新作サブ・システム用 自作真空管プリアンプの設計・製作   その1

何時も同じ話題蛇ツマランw   少しムズイ噺ですが、、、野球を例えにw

サブ・システムは、テーマ別試聴会&自作スピーカーコンテストのテスト・ベンチ(調整・セッティング)用として使用して来ましたw
リファレンスとの関係は、ローコストで小規模、でもソコソコEE音が出るコトw オーディオは嗜好品ですから、良し悪しで攻めれば良しが勝ってしまい、悪しは捨てられるw
つまり、同じベクトルで競うと意味・存在価値が無いw ベクトルを分けて長所を伸ばして 事故満世界を作り出すw
ブッチャケ、両手に花
               
現実世界でコレ遣ると、地獄に鳴りますが、オーディオなら可能w

自作スピーカーコンテストは永年の参加で大きな方向性が決まりましたw
敢えて、スピーカーBOXは作らず、楽器を流用  選んだ楽器は、エントリークラスのチェロ(中華セットで3万円)
カタチはチェロですが、音はダメダメ(安モノ)、アタリマエですわw  ホンモノは数百~一千万円以上w そして古いw
唯一家るのは・・・・ 楽器は鳴らし続けると成長する  成長に期待w
チェロを鳴らして実感したのは、スピーカーユニットは「弦」(消耗品)であり、音は楽器本体(BOX)の鳴り方・響き方で決まる
普通のスピーカーは、ユニットの重要性が問われ、箱(BOX)は重要視されておらず、頑丈で重量級な箱が殆ど・・・・・成長はスルけど、遅い!
基本として、BOXは啼かさず、鳴るのはユニット、楽器とは真逆
70年代までは、楽器型と云われるスピーカーシステムが数多く存在しましたが、現代は皆無かなw
          
貴方が若い(20代)なら、スピーカーシステムの買い替えは蟻ですが、爺は絶対ダメ!
スピーカーシステムは、成長が遅い、寿命・余命からが逆算スンと、EE音聴く前に死んじゃうよ 貴方の人生ですから関知しませんがw
オーディオ人生には限りがある、スピーカーを選ぶタイミングを誤ると・・・・
リファレンス富岳は製作して8年、人生のから逆算して、ギリギリのタイミングでしたw ブッチャケ、スピーカーは10年(助走・ウォームUP)鳴らして其処からがスタートw
ユニットは消耗品ですから、適宜交換(ブッチャケ、ナンでもIN蛇ネ)し、不要な吸音材を撤去、BOX(箱)を大事にしてくださいw ご参考までにw



メインとサブは、ベクトルの違いをキッチリ出せるので、大いに楽しめますw


噺を戻すと・・・・
現用真空管プリアンプの問題点
今更なオーディオアナログ回路、枯れ切ってドライフラワーなのは事実ですが、、、見過ごされている盲点が・・・・例えば、アッテネーターのインピーダンスでして
例えば、プリアンプは不要、アッテネーターだけでOKみたいな方が居ますが、ペラペラで痩せた音しか出ませんよw 問題あるのよ、アッテネーターにはw
バッファー(中継)が足りないw
詳しい方なら「ナンでよ?」と鳴り想ですが、、、、知られざる盲点があるのよw

www.youtube.com

強肩はアンプの出力インピーダンスに例えられる
出来るダケ高電圧でドライブし、出力インピーダンスが低いアンプ回路を使う
この条件にドンピシャなのが、真空管バッファアンプ、とココまではナンら問題は無いw ブッチャケ、現用真空管プリそのモノですわ

盲点は、入力ATT(アッテネーター)の出力インピーダンス

アッテネーターの入力インピーダンスは、100KΩとか50KΩとか高めに設定される、何故なら、ドライブが楽だから、つまり、低電流動作が可能
ナンですが・・・ アッテネーターの位置(ボリューム位置)で出力インピーダンスが変化スンのよw
ブッチャケ、厳密に云うと、ボリューム位置(音量)によって音が変わってしまう
オマケに、100KΩとか高いよね、、、つまり、出力インピーダンスが高く鳴るんよw
ボリュームを絞るホド、出力インピーダンスが高く鳴るから超厄介w  これって・・・・実に厭らしい問題でして
出力インピーダンスが高いのは、百害あって一利なし ハムが出易い上、シールドが求められ厄介なのよw
インピーダンスが高いと、信号が飛びやすく、クロストークと逝って、チャンネル・セパレーションが悪化スルんよw

