましたw
ケーブルだと色々メンドウ、つうワケで・・・・
アルミホイル・ノズル逝きます
期待と云うより、お遊び・余興 ですわ    噺の流れでw




25CMのアルミホイル(ダイソー)を折り畳んで導体を作り、アルミハンダ揚げ


難易度高!
鏝先が酸化し易く、FS100程度では歯が立たない

塩酸フラックスの中に鏝先を毎回ジャブ漬けしてナンボ
鏝先は絶対にヤスリで磨いちゃダメですよ、即逝かれますw
アルミハンダはココがポイント、、、カッタルイですが、、、、練習して馴れるしかないw 頑張ってくださいw


ドラゴンチューブとアセテートテープで絶縁


アルミテープとコネクターをハンダ漬けして完成




では早速、、、インプレ!

ノズル交換ではなく、現行にプラスでテストw
取付・取り外し比較を容易に行うために、DAC出力でテスト

一言!
                   
コレはオモロイ!     変な音に鳴るん蛇ネ、、、心配しましたが・・・・

言い換えると、、、   熟成サウンド

固有のキャラ・ワザとらしさは皆無、ナンとも家ない熟成感が出て、合うヤツには激嵌り、、、ヤッターマン

www.youtube.com
コレ聴くと相当ヤバいw   女性ボーカル命、そんな爺さんにピッタリ!
1セット作って、気分次第で憑けたり外したり、そんな遊びもOKAY
例えると、カートリッジ交換の様なアソビかな、、、グレードUPではなく、相性・好みが色濃く反映される世界かなw
今迄、フィルター(ノイズ)中心の展開でしたから、好み云々ではなく、良し悪しでした、、、ノイズが治まれば、相性・好みが全面に出て来る、嗜好品ですからw


マジ、試聴会出来そうなレベル、自作ピンケーブル勝負には番外参加させますw

興味ある方は、ハンダ漬け(高難易度)の練習だと思ってド~ゾ! 変なアンプ買うより・作るより変わるよ(爆)
ハンダ漬け習得により、自作オーディオAVで誰も知らない高見へ逝ける、世界が広がりますよw 高がハンダ漬けされどハンダ漬け
習得できれば、ケーブル選びに悩んだり・迷ったりから開放されます、散財しなくて済むしw
基本は1工程をキッチリ上げて積み上がて逝くコト、一辺にアルミ箔とピンプラグをハンダ漬けするのは無理! 互いにハンダ揚げしてから漬ける
銅線同士のハンダ漬けとはワケが違うw

アルミ箔・砂鉄・水(ASW) 語呂が合ったw

静電気ノイズフィルターASW

例に依って、長野青年部がキッカケで、静電気ノイズフィルターASWがトントン拍子で完成w
アルミ箔・砂鉄から、濡れ砂鉄(水)へ進化、今迄下げ止まりだった電源ケーブルの帯電圧をより下げるコトが可能w
ベクトルはJODENですが、ボーカル・弦楽器の質感はじめ、低域の透明感・量感・圧力は、信じ難いレベルまで向上!  マジで快感!
1000W(±DC100V)パワーと相まって、大感激! そして、デジアンは出力電圧管理が徹底されており、スピーカーがブッ飛ばない(逝かない)ので安心w
アムクロンの時は、発振噛まして一瞬でツィーターが  即死!   ヒヤヒヤでしたw
アナログは出力カットOFF(ブレーキ)が間に合いませんが、流石デジタル、安心・安全w


画質はナンと逝っても、動画性能ですわ、、、、同時に透明感・立体感UPですから堪りませんw  同じプロジェクターとは到底思えない
一寸前まで、プロジェクターのリモコンを手放せず、ストレスが多いクレーム視聴だったのがウソの様、ブッチャケ、デジタルの進化を待つしかないと思ってましたw
ハイエンド三管プロジェクター(CRT)の絵が脳内メモリーを支配していましたが、、、ようやく解放!





