2019版 142Vパワーモジュールの製作

シリーズ電源型とスイッチング電源の一体化(2個1作戦)


シリーズ電源の欠点は電源トランスが必要なコト、スイッチング(SW)電源の欠点はAC100Vノイズに弱いコト
シリーズ電源の欠点は、低効率な電源トランス(変圧器)が必要、その代わりトランスがノイズ堤防になり、AC100Vノイズの影響を受け難い(皮肉デショw)
SW電源の欠点は、電源トランスが無い(必要無い)代わりに、AC100Vノイズの影響を受け易い(皮肉デショw)
回路的・効率的に考えれば、SW電源の方が遥かに高性能(エネルギー斑が少ない)ですが・・・・ノイズに弱いのは致命的な欠点
つまり、シリーズ電源、SW電源、どちらを選んでも皮肉なコトに欠点を我慢しなくては鳴らないw 現在の主流はSW電源ですからノイズに弱い
この書き方だと、SW電源はダメだと思われ勝ちですが、ノイズが無い(少ない)ならSW電源は大変優れモンなのよw
スイッチング = インバータ(周波数変更)ですから、エネルギー効率が良く、音で云えば滑らかな再生が可能、、でもね、ノイズが有ると台無しなのよ

f:id:arcs2006:20190618085057p:plain

1次側整流平滑部を外部で組む・・・つまり、「整流どん」プラスってコト

スイッチング(SW)電源の最大の欠点は、ノイズフィルターが貧弱な上に、イキナリ整流するから、AC100Vノイズが通通で、SW回路と混変調を起こす

AC100Vをブリッジダイオードで整流して、C1(電解コンデンサー)で平滑しますが、C1が小杉でフィルターに鳴らんのですw C1がデカいのが「整流どん」w
SW電源の問題はココに有るんよ、汚いAC100Vを整流してもC1フィルターが甘く、ノイズ駄々漏れで、ノイズ塗れのママ次に送り込まれてしまう・・・そして
混変調起こした時点で全て終了、スプリアスがグチャグチャ発生し、ノイズ・MIXジュース状態、全身にアレルギー反応を起こして・・・・
SW電源の前提条件は、AC100Vが綺麗である必要があるんよ、ブッチャケ、AC100Vが汚いとは思ってなかったデショw だから、何故SW電源がダメなのか?
永い間、分からなかった・・・・でもね、変デショw 私は特別優秀なエンジニアではないし、本業はホームシアターインストーラーで、タダ自作が好きなダケw
ブッチャケ、本業のオーディオ設計エンジニアなら、こんなカンタンな事、誰でもワガルよね・・・・ホント七不思議ですわ、AC100Vを誰も疑わない、マジかよ!


f:id:arcs2006:20190618092336p:plain

図解だとこんなモンですが、実際はグチャグチャに鳴る、そんなモンでデジタル回路を動かせば、追って知るべしデショw
全て、AC100V性善説に基づき考えられて北結果ですわ、AC100Vが汚いなんて誰も疑わないのが最たる原因、聴覚は超高性能なのよw
声を聴けば、相手の心・気持ち・思いが分かるホド高性能、だからノイズが載ると「気」に鳴り、分かり難く鳴る、つまり、感動できない(ナンも漢字ない)のよ
俗に云う、タダ鳴ってるダケ、オーディオマニアで音を気にスル方が居るデショw つまり、耳がEEのよ、言い換えると、ノイズばかり聴いている証拠w

噺を戻すと・・・

強力なノイズフィルターを通してスイッチングさせればEE、回路図を見るとAC入力ですが、DC入力でも動作します、つまり、DC-DCコンバータ
外部に「整流どん」を組んで、DC142VをAC100Vの代わりに接続するのが、142Vパワーモジュールのアイデア
「整流どん」のデカ電解コンデンサーは、AC100Vに重畳する大元ノイズを効果的に吸収し、SW電源の低ノイズ化を行い、D・Cチェックバルブもプラス
逆流ノイズ対策も同時に可能・・・・デジタルAVシステム向け


脈流の無い理想的なスーパーSW電源システムを構築


デジタルAV機器全般、特にTVとプロジェクターへの投入

リファレンスには既に投入済みですが、改めて整理、DP-UB9000改造も含めて紹介します

f:id:arcs2006:20190619000532j:plain

今回、4KエアチェックBDR対応との噺ですが、1月にクレーム入れた時は「現状ハードでは無理!」との回答でした
今回、ファームUPで対応?とのコト、、、噺が違うだろ!  実は怒ってますw 業界が迷走している
DP-UB9000に期待するのは、4KBDR再生と同時に、2KBD・BDRの再生でもある、フルチューンLX91からPS4proへバトンタッチして
そのバトンをDP-UB9000は受け継げるのか・・・・・PS4proは弄り代が少なく(蓋さえ開けられない)イライラしましたが、9000は普通の製品
弄り代が蟻想で楽しみw