対策はカンタン、低抵抗アッテネーターを使えばEE


コレがムズイ!  例えば、600Ωや100ΩのアッテネーターにすればEE
しかし、誰も遣らない・出来ない・出来ないと思い込んでいる・定説・常識問題w

何故なら、ドライブが重杉だと思われているw

この問題に挑戦して答えを出したい
昔、コレに挑戦したメーカー製が有りましたが、シンプルイズベストの考えで消えてしまったw


www.youtube.com


文句をEEます「日本のプロ野球は面白く無い!」 真っ向勝負感が薄く、かわしたり・勝負を避けたり、バッカw  見ててツマランw



整理スンと
アッテネーターよる信号弱体化・劣化が発生する、其れを避けるために高抵抗アッテネーターを選びますが、インピーダンス上昇による弊害が多々起きる
アッテネーターは負荷ですから、高抵抗(低負荷)の方がドライブが楽、しかし、高抵抗ですからインピーダンスが上昇しちゃうw
低抵抗(600Ω以下)アッテネーターは高音質ですが、、、、高負荷ですからドライブがカッタルイw

バッファ・低抵抗アッテネーター・バッファ  にすればEEダケ
低抵抗アッテネーターの高音質を生かすために、バッファーでドライブ、つまり、鬼中継を行いますw
カンタンな噺ですが、バッファー自体が音質劣化を起こす、バッファは余分な回路だと思い込まれている・・・・私も30年前は同様の考えでしたが・・・経験で認識が変ったw


鬼中継で音質劣化ナッシング!   を狙いますw

電気二重層コンデンサー微弱静電気吸引力凄杉!

微弱静電気吸引力凄杉!
電気二重層コンデンサーはトンデモ御座いませんw 
コメントの様に、取付直後から微弱静電気の吸引が始まり、静電気の性質上即行性が低い代わりに、時間経過でドンドン吸い込む・吸い込む! 凄いわ!
取付て放置するダケで、 ゴッソリ吸って くれるワナw

チェロが凄いコトに・・・・  透明感「バァ~~ン!」  倍音モリモリ!
スピーカーの内部微弱帯電は如何するコトも出来ませんでしたが、電気二重層コンデンサーは反則級アドバンテージ! ヤバ杉、除電革命かも知れんw


検証を進めて逝きますが、従来不可能とされた微弱帯電(静電気)をJODEN可能なのか?
AC100V側のJODENはもちろんですが、最終的にスピーカーが鳴った時点で静電気が発生している、、、各種JODEN対策がありますが
前人未踏領域でのJODENで如何鳴るのか?







リファレンス富岳に投入!


短絡(ショート)させて、スピーカー端子に憑けるダケ
見れば「アホか?」ですが、、、  強烈!なんてモン蛇無いw
現代の電子工学では一切説明が出来ませんが、信じ難いレベルで 効く!


最近、立て続けに音質・画質が連続向上!
静電気ノイズの典型は付帯音、JODENスルと付帯音が減るので、音量が下がりますw とは家、毎度のコトで今更騒ぐ噺蛇ないw 十二分に下がり切ったと思ってましたw
ところが、今書いてる噺は、音量が下がるではなく、「音が沈む」ヘタすると、聴こえない(爆)
元に戻そうと、音量を上げると・・・「バァ~~ン!」
情報量(余韻・倍音・響き・艶)が爆裂UP! 理解できない世界が展開!
ブッチャケ、倍音が増えたとして、、、その倍音は今迄何処に隠れていたの?  昨日今日で対策を始めたワケ蛇無いデショw
そして、、、、コンデンサーをショート噛まして憑ける、、、、馬鹿も休み休み家よ! だよなw