大昔(80~90年代)はコレが常識でしたw

静電気破壊からIC(CMOS)を守るには、アルミ箔で包むが常識でしたw   その後、導電性スポンジが開発され、ICを挿して保管したモンです、、、
アルミ箔が静電気を吸い取り、電圧を下げるのが目的、ブッチャケ、 ASWは原点回帰したダケw



www.youtube.com



悩ましいインバーター選び
IPMサンプラーがトラブル続き・・・・
中華インバーターは信頼性がイマイチ、最近買った4台で3台がブッコ! ショールームでは問題が無かったので選びましたが、、、
IPMサンプラーでは 使いモノに鳴らんw
現在、えびパン支部長宅でロングラン・テスト中 
  
問題点を整理スンと
信頼性(故障率)の問題は、次期に解決するとは思いますが・・・・他にもあるんよw


インバーターの違いで、画質が違う

インバーターのAC100Vはノイズ等の問題があると書いて来ましたが、、、、ノイズの有無?とは違ったベクトルで画質が違う(結構違う)
インバーターを高価なヤツに換えると、画質(質感)が良く鳴る・・・・質感=ノイズなのか?


インバーターFANノイズがデカい

シンASW(湿式)  製作方法の確立

アルミハンダを使う時は
www.amazon.co.jp

コレ買ってください、フラックスが原因で鏝先が酸化し易く扱い難い メーカーに確認しましたw
このハンダ、最初はINですが、、、、暫く使うと鏝にハンダが載らず弾かれてしまう、、、ワケワカメ、、、甲鳴るとハンダ漬けが出来なく鳴るw
アタマに来て、メーカーに問い合わせたら、このハンダ特有の癖らしく、フラックスの影響で鏝先に酸化皮膜ができる想w ナンとも皮肉な噺w
手持ちが無かったので、塩酸フラックス(酸化皮膜除去)で代用したらOKでしたw   つうワケで、トラブル前に買ってください。



アルミハンダはGOOD!  自作の幅が一気に広がった! 

ハンダ漬けのメリットは、気密・水密性の向上、つまり、濡れ砂鉄  静電気九州力UPを狙える




途中から、ハンダ漬けが出来なく鳴り(前述)苦労しましたw

濡れ砂鉄仕様、3式作りましたw パナレコCD・高圧MOSバッファ・プロジェクターへ、プロジェクターは乾式から交換


インプレ!

オーディオ編

濡れ砂鉄は、相当違うわ!

www.youtube.com
70年代ロックの息苦しい分厚い低域が部屋に充満!
空気が一変!  最高!


www.youtube.com

www.youtube.com


ビートルズを初めて聴いた頃の感激が蘇った! マジですw
テストで聴き始めたのに、興奮しちゃったw ノイズ対策効果は色々ありますが、、、音で云うなら「低音」 に尽きる!
不思議なのは、初めて聴く「低音」ではなく、記憶にある、記憶が蘇る「痺れる低音」なのよw




プロジェクターは変わらず・・・・  一切文句有りませんw


四段レベルで書きますが、音や絵が変(気に鳴ったら)だと漢字たら、オーディオAV機器やケーブルを疑うのではなく、AC100V(電源)を疑りましょうw
ホントにAC100Vが原因か疑るなら、CD・レコード・DVD(BD)を持参でご来店くださいw 貴方の参考に鳴るかもしれませんw
押し売りしないのでご安心を(爆)

アルミハンダ K4-EAN-3  石川金属

アルミハンダ K4-EAN-3 石川金属

錫96.3% 銀3.5% ニッケル0.2%



アルミテープもこの通りw   凄いデショw

塩酸使わず、無洗浄でアルミの酸化皮膜を除去できるフラックス、、、イヤイヤ凄い!

