142VD・Cチェックバルブ+

アドバンテージからゲームセットへ・・・

スイッチング電源のDC-DC化、142V駆動そしてD・CチェックバルブはNノイズ対策のアドバンテージ

CMノイズは兎も角、スイッチング電源のDC駆動は、ACでは難しかったNノイズ対策の切札、言い換えると、CMノイズ対策はAC側、Nノイズ対策はDC側へ切り分け可能
ピュア・オーディオは兎も角、デジタルAVシステムの場合、AVセンター(アンプ)を除き、全てスイッチング電源へと置き換えられている
音質的には、シリーズ電源が有利だと考えられて来ましたが、ZEON・PCオーディオやパナの9000で考えると、音質はノイズ対策次第だと判明・・・・・

だったら、142VD・CチェックバルブをもっとパワーUPできないか?  だよなw

f:id:arcs2006:20190413170639j:plain

DCですから、電解コンデンサー(パス)盛るのが手っ取り早い

えびパン支部長から、9000のフィルター強化してくれと云われており、どんなモンかと思案していました・・・・もう十分デショw とも言えますが
マニア心理としては、対策して飽和すれば気が済みます(安心です)が、飽和前だと「もっと良く鳴るかも・・・・」思っちゃうのよw 心のビョーキですからw
特に9000は優秀で、歴代プレーヤーNO.1、DC駆動すると信じ難いパフォーマンス・・・・・「一体ナニが不満なの?」だから余計に飽和させたいのが人情ですわ

タダ盛るん蛇ツマランよね    それこそ、バカの一つ覚えだw

f:id:arcs2006:20190813123510j:plain

実はこの手法、電解コンデンサー同士が反応し合って、面白い現象が起きます、 その現象とは・・・・・
電解コンデンサーは一旦放電したらそれでお終い、充電しない限り電位が戻るコトはありませんw

ところが、コイツは放電した反動で少しだけ戻るのよ!

そんな馬鹿な・・・と思い何度か確認しましたが、二次電池と似たような現象が怒る(電位の揺り返し)
当初の目的は、パラ接続に依るインピーダンス低下、そしてルーピングさせて電子を閉じ込めたら如何か、プラスでFMビーズの相乗効果はあるのか?
単純パラレルと同容量デカいの1個では、計算上は同じですが、実際に使うと違うのでは? 電気回路としてタブーなルーピングとFMビーズで良く鳴るのか?
真空管アンプで試すつもりが、コケてストップしているので、142VD・Cチェックバルブの強化に鳴るのか実験しますw
少なくとも、タダ盛るだけとは違うと思いますが・・・・・



悲惨な4K放送(プロデューサー不在)・・・・・
全体の雰囲気が最悪、、、NHKもヤル気があるとは思えないし、民放に至っては4K放送自体が迷惑だと思っている様な番組ばかり・・・・このまま進むと、相当ヤバいよ
雰囲気 = 気持ち ですから、4K放送全体から伝わる「気持ち」が漢字られない・・・・他人事と云うか・・・・自然に4Kに移行すると思っているのか?
NHKを見ていて評価は低くありませんが・・・・4K凄いなぁ~~ とか 「見れて嬉しいな」そんな優越感が得られない・・・・「別に見れなくてもEEかな」
オリンピックは8Kとか逝ってるけど、無理デショw  ネイティブ2Kが素晴らしいので、コレ以上要らないと漢字ますし、2K/4Kの違いが眩しいだけみたいな噺だし
このまま進んで、失敗でした! そんな噺に鳴ったら、誰が責任取るのかね、、、ツウか、誰も責任を漢字ないまま進んでいるとしか思えない、責任者不在で迷走・蛇行・・・・



キワドイ作り・・・・

f:id:arcs2006:20190826121156j:plain

142V系にAC100V部材を使うのはキワドイので相当注意してください!

逆接すると、高温発熱し、電解コンデンサー内部の水が水蒸気爆発(破裂)を起こします

有極性部材を使い、AC-L(ライブ)をDC+端子(赤) AC-N(ニュートラル)をDC-端子(黒) 逆接事故防止対策!