絵も同じで、透明感UP!
平たく家ば、「視力が上がった!」「良く見える」「立体感凄!」 そんな噺w






最終形?
デカ電解コンデンサー+電気二重層コンデンサ
デカ電解コンデンサーは必要無い? とは考えていませんw 何故なら、静電気ノイズには多種&ワイドバンドですからw
水拭き・水掛け・水没でも除去できない静電気が存在します、同様に静電気フィルター(アルミ箔+砂鉄)も必要! 兎に角、シツコイのが静電気ノイズw


JODENを舐めたらいかんぜよ!

www.youtube.com


巨大な電気二重層コンデンサーが蟻、長野方面でテストが始まっていますw

長野JODENスーパーキャパ


www.youtube.com

この動画を見ると、イオンフィルターがEE線だったとワガル(爆)

電気二重層コンデンサーって如何よ
                    

JANKバラして作ってみましたw
同じモンかと思ってましたが、完成して見たら、100Fと50Fでした(爆) お気楽テストにはピッタリw



聴いてみたら・・・

電解コンデンサーを外し、スーパーキャパシタを接続、イキナリですから様子見だと思ってましたが、、、
同等以上?   マイリマシタ!
繊細感・倍音が良く出る・・・・
倍音はポイントで、付帯音が有ると団子に鳴って掻き消されてしまうw




あくまでも、、、感覚・漢字・フィーリングですが・・・・
電解コンデンサーより、電気二重層コンデンサーの方が静電気九州力は大きい想w 断定できませんが・・・・




アルミ箔JODENに習うと
物量に勝る要素は無い
電解コンデンサー=アルミ箔、ですから、デカ電解コンデンサーに限るワナw つまり、容量&重量で決まる


写真は6.3V 2200μF 14個ですから、30800μFですが・・・・容量は兎も角、重量が小さいw
依って、デカ電解コンデンサー(重量大)には、残念ながら全く敵わない
アルミ箔の量で、静電気九州量が決まる


ナンですが・・・ココで噺が変るのよ

電気二重層コンデンサーの登場!
ブッチャケ、電解コンデンサーと五十歩百歩だと考えていましたが・・・・静電気九州力については別モノ!
容量は電解コンデンサーの数十倍ですが、物量・重量は小さいの南野・・・・・物量定義が不成立! ケド効くのよ

イメージとしては、  静電気ガブ呑み!  無条件に呑む漢字

長野JODENコンデンサー  ヤバ杉\(^o^)/

久々、大事件発生!  音質・画質向上が半端ないって!

キッカケは、長野青年部から何気なメール
帯電タコで調べると、電解コンデンサーのリードは静電気無くなりますね
ナンだって!

電解コンデンサーのリードがタコの帯電を吸ってる、ツウ噺ですわ
補足すると、電解コンデンサーとは電気二重層コンデンサーですが、ブッチャケ、同じモンですわw
静電気(帯電)は大きな電位差(勾配)が無いと動きません、ましてや帯電タコはプラスチック系ですから、余程の電位差が無ければ帯電は動かないデショw
リードと云うのもポイントで、表面積が大きな金属なら理解できますが、高がリードでプラスチックの帯電を吸ってるとしたら、トンデモ御座いませんw

言い換えると、電解コンデンサーは餌(静電気)に飢えてるんか?


早速試したら・・・
             
後光が・・・・差した
静電気(帯電)を知ろうとしたら、視覚化できる帯電タコは必須アイテム、とか逝ってますが、電解コンデンサーのリードで試す柔軟性は流石です!
アルミ箔と電解コンデンサーはスグ結び憑きましたが、帯電タコとは・・・・ですわw





