試聴会で暴露された静電気ノイズ・・・

トリタンT氏が持ち込んだダイレクト除電器により、静電気ノイズが暴露された


f:id:arcs2006:20190212213046j:plain
f:id:arcs2006:20190212213106j:plain
f:id:arcs2006:20190212213205j:plain


f:id:arcs2006:20190120171935j:plain


0Ω抵抗を基板に挿して、足を切らずにコロナ放電端子として、麻に静電気を吸わせる


ポイントは麻なのか・・・  コアブリッドBフェルトはコロナ放電端子ですが、麻は電磁波吸収デショw
邪気(悪い電子)をお祓いで清める(吸収)だと考えればEEのか?  コロナ放電は、空気中に電子を還元、麻は其れ自体が電子を吸収
麻は静電気対策で使えますが、放電と吸収ではワケが違うワナ、キッチリ整理せなアカンわ





100%除電(0V)は水洗いしかありません、除電しきれず残った静電気はノイズ(付帯音)として音に出てしまう・・・・
比べなければ絶対分かりませんが、比べれば一聴瞭然・・・・除電には自信ありましたが、甘さ(付帯音)を見事に暴露されてしまったw



ダイレクト除電の見直し・・・



通常、除電はケーブル外皮に除電フェルト(コアブリッドB)を巻いて行っています・・・・
除電レベルを上げるには、外皮を剥いで直接導体に除電フェルトを巻くダイレクト除電を行いますが、最近は行っていませんw
何故かと云うと、除電だけでは噺が終わらず、諸々ノイズ対策が必要なので、トータルで考え、突き詰める対策はしていませんでした
ところが、対策がドンドン進み、ノイズが減ると、取り残し部分が目立つ様に鳴り、炙り出されて来るんよw
この期に及んで、まさか除電の甘さが露呈するなんざ、考えてもいませんでした


f:id:arcs2006:20190212002947j:plain


TKD除電器は、AC100Vを剣山(針山)に流し、静電気をコロナ放電除去



麻の電磁波吸収性をプラス、コアブリッドBでは取り切れない静電気を除電


除電は果てしない・・・・キリが無い、静電気の実態・内容・構成が殆ど分かりませんが、音と絵を聴けば・見れば静電気ノイズは認識できますw
もちろん、ビフォー・アフターで比べての噺で、普通は「こんなモン」デショwでしかありませんw
今回、レコード再生がメイン、私としては「EEデショw」連発で進めていましたが、トリタンT氏が持ち込んだダイレクト除電器をテストした処・・・・帯電露呈w
フォノイコのAC100Vに接続、有る無しで比べれば、ハッキリ分かるレベルで静電気ノイズの有無が認識出来ちゃいますw  まさか除電で遣られるとは・・・・
剣山コロナ放電は、除電の基本ですが、ダイレクト除電+麻効果の相乗効果は、居残り帯電を炙り出した・・・・マイリマシタ!



柏原芳恵 - 春なのに (1983)


強力ノイズ・チェッカーには敵わないw



71'「17才」72'「純潔」73'「色づく街」74'「夏の感情」75'「人恋しくて」南沙織

卒業 - 斉藤由貴 1985





爺さんキラー南沙織はじめ、70~80年代(前半)のアイドルの声質の高さには改めて驚かされますw 当時モノのLPの再生難易度は相当高い・・・・
CD登場とクロスしていますが、アナログ最終盤のLP品質、そして当時のアイドルの「気」構え、時代背景とのマッチングは聴き処満載w
今後、精力的に集めるつもり・・・・CDリッピングで逝けると思ってましたが、声フェチ爺デショw・・・・比べるとダメだわw
昭和歌謡に比べ、中古相場も高騰していない上、良質盤が多い、もしアナログ再生する「気」があるなら、オススメだし、聴いて分かり易いw




静電気には種類がある



一言で除電と逝っても、電気にAC・DC・周波数・電波が有る様に、静電気にも種類があると考えています
100%除電は水洗いとしましょうw コアブリッドB・ステンタワシ・ステンウール・麻(数種類)・LEDで除電レベル・種類(項目)が違いますw
あくまで、私の体験レベルでの説明ですが・・・・除電したつもりでも、ヤリ残しや、除電できないモノが出てしまう・・・・
コアブリッドBで大枠での除電は可能ですが、静電気ノイズは完全に取れませんw 気にしないのがイチバンですが・・・・変なコトすると露呈しちゃうw
除電は甘くない、半端ない、ソンで厄介w



間接除電とダイレクト除電



ノイズ対策はドツボ、一度堕ちたら人生掛けて戦う覚悟が必要、脳は一旦開発されると「気に鳴り出し」勝手に暴走するんよw
まるで、双六の振り出しに戻されたみたい・・・・とは言え、大方除電できているので、最終仕上げ除電だと考えていますw



間接除電とは・・・


絶縁ケーブル外皮の上からコアブリッドBテープを巻いて行う除電、一般的な除電方法となります
ケーブルの帯電の有無を確認したい場合、濡れ雑巾でケーブルを拭いて試聴すれば、静電気ノイズはスグ分かりますよw
帯電なんて、大した問題じゃないとお考えなら、一度ケーブルを水拭きしてからお聴きください、相当驚かれると思いますよw
ビニール系ケーブル外皮は、帯電し易く、結果として、静電気ノイズを聴かされてしまいますw
ケーブルを水拭きすれば、その時だけ除電できますが、乾いた途端に帯電が始まり・・・・帯電は偉大な自然現象ゆえ厄介
ケーブル帯電は一定レベルで安定するので、ケーブルの音質とは、帯電(静電気ノイズ)込みを云います
間接除電とは、ケーブル外皮の帯電をコロナ放電させる手法




ダイレクト除電とは・・・


ケーブル外皮を剥いで、導体に直接(ダイレクト)コアブリッドBテープを巻き、絶縁外皮を兼用して除電を行います
除電は、静電気電圧をコロナ放電で下げるコトですが、問題は電圧を何処まで下げられるか、でして・・・
ケーブル外皮を剥いで、帯電元である導体を直接(ダイレクト)除電するのが最も効果的



問題はココからだ!


不意打ち喰らって、タダで引き下がるワケには逝かんぞ! 麻と静電気の関係を整理して返り討ちにしてくれるわ!




麻は静電気吸収導体であり、インピーダンスが超低い    仮説を立てる



だとすれば、麻は  静電気ノイズ・フィルターとして機能  するかも






麻と来れば・・・・大麻(本麻)   だよな





いよいよ、大麻が実力を表す時が北!




。.