3Wアンプ ガチンコ作戦会議

売られた喧嘩は「アリガトウ!」買う主義w

タブン、居ないと思いますが、俺も喧嘩に入れろ! 奇特な方がいらっしゃれば大歓迎ですよw
10W以下の自作真空管アンプを使い、チェロを鳴らして音質ガチンコ勝負(喧嘩)

真空管パワーアンプの欠点とは・・・・

作ったコト無いヤツが、イキナリ偉そうですが、、、EE機会なので、白須が考える真空管パワーアンプの欠点とその対策と逝きますw
言い換えると、欠点だと思っていたので敢えて作らなかった、ガチンコ対決する羽目に鳴り、だったら、イッチョ逝きますかw

真空管パワーアンプ最大の欠点は、出力トランスを使うコト!

言い換えると、音質が出力トランスに支配され(囚われ)逃げ場がない、檻(オリ)に閉じ込められている
人夫々ですから、檻の中で暮らすのが好きな方を否定はしませんが、白須は檻が嫌い、再生機の資質は自由奔放(フリーダム)がEE
真空管プリアンプの記事を沢山書きましたが、プリアンプには出力トランスは無いので、メチャEE音ですわ、オマケに高電圧ですからw
ブッチャケ、気付くの遅杉感がデカいわ、もう少し柔軟な姿勢で自作オーディオするべきだったと反省してますw
噺戻すと、電源トランスから始まり、チョークや出力トランスなど、コイル・トランスだらけなのが、真空管パワーアンプの実態ですわ
この噺を始めると、EEトランスを使えばOK、つまり、トランスをマンマに(放置)してトランスの質に噺が逝ってしまうのよw

トランスは必要悪であり、出来れば無い方がEE!

出力トランスの無い、真空管パワーアンプをOTL(アウトプット・トランス・レス)アンプと云い、日本ではマックトン(松本氏)が代表格、大ファンですw


小出力真空管パワーアンプの欠点は致命的!

小出力=大きなトランスは必要無い、と勘違いしてしまい、全てが小さく・小さく纏まってしまうのよ、タダでさえ欠点なトランスを小さくしたら如何鳴るよw
真空管ならOKと思い込んでしまい、適正な設計をすればスルほど、デス・スパイラルに堕ちて、本人は全く気付かないw
最も大事なコトを忘れ、技法やノウハウに走ってしまう、例えば2Wが悪いのではなく、2Wに囚われてしまい、全てが2Wで出来て(納まって)しまうw
180Wと比べたら、小指で一本勝ちだろ!
言い換えると、2Wのアンプに100Wの電源トランス付けたら如何鳴るよ? 2Wを200%活かすための100W蛇ネ

f:id:arcs2006:20190710095850j:plain

実はこの考え方(規格内ならOK)はデジタル的なアイデアで、昔ながらのアナログでは、余裕噛まして・噛まして・噛ましてナンボの世界だったデショw
デジタルがアタリマエな現代では忘れ去られたアイデア、660CC(軽)で必要十分なクルマに5700CC(V8)噛ますのと同じw

f:id:arcs2006:20190321100001j:plain

一見、不必要でも、アナログ世界では大きな意味を持つ


特に感性・嗜好が絡む体感世界では、不必要が大きな価値を生み出す!

デジタルが常識の世界では、云われないと忘れちゃうのよw デジタルは趣味性が苦手デショw

f:id:arcs2006:20190808065947j:plain
こんなの見ると、コレでEEと思ってしまう、あたかも進歩したかの様に見えるから不思議、でもね、そんなコトはアリエナイ!
だって、コレはアナログ・アンプですよ、EEワケないデショw 音は出るかも知れんが・・・・


3Wのアンプを100Wの物量で作る!  コレこそアナログ!  作戦会議終了w

だったら、最初から100Wで作れよ!  実はコレも違うのよw 

3Wに意味があるの!    アナログ世界ですからw

3Wは小さいデショw 想スンと、知らず知らずにボトルネックだらけに鳴っちゃうのよw 3Wに100Wなんて馬鹿デショw
馬鹿しないために・・・・この考えがボトルネックを生んでしまう、つまり、ホントの3Wを誰も知らない! 知りたいと思いませんか?



電源トランス無し電源(さらばトランス)

AC100Vを倍電圧整流してDC284Vを作り、B電源として使い、284Vでスイッチング電源を駆動してヒーター電源とすれば、電源トランス無し電源
トランス無しとは言え、電柱のトランスを介しているので、巨大な電源トランスを使用したのと同じ(ブレーカーは15A) 最強電源ですわ
以前書いた様に、トランスはエネルギーリミッターですから、小さなアンプに小さなトランス付けたら・・・・ケチな音しか出ませんw
ましてや、ヒーター電源なんて小さいデショw 良かれ・アタリマエだと思っているコトが、ボトルネックを作る原因に鳴っているのよw
真空管のヒーター電源は音質の生命源であり、音質の骨格・肉付・エネルギー感・歪み感など、全てに関係しています
もちろん、AC100Vフィルターを通さなければ聴けたモンじゃない、284Vは夫々D・Cチェックバルブとデカ電解コンデンサーを入れるw
倍電圧整流は真空管アンプの常套手段ですが、電源トランス無しでヒーター(6.3V)用にスイッチング電源を使う例は、タブン、この世に無いデショw
もの凄く変なコトをスル様ですが、良く考えればシンプルで理に適っていますw つまり、常識は非常識であり、オーディオには未開拓部分が山ホド有る
100年1日、同じコトをひたすら繰り返して北ダケ、偉そうですが・・・つい先日まで、倍電圧整流なんて自分とは無縁だと思い込んでいましたw