感動と馴れ(飽き)の問題を整理する

音質・画質と「気持ち」「感動」は別モノ


オーディオAV趣味の原点・起爆である「感動」と人の「気持ち」について整理せな前に進まんw
感動無きオーディオAVは廃れ・消える・・・・人は音質・画質(スペック)に感動するワケじゃない・・・ココが大事!
スペックはEE方がEEに決まってますが、スペックがEEから感動できるワケじゃない、スペックで感動できるなら、テスト信号でも感動できるデショw
画面は大きい方がEEに決まってますが、大画面なら感動できるのか? 最近は大きく映ってるダケが多杉・・・・
20年前は、1インチでも大きく! ナンて逝ってましたから、状況が全く違う・・・何時から変わってしまったのか? 音量も同じかな?

人が漢字る(数値ではない)価値観が変化したのか?


それとも、他の要因で、価値観が変質してしまったのか?



他の要因=ノイズなのか?


また同じ噺かよ、、、ナンですが、ジャンク・レコード再生して「感動」が凄いのよ、ナンでこんなに感動するの? ワケワカメ
今更デショw 初めてレコード聴くじゃあるまいし、ブッチャケ、捨てられたゴミですわ、昔よく聴いたレコードでもない、殆どが初めて聴くヤツだよ
予備知識0、針を落として、感動するまで瞬殺ですわ、アレコレ考えてる余裕・暇があるワケじゃない、脳ダイレクトで「ナンじゃコレ!」の連続!
ジャンク・レコードを狙っていたワケじゃない、たまたま、どんなモンかと買ったダケ、話題提供&ブログネタにと思ったダケ


100円で感動できるの? 俺って初心なの? 何年オーディオ遣ってるの?    だよなw


ビフォーアフターの違いは、徹底ノイズ対策ダケ

ブッチャケ、断定出来ませんが、、、ノイズの有無でココまで違うのかよ!
ジャンク・レコードが売られていた頃(70年代)は、買えばこの音出たの? だとしたら、オーディオ趣味が流行る(黄金期な)ワケだw
確かに、プレーヤー・フォノイコ・カートリッジは最高級品ですが、20年来使っているワケで、音は知り尽くしている、なのに・・・だよ
20年前は、確かに素晴らしくて感動しましたが、その後・・・・ズリ下がり続け、、、最期は6年以上放置プレー、徹底ノイズ対策したらコレ!
アナログ同様、PCオーディオも相当良く鳴っているので、アナログだけが特別ではない・・・・しかし、ココまでノイズ対策したアナログ再生は人生初!
ノイズ対策はPCオーディオで6年以上掛けて行って北、徐々に対策が実り、感動が蘇った、しかし、アナログはイキナリ0から100へ変わった!
驚いたの南野、狂喜すわ、ジャンクですが、当時は沢山売れたから今ジャンクとして有るワケで、普通に売っていたレコードの音の良さには感服!
言い換えると、現代のオーディオとソフトが如何に鳴らないか(感動できないか)思い知らされる!


オーディオ・スペックは飛躍的に向上したが、感動レベルはズリ下がり続けて北!


料理の素材・手法は飛躍的に良く鳴り、清潔で衛生的ですが使う水が汚いので、料理が不味い

水が汚い、ではなく、旨味が出ない水、旨味が消える水、ナンとも言えない不味い水、だから料理しても甲斐が無い、台無し、感動が無い
素材・手法に関心が集まり、あの手・この手で改善されてきましたが、使う水に無関心な上、無知!
一番大事な水に対し、評価の基準・測定方法すら無い、、、コレだけ大きな産業だったにも拘わらずだ!
結果として、料理が不味ければ、誰も食べないデショw 一口喰って、味を分析してグダグダ逝うマニアが残った、全く感動できない


オーディオ・マニアとは、感動できない音楽・音について、チマチマ・グタグタ語り合う人種


だから、理解されないし、敬遠され、挙句馬鹿にされ、廃れ、この様!


でも大丈夫!!!


首の皮一枚でブラブラですが、、、原因とその対策が明らかに鳴りました、アークスに来店頂ければ感動体験が可能でございます


売り場ではなく、感動できる場としての販売店、感動して頂き、その方法をお売りできます、感動出来なければコチラの努力不足でしょう!
オーディオAV趣味及びノイズ対策にはコストが掛かります、コストに見合う・有り余る感動が無ければ、虜に鳴らないと価値が無い


最近、特に売れないから、製品の価格が高騰し杉、高価で感動出来るなら大歓迎ですが、実際はその逆・・・負のスパイラルで悲惨