時間が掛かる・・・・

長野青年部より・・・・

f:id:arcs2006:20190813191011j:plain

142Vナンチャラをもう1個作った想で・・・・

家中のTVをDC駆動にしたんだって! そしたら、メインのKUROが綺麗に鳴り音もINだって!
メデタシ・メデタシ、そんな噺じゃなく、変化に時間が掛かる、そんな噺ですわ
作りました、接続しました「バァ~~ン!」瞬殺ベイビ~~の連続でしたが、最近は様子が違うのよw
えびパン支部長宅の有機ELTVに142Vした時も想でしたが、接続直後は「ピン」と来ない・・・・ナンでかナァ~~~とは思いますが「ピン」と来ないのは事実!
ところが、後日「バァ~~ン!」だと報告が来るんよw ホントかよ! とは思いますが、名立たるクレーマーの方々ですから・・・
実はこの問題、私自身も実感する部分がありますw 効いてるケド、時間が掛かるケースが多く鳴って北w
ブログは作って即テスト、如何よ・如何よで「バァ~~ン!」と来ればOKでしたが、最近じゃ暫くして気付くと「バァ~~ン!」 コレが効いてるのかぁ~~w


音質・画質は果てしなく向上するのか?  
ノイズが原因だとすると、ノイズが減れば音質・画質は向上しますが、ノイズは有限ですから向上にアタマ打ちが起きるw 
ノイズ=汚れ、だとすれば、汚れが無く鳴ればノイズも無く鳴る、其れ以上対策しても変化無しでアタマ打ちに鳴るw アタリマエかなw
話題終了かと思いきや・・・・別の考えも有るのでは?


パイプの汚れ理論

f:id:arcs2006:20170818114210j:plain

ノイズだらけの電気を流すと、ケーブルや回路に汚れが蓄積する

妄想も大概にしろや! とも思いますが、現実問題としてノイズは蓄積すると考えていますw
汚い電気を流した場合、音質・画質も汚れてしまう、綺麗な電気を流せば音質・画質も綺麗に鳴る、汚れが押し出されて綺麗に鳴る、と考えますが
汚い電気を流し続けた場合、汚れがケーブルや回路にコビリ憑き、蓄積されて逝くのでは?
例えば、バッテリーは汚い電気で充電すると、ノイズ(汚れ)を貯め込んで逝く、苦い経験がありますw
ノートPCオーディオはその典型、付属のACアダプター(19V)で使い続けると、透明感や細かい音はノイズに埋もれてしまう、消えてしまうw
ACアダプターをシリーズ電源に換えると、最初はナンも変わらなくても、10分・20分経つとアララ・アララで変わり始める・・・一通り変わって終わりかと思いきや
その後、時間を掛けてユックリ向上し続けて逝く、クルマのバッテリーにLED付けても同じ、変化(燃費向上)し終わるのに、6カ月以上掛かりますw
最初は思い込みかと考えましたが、ノイズ環境が改善される(フィルター三昧する)ほど、変化が分かり易く鳴るのよw
電気=アナログですから、ノイズもアナログ、電気は流れると云いますが、ノイズ成分も流れる過程で蓄積されて逝く、掃除してもスグには綺麗に鳴らんのよw

馬鹿みたいと思うデショw

でもね、身の周りで怒る自然現象をノイズに置き換えると、そのマンマ同じコトが起きている


ところで皆さん、ノイズは聴こえる様に鳴りましたか? サッパリ聴こえない? だとスンと、相当ノイズ塗れな証拠ですよw
何故なら、ノイズは霧やベールの様に全体を覆い尽くしてしまい、透明感が著しく低下し、細かな変化を消してしまうw
ノイズ対策を始めると、霧が晴れますから「想だったのかよ!」てな具合に鳴り、ノイズ対策に嵌って逝く、正に虎の穴w


何気にヤフオク見てたら・・・・

page.auctions.yahoo.co.jp
page.auctions.yahoo.co.jp

コレって私が30年前に作っていたDACでして、イヤイヤ、驚いたの南野w

TDA1541Aって今でも有るのかよ、、、今考えると、ノイズに遣られて断念(玉砕)せざるを得ませんでしたw 1倍DACは原理に忠実ですから絶対にEEハズw
当時はデジフィル黎明期で、其の賛否が色々云われました、私は否定派で、NOS(飲ん・伯母・サンタクロース)に熱中したモンですw
ダブル・クラウン求めて、大枚払った記憶あり・・・・世界には未だ変なヤツが居るんだネ・・・オプションで真空管IV(ローパス不要)だってよ、笑えるワナ・・・


こんな漢字で・・・・

f:id:arcs2006:20190816231904j:plain
寿司みたい・・・

抵抗(R)はキットのまま、コンデンサー・トランス(コイル)を換えて逝きます

ビフォー/アフターではないので、変更による音質向上の実態は分かりませんが、勝負で結果が出ると考えますw
音質を左右する鍵は、AC100Vノイズと電源回路(DC変換)の電圧・方式・物量で決まると考えており、アンプ回路はプレースタイルですかネ
このアンプは3Wしか出せない(出ない)ので、クルマ・バイクで云えば、狭い路地裏を走り回ってのレース展開ですから
試聴方法を検討し、小出力のメリットを出せる様にします