ミゼットヒューズ版

f:id:arcs2006:20190314090318j:plain
f:id:arcs2006:20190314090950j:plain

肉眼じゃ見えません!


まさか、細い方がEEなんて思いもしませんでしたw

ココまで細いと、電気抵抗があるのでは??? と考え想ですが、テスターで測ると0Ω(アタリマエだろ) でもね、言い換えると、電気抵抗と音質は無関係なのよ
抵抗値があれば、Ωの法則で計算できたりしますが、抵抗値が無ければ論外な世界ですわ、しかしながら、抵抗値があるから発熱して焼き切れるデショw
テスターで測ると0Ωなのに、電流流すと発熱して焼き切れる・・・・普通に考えると「変」デショw ココにポイントがあると考えてますw


日進月歩と云いますか、気まぐれで作ってると云いますか、激変するのが楽しくて、製品化するワケじゃありませんが、開発は進めていますw
まだ整理できませんが、従来の信号ラインは正確に伝送できていないみたい・・・・ナニを持って正解なのか分かりませんがw
音が変化すると云うより、信号伝送の正確性が上がった様に聴こえる・・・・変化の度合いは機器変更や、回路変更よりも大きいw
ケーブルを交換して音質追求するのは普通ですが、どうやら、ツボが大きくズレていた様で、外れたツボをツボだと思い込んで弄っていたみたい・・・
アンプやDACを作るより、信号ラインを弄った方が変化が大きい上、より正確な再生ができるかもしれない、特に導体を細くすると凄い!
もしかスンと、スピーカー・ケーブルも極細がEEのかも・・・・細くすると焼き切れる・・・・そんなコト怒るかな?
流石に、FUSE使えば(大昔は保護回路として使われていた?)切れるかもしれませんが・・・・ボイスコイル程度の細さならOKデショw
FUSEなんて無い方がEE(つい先日まで思ってましたw)・・・・コレってオーディオ都市伝説かもよw
仮に細くしてドエラ~音質向上したら、今迄のオーディオ理論が間違っていた、ツウ噺だぜ、つまり、一箇所だけ細くしてテストすればワガルよねw
「細いより、太い方がEEに決まっている」と思い込んでいたダケ・・・・かもw
音質・画質と電気・電子の関係は、未だ分からない部分がある、一般的な観念・知識(電圧・電流・電力)を当て嵌め、勝手に思い込んでいた可能性大!
意図せず変なコトして、「ナンじゃコレ!」が無い限り見つからないw 変なコトは変ですから、誰も遣らないw だから見つからないw


余談・・・・

昔、クルマのヒューズを特定のヤツに交換したら、トルク・馬力が上がった云う噺を本で読んだコトがあります、当時は「こいつ、アホか!」と思いましたが・・・・
もしかスンと、ちゃぶ台返し・・・・ホントだったのかも知れん・・・・



極細スピーカー・ケーブルに挑戦


FUSEを使うとして・・・ 125V/0.2Aなら25W(rms)まで入力可能、音声レベルは一定ではないので、普通に使えそう・・・・
正にFUSEなので、流せば切れるダケ、実際問題として、切れてから考えれば(太くすれば)EE、先ずはFUSEをスピーカーケーブルにして果たして高音質に鳴るのか?
信号ラインを前例とするなら・・・・想像を絶する変化が蟻そうw


コレって、フルパワー再生に対するアンチテーゼなのかも・・・FUSEはパワー入れると切れる、、、言い換えると、キレる寸前がベスト・パフォーマンス・・・かも
FUSEを細くすればスルほど、信号ラインはじめ、スピーカーケーブルなら小音量時(微小出力)のパフォーマンスが向上する可能性(ラバノズ効果)があるw
仮に電子の流れに表皮効果があるとすれば、線が細ければ細いほど整列・渋滞・発熱し、太く開放されれば一気に加速w、電子ラバーズノズル効果そのものデショw
MCカートリッジを考えると、低インピーダンスだよね、スピーカーも低インピーダンスじゃん、、、キレる寸止めを狙えば、ベストパフォーマンス蛇ネw
MCカートリッジとスピーカーは原理が全く同じで動作が逆なダケだろ!


今年のテーマは、小音量リファレンスの追求だよな・・・・


f:id:arcs2006:20190316083341p:plain

細い線と云えばコレ・・・


オペアンプトランジスタ内部で使われているリード線の種類によって音が変わるんジャ・・・ネ 昔のCANタイプのMOSFETとか・・・真空管の内部配線とか
電気・電子の世界でも、物理的な太さ・細さが関係している可能性大w 例えば、オリジナルWE300Bとレプリカ・同等品の違いを考えると・・・
オリジナルは細かったりすると、余計な「気」を使って太くしちゃうとか、もちろん「良かれ」と考え行っていても・・・実は裏目だったナンて蟻そうジャンw
アレコレ考えるに、最適な太さがあるのでは? つまり、「太い方がEE」ではなく、太すぎだった・・・・大は小を兼ねない、丁度EE太さがあるのでは?
大昔、300Ωのフィーダー線(細いアンテナ線)をスピーカー・ケーブルにするとEEなんて云われてましたw 花で笑ってましたが・・・今と鳴って????
電気信号の伝送には、最適条件があり、電気だから伝わりますが、最適でなければロスが出てしまう・・・・
例えば、インピーダンス・マッチングだったり、定在波比VSWR(反射ロス)など、オーディオとは無縁だと思ってましたが、実は関係アリアリかも・・・
信号ラインの噺ですが、低周波(オーディオ)と高周波(TVとか無線)は別モノだと考えていましたが・・・もしかスンと、同じ蛇ネ