アルミ箔と電解コンデンサーの違い  だよなw

開放もしくは短絡(ショート)使用が鍵では?
電圧が印加された通常使用では、誘電体は正規の仕事を余儀なくされ、安定動作に入り、静電気には目もくれないw  静電気を構う暇がないw 
其れが証拠に、今迄電解コンデンサーを多用して来ましたが、、、コレっぽっちもJODEN作用を実感したコトはありませんw
ところが、開放もしくは短絡(ショート)に鳴ると、正規の仕事が無い(失業状態な)ワケで、手持ち無沙汰「ナンか仕事無いかな?」
つまり、暇を持て余して、変に活性化してしまい・・・  飢餓・餓え状態に陥る
結果 正規の仕事ではなく、副業・アルバイトを始め、同じ電気の静電気を吸い込んでしまうw
電解コンデンサーに元々備わった性質だと思いますが、、、誰も気付かなかった「隠し扉」だと思いますw
電解コンデンサーは多々あるので、ドレが有効なのか、今後明らかに鳴って逝くハズw
ブッチャケ、電解コンデンサーは電源ラインのパスが主な役割ですが、電源ライン・アースライン・信号ラインに、短絡状態で電解コンデンサーを憑ければ静電気対策に鳴るって噺w
コレがホントに有効だと知れ渡れば、電解コンデンサーだけで、デジタル機器のパフォーマンスを上げられる、そんな噺ですわw
静電気ノイズの実態は不明な上、測定・可視化が殆どできません、書いた通り、バックレ潜んだノイズw


極性を持つ優位性
アルミ箔と電解コンデンサーの違いは極性の有無だと思いますw アルミ箔には極性がありません、有るとしたら+で、ー帯電を九州している、、、逆かも知れんw
電解コンデンサーには+極とー極があり、ショート使用ですが、内部誘電体は2種類存在する、アルミ箔は単一だと考えると、電解コンデンサーの方が多様性がある
静電気ノイズに種類があるとして、考えられるのは+とーだとすれば、アルミ箔より電解コンデンサーの方が九州力が高いのでは・・・・
あくまでも、感覚の世界ですが、アルミ箔と電解コンデンサーでは、同じ箔量だとすれば、電解コンデンサーの方が効きがEEと漢字るw
チビ電解コンより、デカ電解コンのほうが効くのは確か!







早速UPデートw

ショートバーは純銀(鉛ハンダ) チタンビス&ワッシャーでノズル化
JODENフラワーも追加


長野JODENコンデンサーは、動電気的にはナンも意味が無い!ツウのはオモロク無いので、動電気対応として、チタン・純銀・鉛でノズル化しましたw
写真はチェロ用です、スピーカーラインにチタン・純銀・鉛ですから、効果は御妄想の通りで、パワー感・スケール感が爆上がりw
鳴り方が、10センチフルレンジ1発の音ではありませんw
試作・エージング中なので、このマンマでコンテストに出るワケではなく、如何纏めるか思案中w

信号ラインに長野JODENコンデンサー

スピーカーラインに投入!
静電気ノイズだけ九州
果たしてそんなコト出来るのか?

アムクロンの天板に載せてあったヤツw  拘りはありませんw
見ての通りです、電気に詳しい方なら「コイツはアホ?」動電気的には意味無いデショw だったら、静電気的には意味があるのか?
拡大解釈すれば、電解コンデンサーを使えば、JODEN出来るって噺ですから、、、だったら、そもそも除電は要らないって鳴るワナ
唯一家るのは、電解コンデンサーをショートして使うと、JODEN器に鳴る ・・・・チト無理があるだろw



聴けばワガルだろw
      


       マジかよ!

変化のベクトルは正にJODEN! 
「瞬殺!」音量が下がり・分解能UP! 奥行・スケール感・音場感UP!

冗談抜きで、ココまでEEとは思わなんだ、、、、ナンで今迄、、、気付かなかったのか、電解コンデンサーには 隠し扉 が有った



環境・システム・条件は違えど、電解コンデンサーはJODEN器に鳴る、手持ちのある方は、是非お試しください、相当驚かれるハズ、白須が保証します
長野JODENコンデンサーは、電源ライン・信号ライン共に激有効、、、静電気フィルター大増設の予定でしたが、コッチの方が効き想w
電解コンデンサーはショートで使うと、静電気ノイズ九州男児に鳴るw



思うに、動電気的に意味が見出せない回路・接続は誰も遣らない、ナンですが、動電気と静電気は同居しており、静電気はノイズとして動電気の邪魔をしている
邪魔されれば、動き辛い・障害が発生、とは家、対策・手立てが無かった・・・アルミ箔を使った生活上の静電気対策は各種有名ですが
電気回路・電気製品にアルミ箔を巧く使えば、静電気ノイズ対策が可能だとワガッタw





*** 質問 ***

電解コンデンサーJODENを電源ラインで使うに、いつものように耐圧は400V以上ですか?

