果たして「キレ」るのか・・・・

長野青年部より・・・

こんばんわ

今しがたスピーカーラインにヒューズ入れました
近所のホームセンターには0.3Aが無いので0.5Aです

やっぱり寂しい音になりました、、、

この後どうなるかw


おはようございます

スピーカーラインのヒューズですが、あの後バァーン!となりまして、「小音量でも聴こえる聴こえる!」
街宣車にも早く付けなければ!と思うんですが、今日は雪が降ってますorz....

それと、昨日は整流どん(8200μF)も追加しましたが、コレもバァーン!

家のTVがヤバくて、、イチローの会見映ると数秒で泣きそうになりますw


「後悔など、あろうはずがありません」このコメントヤバすぎます


ブッチャケ野球に興味は全く無いのですが、、、


「瞬間・脳ダイレクト」興味が有ろうが無かろうが、感動は「気持ち」の伝わりで怒る、録音・録画時に「気持ち」が転写され、再生されている証拠
実は、TVに関して云うと、何気ないアナウンス(ニュース等)で「気持ち」の伝わりに大きな違いが出て、見る気に鳴るか否かに大きく関係してくる
去年、リビングのTVを買い換えようと、思案していたら、ノイズ対策で様子が変り、その「気持ち」が失せてしまった・・・・
アナウンス=人の声 の音質の重要性の典型例であると共に、スピーカーのクオリティー(スペック)ではなく、AC100Vがポイントです
イチローに関して云えば、最期のグランドシーンは、長嶋引退試合級の破壊力があり圧倒されましたw
スタジアム全体を支配・充満している「気持ち」「雰囲気」「空気感」がTVからドバドバ溢れ、一気に飲み込まれマイリマシタ!
このクラスの「気持ち」に鳴ると、ノイズが有ろうが無かろうが関係無いとも云えますが、ノイズが少ないと50インチ級の古いTVでも伝わりが半端無いって!
生とTVでは根本的に違うと思ってました、もちろん生がベストですが、電気を通して再生しても相当レベルまで逝ける、オーディオAVの醍醐味ですわ
ところが、ノイズがあると邪魔され、「映ってるダケ」「鳴ってるダケ」「ナンも漢字ない」・・・・甲鳴ると興味・関心が薄れ廃れてしまう・・・・
画面の大きさは重要ですが、ノイズ有りの大画面は特に悲惨、、、大型家電店のTV売り場に逝けば良くワガル

「小音量でも聴こえる聴こえる!」

このコメントで安心しましたw 良く鳴るとは正にコレ!

私は「余韻が棚引く」と書きましたw ところが、、、FUSEが太く鳴ると減退方向へ変わるのよw 「不思議デショw」
メチャ・オモシロク無いので、極細・フルパワー再生が出来ないかと思案中w





f:id:arcs2006:20190321114324j:plain

「キレ」るは確かでしょう・・・・何処まで持つかが問題w


250V 0.5Aなら、125Wまで入力可能、音楽信号だと考え、瞬間レベルで200Wは楽勝w
普通に鳴らすなら、ノープロムレブ! ホントかよ、問題は音質向上するか否か・・・・仮に悪く鳴ればハズせばEEけど、良く鳴ると厄介w

f:id:arcs2006:20190321191554j:plain
写真はキレた後で250V 1A・・・・見える程度の太さですが、コレじゃ太いw

イキナリ!!!

f:id:arcs2006:20190112212433p:plain

情報量3割UP、繊細感バツグン、棚引く余韻、高域の抜け・キレ、パワーも完璧!


例によって、CDプレーヤーでテスト、、、イキナリ「バァ~~ン!」で全身鳥肌立ちマクリ、不意打ち喰らってマイリマシタw
最早、CDプレーヤーがダメとか一切言えないし、聴いてて呆れるわ、目の前で一体ナニが起きているのか整理できないホド音がEE


驚いたのは棚引く余韻が部屋に充満!!!  大事件だわ!
まるで、アンプをFMアコースティックに(スンゴイのに)取り換えた様な変化、ケーブルで変るレベルを大きく超えている・・・・この期に及んで信じられん


オマエさ、今迄何処の隠れてたの? ワケワカメだろ! 音楽全体が棚引く余韻の中に埋もれている様・・・・


大感激してボリューム上げたら・・・・ピカッ! FUSEがキレた   だよなw


250V 0.5Aだと、100W+でキレるわ・・・危なく鳴って来ると、FUSEがオレンジ色に光り出すw
それにしても、スンバラシイ! 一度聴いたら戻れんわ、、、早速ホームセンターへ出撃!   250V 1Aを購入 250WまでOK?
再試聴すると、EEわコレ! でも繊細感は0.5Aの方が有るワナ・・・・300Wフルパワー再生はOK
事前に北九州のKさんから報告があり「コレ最高!」と申しておりました、ちなみに、12V 1Aでテストされたとか・・・・


FUSEは大正解! そして細いホド、情報量が増える


ドエラ~~音質向上するモンだから、スグ音量上がっちゃうのよ、調子こいてると、ピカッでお終いw


正に、ラバノズ効果そのもの、キレて癪なので、0.3Aパラレル仕様でのテストを考えてます


原理が同じですから、ヘッドホンにも使えるハズ、コストが掛からないのもEE、最高の音質対策かも、各種機器内部はじめ、低コストで大幅な音質改善が可能
音質向上用スルーパス(通すダケ)の開発&特許も取れそうジャンw


上で書きましたが、世界でも極一部の最上級アンプ(FMアコースティックとか)には、秘伝のノウハウとして使われているのかも知れませんw
今じゃ常識の電源ケーブル別体方式は、ゴールドムンドが最初だったと記憶しています、当時はナンで?と思いましたが、電源ケーブルで音が変わるデショw
電源ケーブルの一部に不純物を加えれば、音質向上しますが、ノウハウだったら理論・理屈は門外不出デショw つまり秘密ですわw
DBMはアムクロンをバラして見つけましたが、FMアコースティックには普通に付いてますし、ブッチャケ、普通に組んだら普通にしか鳴らないのが常デショw
永い時間掛けて、色々試して来ましたが、普通に考え付く、オーソドックス(凡人)の手法だと壁を超えられない・・・・

一味違う、特別な音を出す手法とは、こんな処なのかも知れません

普通(凡人)に考えると、焼き切れる様なFUSE入れて音質向上なんて、考え付くワケが無い
其れに、細ければ細いホドEEなんて、アホとしか云えないワナw



リファレンスのスピーカーケーブルは、2.6mm2芯Fケーブルをバイワイヤーで接続し、床下コンクリートCD36配管を使用し、注水して水没させて除電
つまり、基地外配線ですわ、太さで云えば超極太・単線で自信満々でしたから、極細FUSEなんてアリエナイ噺ですわ、其れでこの始末ですから、堪りませんw