フラックスのお陰で、銅線のハンダ漬けし易さは抜群、、、そして、銀3.5%のハンダ合金ノズルですぜ! 鉛をブレンドすれば最上デショw


特殊産業ルートのみ、モノタロウでも売ってませんw ご安心ください、小分け販売中!

アルミはハンダ漬けではなく、低温ロー付け(溶接)が一般的、、、ナンですが、難易度A級で相当な熟練が必要で、ブッチャケ、無理な世界w
しかし、このハンダを使えば、アルミ溶接の敷居が下がるワナw

静電気フィルター(ASW)の道が開けた!


アルミホイル側に多めにハンダ揚げ、放熱性が高いので大型の鏝(温度調節は500℃) 銅線側は鉛ハンダ揚げ、ハンダ揚げ同士を漬けます
ハンダ漬けは、母材に鏝当てて即ハンダ漬けではなく、予めハンダ揚げを行ったモノ同士を加熱して接続しますw
難易度が高いですが、練習するしかありませんw



静電気エネルギーは何処に収束されるのか? 最初は水だと考えましたが、水は静電気のある種類だけ・・・自然界であれば大地(アース)ですが
オーディオAV環境(部屋内)では大地アース(長野式)はイマイチ弱い(不完全)、電圧が高ければソコソコ有効だと思いますが、微弱静電気だと下がり切らない
アルミ箔と砂鉄に頼るしかない現実ですが、アルミ箔・砂鉄は、反応している静電気の種類が違う様に聴こえる・見えるw
つまり、、、アルミ箔・砂鉄の物量に頼るしか無さそう

今後の課題としては、炎・水・アルミ箔・砂鉄、意外で反応(除電)するヤツが発見できるか、見つかれば、よりワイドレンジにJODEN可能
見つけるには、先入観無しで試すしかない・・・・







インプレ!

バッ直ライン・プロジェクター・パワーアンプ(A2A含む)の3系統をシンASWに交換


オーディオ編
「バァ~~ン!」は無し、、、、とは家、アルミハンダ合金ノズル効果が出て、パワフル&繊細&表現力UP、ナンですが、ハンダ漬けパワフルに鳴った分だけ1000Wが昇天し易く鳴ったw
シンASWはJODEN効果が大きいので、女性ボーカルの透明感は一聴で分かるレベルでUP、もうヤル事無い(打ち止め)かも知れんw
ハンダ漬けで音が良く鳴ったと書いてますが、ハンダ合金は導電率が低い、電気が通り難く鳴って、パワフル&表現力UP! なのよw
銅線同士の圧着だと、導電率の変化(絞り)が無いので、ナンも変わりませんw 不思議デショw   但し、只ハンダ漬けしたダケ蛇、ナンも変わりませんw
アルミハンダはフラックスが優秀ですが、逆手に塩酸フラックスで下地作ってアルミハンダとかオモシロイかも、、、、打ち止めではなく、、、未だ先が有り想w




AVサラウンド編


www.youtube.com

もちろん、動きですわ
電源ノイズ対策は画質、特に動画性能と直結している、静電気ノイズ対策は信じ難いパフォーマンスを示す、、、プロジェクターはフルHD(8年落ち)、デジタルの老化は避けられない
にも拘わらず、動画パフォーマンスは上がり続けている、一体ナンなのか、、、整理出来ていませんw
ダメだダメだと諦めていた動画性能ですが、もしかスンと、原因は全て電源ノイズだったのかも知れん、、、シンASWで動画性能UP

Amazonプライムの音質・画質は文句無し、ブッチャケ、フルHDは進化を続けている、何故なら、パナレコCDを聴けばワガル
大抵のデジタルスペックは、100に対して60位からスタートしている、つまり、最初はダメ・ダメなのよw
ところが、、、スペックが変らなくても半導体が進化(処理能力UP)すればスペックが上がったのと同じw
ところが、一般人はスペックが古いとレベルが低いと判断してしまうw 古い・新しいを問うのであれば、半導体の世代で判断しなくてはダメ
アナログではないので、価格は一切関係無しw

噺を戻すと・・・

シンASWは傑作!

