爆裂 鉛電ラバノズ効果

鋼球と鉛オモリの比較・・・



ハガネと鉛、ドッチがEEの?


f:id:arcs2006:20190203104946j:plain


比較にあたり、ハガネをジックリ聴いてみましたw ブッチャケ、コレと比較して如何スンの? それ位EEですわ、素晴らしい! もはやCDとは思えない
正直な噺、比較して甲乙つけても意味無いデショw 比較前から、戦意喪失ですわ、EEモノ同士を比べて甲乙つけるのは、嫌がらせみたいデショw
電ラバノズ効果は従来の認識を一変させます・・・・・ケーブルに細工しただけで、ナンでココまで音が良く鳴るのか? 理解不能・ワケワカメ!  

皆さん、毎度ですが、白須に騙されたと思って眉にタップリ唾を付けて試してくださいw


過去にピンケーブルは腐るホド作りましたし、何十年も比較試聴して北、しかし、電ラバノズ効果はちゃぶ台返しですわ



f:id:arcs2006:20190203105057j:plain


とは言え、気乗りしませんが、ブログの関係で比較するしかないデショw


隣の入力に、鉛を挿して比較するコトに・・・予想としては、鉛よりハガネの方がEEのでは?  鉛だと音が大人しく鳴るのでは? 最近、鉛にEE印象ないし


f:id:arcs2006:20190112212433p:plain


音が出た途端、一発KO!  鉛爆裂!



一体ナンなんだろ、、、音楽全体、全てが違う、情報量は増えるわ、エネルギー感も段違い、余韻の素晴らしさは圧巻ですわ
大したコトしたわけじゃない・・・・しかし、ケーブル1本で変る範疇を遥に超えた大変化が怒る、読んでて相当な違和感があると思いますが、ホントですよw
オーディオには未だ謎が多い、オカルトだとは思いませんが、知っている様で、知らない、気付かない部分が存在する
キッカケは、柄沢氏のシェルリード線でした、シェルリード線でしか怒らない現象かと思いましたが・・・・普通のラインケーブルでも似た様な変化が起きます


f:id:arcs2006:20181225192124j:plain


特に中高域の出方は秀逸だし、超低域の地鳴りの様な響きは、同じスピーカーとは思えん



この様に、変化の度合いが半端ないって! 今迄の認識が全く使えない、鋼球もEEけど、鉛聴いたらダメだわ
ナンも無しを40、ハガネが100、鉛が140、、、120位なら好み云々で説明できますが、40違うと比較に鳴らんし、ナンも無しとは100違うw
コスパも鉛は何十円だよ、、、バカ逝ってるワナ、プラチナも試そうと考えていましたが、コスパ考えると・・・・ブレーキ掛かるワナ




ケーブル全般すべてちゃぶ台返しだ!



電ラバノズ効果がハッキリした以上、ケーブル全般、全てに渡り見直しが必要ですわ、カッタルイ噺だわ



f:id:arcs2006:20190203114236p:plain


チタンもあるで!




スピーカーケーブルは如何よ



ラインケーブルと来れば、スピーカー・ケーブルだよなw   ヤルしかないデショw   ヤリました!


f:id:arcs2006:20190203142706j:plain

錫メッキ網線の錫は低導体ですから、EEかもしれない・・・・

f:id:arcs2006:20190203142744j:plain

鉛をハンダ付けする(添わせる)のではなく、ケーブル切っての途中に鉛を入れを導体として使う

f:id:arcs2006:20190203144025j:plain
f:id:arcs2006:20190203172822j:plain


大事件は怒りません・・・・やっと普通にEEですw


このまま良く鳴り続けたら如何スンの? と思いましたが、、、ベクトルは同じで、EEジャンって漢字、とてもEEですよw
それにしても、CD良く鳴り杉、呆れて開いた口が塞がらない、Lパスも凄かったけど、電ラバノズ効果がプラスされ、CDプレーヤー大躍進ですわ
鉛を噛ますので、抑え付けで音が静香に鳴るイメージありますが、逆でして・・・・響きや余韻が増え、音像は明確になり、音場は大きく広がる
鉛をケーブルの一部に使うなんて、、、噺として知って(30年前から)ましたが、まさか自分が行うとは考えもしませんでしたw




Mozart - Requiem (reference recordings : Karl Böhm) HD
ahref="https://youtube.com/watch?v=yc9gebaz9iw"ベートーヴェン交響曲 第6番 ヘ長調 Op.68《田園》 カラヤン ベルリンフィル




大編成オーケストラの鳴りっぷりが素晴らしい! CD特有の詰まった漢字、中高域の痛い漢字やゴチャゴチャ感が消え、雄大、、分解し伸びやかに抜けて、ダイナミックに鳴り響く!
余韻はスモッグのように部屋に漂い、バツグンの空気感、エネルギー感はPCオーディオの世界だw



少しワガッタことは、DCバイアスが掛かっているラインでは、大事件は怒りませんw スピーカーにはDCDC(142V)掛かってますし
プリアウトは、12VDCバイアスをCカップリング、反対にCDプレーヤーは0Vオペアンプ出力ですし、カートリッジは0Vでスズメ涙発電ですわ


電ラバノズ効果は、微小&0Vバイアス出力ラインで、大効果を発揮するみたい・・・・



カートリッジにせよ、CDプレーヤー(PCも)にせよ、大元上流で微小出力&0Vバイアス出力はケーブルの影響をモロに受けるみたい・・・
対策として、DCDC手法がありますが、電ラバノズ効果も有効だとワガッタw


AC100Vラインに関して、フィルターにはトリタン導体制振とか、炭素棒とか(山葵も)既に遣っている上、音質向上も確認しているので、慌てる必要無しw