写真は耐圧6.3Vの電解コンデンサーを使用しています、、、ショート(0V)で使うので、耐圧は問いませんw ナンでもIN蛇ネ
家るのは、アルミ箔が薄いヤツ(低耐圧)の方が良さ気、かも知れません (分かりませんw)  九州量を考えると、デカ電解コンデンサーが有利だと思いますw
未だデータが少なく、皆さんの冒険的トライをお持ちしてますw





*ブログでライブ側は感電するとありますが、ニュートラル側に入れればいいのですか?
その通りです・・・・電解コンデンサーの外皮を剥がさなければマンマ使えます、テスターで電圧を測り、低い方で接続するのが正解w
もう一つ、両極に入れたい場合(小型電解コンデンサーを使う時)は、絶縁テープもしくは除電テープをお使いください




電圧を測ると・・・

ライブ側だとケースに100V

ニュートラル側だとケースに0V


ライブ側で使うと、100Vで感電しそうですが、、、コレは誘導による電圧でして、絶縁抵抗のお陰でビリビリ来ませんw
安全を考え、ニュートラル側で使いましょうw って噺ですw
但し、小型電解コンデンサーは絶縁抵抗が低いので、 ビリビリ来ますよw
ブッチャケ、失敗してナンボですから、気にせず逝きましょうw



チェロは、半日鳴らしたら・・・激変w

インプレで「瞬殺!」と書きましたが、其れで済むワケもなく、半日鳴らしたらグレードが2倍以上上がった!

スピーカー系アクセサリーとして見たら、近年稀にみる特上パーツ、、、10万円位で売れそうな勢いw
長野JODENコンデンサーは傑作!

ダメ元上等、変なコトは懲りずにヤルしかありません、、、一々否定してたら、新発見は皆無ですわ
アルミ箔で遊んでいながら、電解コンデンサーの中身はアルミ箔だと気付くの遅杉でしたw
思うに、アルミ電解コンデンサーは枯れた技術ですが、電荷を貯めるためのアルミ箔の使い方(ノウハウ)は相当なモンだと実感しましたw

長野JODENコンデンサー

長野JODENコンデンサ
        

ピンと北かな?
電解コンデンサーはアルミ箔で出来てるのよw    中は濡れてるしw
アルミ箔の噺が出た時、電解コンデンサーが使えるかも知れん、と考えましたが、、、その他の製作に追われ忘れてしまいましたw
長野からフラワーとコンデンサーを組合わせた噺が来て、思い出した(爆)

コレって、マンマ静電気を九州スン蛇ネ
ブッチャケ、九州したとして、その静電気の最終処分は如何なるの?  ツッコミ処満点ですが・・・


コレ覚えてマンか?


バリスタ・コンディショナー     コレも長野発w
電気的にはナンの意味も無い(ワケワカメ)、電線にバリスタ憑けたダケ・・・・でも効くのよ!  静電気ノイズだったの???


同じ噺だとしたら・・・・

だよなw
予め、効果を確認して書いてるワケではないので、如何鳴るかはコレからの噺w  さてさて、如何鳴るよw

効果ナガッタら笑えるw  ブログは基本ドキュメンタリー、シナリオはありません、何故なら、効果ある無し・成功失敗を問わず記事に鳴るデショw



意味ワガンネw  そんな世界w
世の中広しと家ど、こんな接続するヤツは居ないデショw
静電気には種類があるので、コレがある種の静電気フィルターに鳴れば、相当笑えるw 
電解コンデンサーのケース(丸筒)はDC的には絶縁されていますが、AC的には誘導が発生するので、ライブ側で使うとAC100Vがケースに出てしまうw
抵抗値がマチマチですから、感電するケースとしないケースがありますが・・・プラグ極性をが逆にすればOKw
言い換えると、静電気的には通通でして、ケース外側にJODENフラワーを憑けると内部静電気を引っ張り出して暮れて、コロナ放電が可能でエネルギー循環が成立スルw (仮説ですよ)



チェロでテスト!

