ラバノズ・アダプター最終試作?

アンバランス伝送(信号+ラインのみ)でのテスト

f:id:arcs2006:20190411234631j:plain
このFUSE、、極細な上に、25Ωの電気抵抗を持っている、一体ナニで出来てるの?

125V 0.1AFUSE(導通抵抗25Ω)

信号ラインですから、25Ωは大した問題には鳴りませんw とは言え、コレでEEのかよ&コレが現実ですw
信号ラインの抵抗は低い方がEE、如何やらデタラメだったかも知れませんw 低抵抗を謳うオーディオ・ケーブルは、高音質とは言い難い・・・・
つまり、低抵抗は高音質とは関係無い・・・・一体ナニを信じたらEEのか? 信じた俺がバカだったw


極細&不純物に依る、電流ラバーズノズル効果

電気・電子は流体としては捉えられていないため、ラバーズノズル効果の証明は現時点では不可能ナンですが・・・・

電源ラインでは佐賀よく分かりませんが、信号ラインだと音質激変、音楽に豊かな表情(情報量UP)&中高域の鳴り方(滑らかさ)が一変!


変化度合いは、1が100に鳴るホドの違い(私が知り得る最大級の変化)の大発見です!
現状で100%正解なのか、、、不明ですが、無いと思っていた抜け道、壁を抉じ開けたらトンネルが有ったイメージ!
言い換えると、良かれと思って進んで北ルート、気付いたら一周して元の位置に戻っていた迷路から抜け出せそうw


インプレ!

予想通り、バッチリです
アンバランス(対GND)伝送の場合、Hot側だけでもラバノズ効果は十分あります
不思議なモンで、一度ラバノズ効果(滑らか&情報量UP)を知ってしまうと、元に戻れません

戻すと一本調子で粗く雑に聴こえてしまう・・・

脳が自然に拒否しているのがワガル・・・音楽(音)に含まれている「気持ち」の正体ってナニ?


スピーカーライン

f:id:arcs2006:20190414121550j:plain

125V 0.3A 4パラ

ヒューズホルダーを使用、実は0.5A 2パラでも調子こいて焼き切りましたw ですから、0.3A 4パラも絶対(普通はOK)ではありませんw


インプレもGOOD!


極細チューン独特の出音は堪りませんw