左側がSW電源

機器内部でSW電源部が占める割合が大きく、パナレコとはワケが違う・・・・タブン、142Vパワーモジュールで動作するデショw よしんば動かなくても
コレだったら、回路を追い掛け改造できそう・・・・PS4proは142Vでは動きませんでしたし(改造もできない)
同時に、SW電源から本体ノイズがAC100Vラインに逆流するので、フィルターは特に「気」を付けないとアカンのよw
プロジェクターやTVはノイズに弱い上に、自ら盛大にノイズを吐き出すので、ガチでフィルタリングせなダメ、、画質はもちろん、音質劣化が酷い(特に女性アナウンス)
アナログTV時代は、FM変調の音声は綺麗でしたが、デジタルTV(PCM・AAC)は音が汚い、音楽番組がイマイチだと思いませんか?
実は、AVシステムに於ける音質(ノイズ有無)はモノ凄く大事でして、音が悪いと「見る気」に鳴らない、つまり感動できないのよ
画質は凄いスペックなのに、何故AV趣味が廃れてしまったのか? 原因は「音」です! 特にTVの音が酷い・・・・・
最近はスピーカーを重視したTV(テクニクス系)が出ていますが、音質劣化の原因はAC100Vノイズですから、スピーカー良くしても殆ど意味無いw
書いた通り、AC100Vに疑問を持たない故、TV屋さんは音が悪い原因をスピーカーの性にしてしまうし、TVがノイズ出してるなんて考えもしない
その上、よしんばAC100Vが汚いと分かっても、TV屋さんは、自分たちの問題として捉えられない、他人事(電力会社の問題)と思っている
コレって、オーディオも同じ、イチバン被害を被っているのは我々(オーディオAVマニア)なのよw 自前でフィルター用意せなアカンなんてアホらしい噺ですわ


f:id:arcs2006:20190619102113j:plain
f:id:arcs2006:20190619102155j:plain
f:id:arcs2006:20190619102210j:plain

「整流どん」はパスだけ故、電流流れませんが、142Vパワーモジュールはマンマ機器分の電流が通過するので、放熱器が必要


例えば、機器が400W(4A)喰ったとして、Vfが0.7Vなら、2.8Wの発熱、500Wなら3.5W・・・・
TVやプロジェクターを考えれば、放熱器がポイントに鳴るのはお分かりだと思いますw


えびパン支部長宅にて

UB9000&パナ有機ELTVの142Vパワーモジュール動作を確認!

電源ケーブルへのFM阿修羅巻きと併せて、CM&Nノイズ対策が完成、最強タッグですわ

UB9000の素性の良さも分かり、チューンUPが楽しみw ようやくPS4proとガチ対決できる状況が揃って北!
UB9000はアナログ・オーディオ出力を持っており、ステレオ・マトリックス4CH復活も期待大!
ブッチャケ、142Vパワーモジュール無しではUB9000は使いモノに鳴らないハズ、つまり、電源ノイズ対策無しでは、デジタル高スペックの意味が無い
何度も書きますが、メーカーのエンジニアはAC100Vに対する疑問を一切持っていません、対策が大きく抜け堕ちているw
UB9000に関しては、外部AC100Vフィルター、内部へのFMシートの大量投入やオペアンプ交換、マグネシウムやチタンなど・・・・
オールSW電源のPS4proは殆ど手が出せずでしたが、UB9000は違う・・・LX91は半分シリーズ電源でしたから142Vパワーモジュールは不可
オールSW電源を如何料理して、音質・画質はどんなモンなのか、メチャ楽しみw
最近はオーディオ一辺倒でしたが、AVシステム系の噺が沢山書けそうw もちろん、例の75インチTVも導入しますよw お楽しみにw





基地外

f:id:arcs2006:20190619101234j:plain
f:id:arcs2006:20190619101723j:plain
f:id:arcs2006:20190619101430j:plain
f:id:arcs2006:20190619101514j:plain
「バァン!」大音響! 一瞬でハンダが溶け、配線が抜け飛び、プリントパターンが剥がれ飛び散った・・・黒い煤は取れませんw
低電圧であれば、溶接スパーク程度ですが、高電圧(300V)大容量コンデンサーは正に爆発! 凄いエネルギーですわ、音も同じw


NF型は嫌いとか抜かしてましたが、いい加減なモンで、大好きに鳴りましたw

この基板は超おススメです、ブッチャケ、電源次第(トランス1500VA&電解コンデンサー)だと思いますが、コレ聴いたら他は聴けないw
メガトン級のエネルギーと究極の繊細感が同居するブッ魂消フォノイコですわ、イキナリ爆発噛ましましたが、平気で鳴ってますw
正統派なら、指定の電源トランス買って、整流管も使って、綺麗なケースに入れるで賞が、だったら製品買えばEEデショw
基地外はそんなツマラナイ事しませんw 非常識して遊んでください、非常識な音が出て大笑いできますw
この味を占めると、ノーマル世界には戻れなく鳴り、高電圧アブノーマルへ一直線・・・・理解できますw
直熱三極管を使って、フォノイコ組んだら・・・・なんて世界を妄想するし、ヘタするとスグ走り想な予感が・・・・


佐久間駿 コンコルド 真空管アンプ

マランツ7のNF型フォノイコは、定番中の定番ですから「コレ最高!!!」と逝った時点で、アイデアの枯渇であり進歩が終わるw
オーディオ音質は、回路じゃなく電源だと逝ってしまえば、後が有りませんw オーディオ回路は噛み砕けばシンプルなので、アイデア求めて彷徨う遊びですわw