アルミホイル・砂鉄・アルミハンダ、是非試しチョ!

シンJODEN領域・・・・ガラスが帯電していた

detail-infomation.com

イオンフィルター(ガラス瓶)は帯電する だよなw
かなり以前から、イオンフィルターのガラス瓶は帯電してん蛇ネ、確かに中身は水ですが、電線は瓶の淵と接してますから、普通に帯電するワナw
その静電気は何処へ逝くのか、中は水でも外は部屋内、まさかガラス瓶がケーブルに鳴って静電気ノイズが伝わっているかも・・・・・
帯電ですから、流れ難いとは思いますが・・・・流れるデショw
アタマ隠して尻隠さずって噺か?
帯電列の理屈を当て嵌めれば、ガラス瓶はプラス帯電してるワナ、、、、放置しといてEEのかよw アイデアがナガッタw
キッカケはイオンフィルターに砂鉄入れたら効くのよw ヤッパ帯電してやがったw   其処でだ!

イオンフィルターにアルミホイル巻いた

笑えるデショw 自分でも「こんナンで効くか???」阪神タイガースでしたが

アララ、、、効いた!


www.youtube.com
最初、パワーアンプで試したら、、、「EEジャン」と鳴り、、、、だったら、パナレコCDの瓶にに巻いたら如何か、、、再生しながら巻いたら即行で効いた


お持ち・お使いの方は、騙されたとお持ってド~ゾ! アルミ箔の凄さがワガルw

水入れたガラス瓶でも、外側表面は帯電して、静電気ノイズが伝わってしまう、、、一体ナンなんだ、、、そんな噺です、、奥深杉w
ガラスは電気が流れ難い、、、でも其れは、動電気の噺で、静電気は別、、、ブッチャケ、スマホの画面(静電気操作)はガラスだよネ
水が入ったガラス瓶でも帯電してしまう、、、水は最強JODENだと考えていましたが、其れは静電気の一部に最強なだけで、水では効かない静電気が有るって噺w
だから、イオンフィルターに砂鉄を入れると効くワケだ、アルミホイルを巻けば効くワケだ・・・・

インバーターが壊れたw

また初期不良
IPMサンプラーインバーター(1000W)が壊れました、2台目、、、 保証&修理不可なので、新品が送られ問題解決、壊れたヤツを開けてみたw
中華はAmazonで買うに限る、アフターフォローが手厚く安心(電話対応OK) 品質レベルは平成初期と同等かな・・・・フツーに初期不良があるw
返品期間があるのはそんな理由だと思いますし、期間が過ぎても保証が憑いてる(今回のケース) メーカー(中華)は其れ鳴りにタイヘンだと思いますが
日本が想だった様に、品質が飛躍的に向上すると思いますw  見た目は優秀、 タブン、製造直後の初期エージング(48h)を省略しているのだと思いますw

見て分かるワケもなく、どんな様子なのかチェック!
日本製パーツは皆無、、、つまり、国内(アキバ)からジャンク屋が消えたワケですw 政府はこの状況(製造業)を早くナンとかしないと、ヤバい将来がハッキリしている
国内生産に戻そうと、動きがあります

気に鳴った点


出力(AC100V)にLCフィルターを噛まし、終段に足りないのか? 2.2μFのフィルムコンデンサーでパスw
つまり、綺麗なサインウェーブとは家、Nノイズ成分が有るって噺w
コンデンサーでパスってるため、無効電力が発生、スタンバイでもバッテリーを喰ってしまうw そんな噺ですが、、、EEたいのは


インバーターの出力に、出力にDBMやTOSは必要!
パラパラ・シリシリや検波ドンもネ  インバーター同士の干渉が減る
色々考えると、AC100V(インバーター)ではなくバッ直駆動がイチバンかもw  仕方ない噺ですが、、、