小さい方をプリアンプ、大きい方をパワーアンプ


      効くワナ!

www.youtube.com
チェロに、弦楽セレナーデを鳴らし切って欲しいと考えていますw  絶対得意な曲だよねw
ツウか、コレを鳴らせなければ存在価値が無いと、、、思ってますw
昨日の負けで、気分消沈でしたが・・・挽回できそうw

如何効いたか書くと、静電気ノイズの代表格は付帯音、とは家、対策テンコ盛りですから、流石に付帯音を目立ちませんw
その代わり、小編成クラシックならOKでも大編成オーケストラだと(音数が増えると)埃っぽい音(混濁感)に鳴り易い、原因はスピーカーのエージング不足と静電気ノイズ
エージング(鳴らし込み)で解消方向でしたが、、、埃っぽさが気に鳴ってましたw 静電気フィルターで解消方向で増設予定でしたが、コレも蟻だw
静電気ノイズは種類があるので、単一フィルター(手法)ダケでは斑感が出てしまう、アタマ打ちは無いにせよ、フィルターのバリエーションは必要w

電解コンデンサーはアルミ箔巻き取り収納容器でオマケに中が濡れており、願ったり叶ったりw


まさか、デカ電解コンデンサーで JODEN 出来るとは、考え難だw

電解コンデンサーは始まったばかり、コレから色々流用・転用して逝きますが、ポイントはドレがイチバンなの? ではありませんw
除電は自然との戦いですから、武器の種類は多い方がEE、アノ手コノ手・TPOを考え戦う必要があるのよw
将来的にはコレがイチバンがワガルと思いますが、今は四方八方手を尽くしデータを取る時期、コンデンサーも色々あるデショw タブン、全種類効くと思いますw
例えば、電解コンデンサーは低周波静電気に効いて、フィルムコンは高周波静電気、とかネ・・・ブッチャケ、シリシリ・パラパラは静電気ノイズに効いていたのかも知れんしw
アタマを柔らかくして、手先を小まめに動かすしかないw アイデア・データーは全てオープン、、、是非お試しくださいw

負けてワガッタ事実とは

里親よろしくお願いします
page.auctions.yahoo.co.jp
page.auctions.yahoo.co.jp
page.auctions.yahoo.co.jp





負けてワガッタ事実とは
元は静電気フィルター、そんなお題目で始まりましたが、、、
静電気フィルターは、ある一面でしかなく、、、静電気が治まって終わりではなく・・・・
物量投入に伴い・・・強烈な音質・画質急上昇が始まる
 舐めてたわ
ブッチャケ、透明で自然とか、、、数々のボキャがありますが・・・・その上が有った!
良かれと思い、物量を投入して逝くと、上昇角度が鈍って逝き、終いに俗に云う処の「飽和」が訪れ 「打ち止め」 ナンですが・・・
  青天井で突き抜け上昇!
飽和=アタマ打ちですが・・・そのまま突き抜けて逝く漢字w

この状態で「聴いたコトない音」が出ており   唖然!
特筆なのが、クラシック再生 ロック・POP系はもちろんですが、クラシックが  垂涎!


この後、プロジェクターとAVアンプに割り振り視聴、、、イヤイヤ凄いの南野!
画質に関して家ば、益々もって超滑らかな動き、言い換えると、デジタル画質が如何にギクシャクして板かワガル、画質スペックは色々ありますが・・・・
動き(動画解像度)に関するスペック(数値)は存在しません、、、言い換えると、諦め放置されて板、、、逝った処で改善されるワケもないし、改善方法も不明だったw
結果的に静電気ノイズがデジタル動作の障害に鳴って板のは確か!


持ち込まれた本人曰く、「足せばもっと良く鳴る!」  マジっすか?

ブッチャケ、静電気対策の奥深さなのか、それとも、新しいフェーズ(局面)なのか整理出来ませんが、良く鳴るのは事実!


嗚呼、作るしかないワナ
整理スンと、静電気ノイズ対策に関して、未開領域が存在していて、盛れば盛るダケ、掘れば掘るダケ、ザクザク状態w
大部隊増強の予定・・・・如何にコンパクトに納めるか思案中w


そんな中・・・・長野から新たな静電気ノイズ対策の手掛かりに鳴る報告が入りましたw
其れはコンデンサーによる・・・・・お楽しみにw