コレ見て、マネする方は相当レベルなので心配はしていませんが・・・・
ノイズ対策が進むと(打つ玉が減って来ると)、危険は顧みず最高音質・画質を実現したい(極めたい)欲望に駆り立てられますw
変な噺、音質・画質が向上しなくてOK「ラッキー!飽和した!」と喜んでしまう・・・・ヘタに向上しようモンなら「未だダメかぁ~~」と落胆するw 何度も書きますがビョーキw
作って書いてますが、、、、少々イヤな予感がしてます、、、コレで向上したら厄介で、Nノイズが未だ残っているってコト

f:id:arcs2006:20190826193837j:plain

思い虚しく・・・「バァ~~ン!」


単純に電解コンデンサーをパラパラしただけですが、インピーダンスの低さが半端無いって! イキナリ久々爆竹鳴ったわさw   コンセント見たらプラグ2本とも溶けてましたw
「光った」「ピカっ」「カチッ」そんなレベルじゃなく、目の前「パン!」で爆竹が鳴り響いた・・・・この時点で、ヤバ想・・・イヤ絶対ヤバ!ヤバ!
ラッシュカレント(突入電流)によって、スパークしますが、電圧が高くてインピーダンス(抵抗)が低ければ低い(優秀な電源)ホド、破裂・爆発しますw
間に電源トランスがあればリミッターになりますが、無ければ大音響で爆発w 正に爆竹・・・・優れた電源の証
最初は無しで見て、不満無し「今日も綺麗だ!」 ドレほど変るんかネ・・・・ 最初のメニュー画面からして違うワナ、、コントラスト・ブライト共にUP! アララ・・・・
画質は、ナニが変わったワケじゃありませんが、無いと思っていたベールが飛んで透明ズッポリ!、大袈裟蛇無く、リアル3D飛び出す画面・吸い込まれる画面・カメラが動くと目が回る
音も、アナウンスが綺麗とか付帯音が無いとかそんなレベルではなく、生々しいアナウンスでビックリ! 途中からテストじゃ無くてオーディオAV世界にドップリ堕ちた
音質レベルは、AVサウンドとは言い難く、ピュア・オーディオに肉薄して区別が憑かない・・・・

DCで使えば、追い込みがカンタン!

やはりDCパスは電解コンデンサーの独壇場、容量の大小より、小型電解コンデンサーのパラパラによる瞬発力(低インピーダンス化)は凄い!
支部長用に作ってテストしたら、渡すのが惜しく鳴るホドの効果w 大笑いw


とっととDC化して、コンデンサー盛るのが手っ取り早いw


デカ電解コンデンサー中心で進んで来ましたが、真空管プリアンプ以降、小型電解コンデンサーのパラパラ&FMビーズの良さが際立ってます
どちらにせよ、コンデンサーはチームプレーですから、コレ1本でOKは有りませんが、小型のパラパラも魅力ありますw
「整流どん」や142V系もスペースファクターを考えると、小型パラパラってEEかもw


コレってノイズ対策なの??? 一般的なノイズ対策領域を大きく逸脱している

デジタルAV機器は、AC100Vコンセントに挿して使うのが大前提ですが、今遣ってるのは外部でDC142Vに変換し、DC入力機器として使用するばかりか
そのDCにパスコン噛まして「もっとインピーダンス下げようぜ”!」ですから、パラリンピックの特注義足使って健常者が陸上競技に参加するのと同じ!
ノーマルでは到達不可能な領域ですわ・・・・こっちの方がEEよ、そんな感覚で一線を跨いで超えて「どんな問題!」と叫んでいるのと同じw
ルールが有るワケではないので、EE方が上だと考えれば問題ないと云えるのか? 改造倫理の問題ですが、一度知ってしまうと戻れなく鳴るw
整理すると、オーディオAV機器の内部はDC動作ですから、DC入力に於けるノイズ対策だと考えれば、スンナリ納まるかも・・・・
近い将来、シリーズ電源は消滅するでしょうから、マニアはDC入力がアタリマエ「DC入力してる?」が合言葉に鳴るかもw
CMノイズ対策はACでもDCでも同じですが、Nノイズ対策はDC化して「もっとインピーダンス下げようぜ!」がカンタンで分かり易いw
ノイズ対策は上流を目指せと言いますが、DC化すると其れまで無かった上流を作るコトになり、想定外のパスコンを大量追加できるw
つまり、スイッチング電源には、大きなノイズ対策代が隠されており、一点集中で叩きのめすコトが可能!

www.youtube.com

其れは、井上のボディーブローそのモノ!   効くぜ!!!

この流れで逝くと、シリーズ電源のデカ電解コンデンサーは凄く効く様にみえますが、、、、想でも無いのよw
比べると、スイッチング電源の入力側は絶大に効くのよ、回路を見るとスイッチング電源はトランスレスだと書いてますが、実はトランス有りなのよw
基本、スイッチング電源はAC100V側とDC出力側はスイッチングトランスでアイソレートされ、GNDは分離されている、ソンで本体にはフレームGND鳴るモンが有る
ココからの噺は深海探査(深い)ので・・・・後日改めてw   少しだけ書くと・・・

f:id:arcs2006:20190724102958g:plain

この図を良く見てください!

床・壁・天井に電流が流れたとして、大地アースは必要かな?  意味無いデショw

仮想アースなんチャラ含め、ナンの根拠も無いデタラメが横行してるのよw