カソードにDLNP噛ますと・・・・

f:id:arcs2006:20190829213400j:plain

バイパスコンデンサーの代わりにDLNPスンと・・・・

そんなモン知るかよ! ですわ、誰もヤッターマン居ないw テキトーに妄想すると・・・DLNPはLEDのVf電圧以下ですから、電流は流れませんが、電圧は印加されている
電流が流れない代わりに、LEDが内包する自由電子が電流とは逆方向に漏れだし、電子ドーピング・・・真空管内部への電子移行(電子プラス)が始まる
電子が増える = 電気抵抗(インピーダンス)低下 = 電子が滑らかに動く
メカで例えるなら、注油みたいなモンかなw 油注して動きが滑らかに鳴るのと同じw
この理屈は、普段、メカでは普通に行われていますが、電子回路上でのアイデアは皆無、電子が滑らかに動くなんて理論自体がないw でもね、普通に考えれば普通にワガル噺デショw

www.youtube.com

アタリマエな常識を書くと、電子は電源(電池)から供給され、負荷で消費され空に鳴って電源に戻って逝く、電子は電源(電池)から供給されるダケ
電子回路上には余剰(プラス)電子は存在せず、絶えずイーブン(±0)で動作すると考えられている
ところが、LEDをVf以下で電圧印加すると、活性化が始まり内包する余剰電子が電子回路上に漏れ出す、つまり、LED(半導体)を電子源として使うアイデア
LED(半導体)の余剰電子(ホンの僅か)を第二のエネルギーと云うか、潤滑油として使い、電子回路の動きを滑らかにする、トンデモ理論ですが、メカ世界では普通なコト
注油に例えるなら、油はエネルギーではなく潤滑作用、理論云々ではなく、身近でありふれた事例だと思いませんか?

だと、してだ!

カソードにDLNP噛ますと真空管動作は如何鳴るの? 音が良く鳴るの?  だよなw



イキナリ核心部分に挿入スルん蛇、オモロ無いので、色々前戯噛まして逝きましょうw

初めて(童貞)の真空管パワーアンプですから、完成・通電・音出しで音が如何変わるのか? 先ずはその変化から見ないと整理が憑かんわw
なんせ、駄菓子アンプとは言え、トランス・レス(AC100V直)でスイッチング電源でヒーター点火ですから、手持ちのデータ0に近いw

10時間鳴らしてみたら・・・

アタリマエですが、パワー出ません、音量上げると歪みます・・・・ナンですが、小音量時の音は

抜群の透明感と前代未聞の柔らかさ、豊かな響きに部屋全体が包まれる

www.youtube.com

チェロの特徴である痩せない(ブーミーちゃん)音がモロ、正統派オーディオでは絶対聴けないサウンド

小音量時の柔らかさ&透明感&情報量は信じ難いレベル、一言で云えば、小さなEE音、変な電源使ってますから、強烈キャラが憑くと思ってましたが、其れは無しw
小音量時の女性ボーカル・ピアノ・弦楽器(中音域)のパフォーマンスは特筆モン、特に柔らかさはオーディオ永いですが、初めての経験w
小出力真空管パワーアンプの特徴なのか? だとすればEEワナ、普段、ハイパーレーシング・サウンドでテンパってますから、水と油の違い
ブーミーと書きましたが、ふやけたデブと違い、マシュマロの様にふっくらで色気タップリw  但し、パワーは全く出ません!
今年のテーマである、小音量リファレンスですわ、3Wですが大出力を絞って聴くのとは根本的に違う様に漢字ますw
アンプ対決でナニが来るか知りませんが、違いの聴き比べ(優劣)は相当オモロイと思いますw












それにしてもだ! アイテンドウ気に入ったわ!

鳴らないアンプを平気で売る根性がEEわ、キットと逝ってもケースやトランスは設定すら無く、勝手にヤレよ、、、コレって昭和の日本と同じだz
昭和の時代、ガキの雑誌の工作記事は読んでも見ても絶対に出来ない架空の記事が沢山ありましたが、誰も文句を言わなかった・・・・
教えてください、は問答無用、自分で考えろ!  その分、安価だから我慢しろ! てか
秋月にも沢山キットありますが、懇切丁寧な説明書が憑いていますし店員さんもメチャ詳しい、、、アイテンドウは全く無し、店には中華の女性(レジ)しか居ませんw
店内にはワケワカメなモノだらけ、良くみると「ナンじゃコレ!」マニアックな我楽多だらけ・・・・・正に駄菓子屋、ヤッターマン







Mini142Vパワーモジュール
f:id:arcs2006:20190831182114j:plain
f:id:arcs2006:20190831182350j:plain

WiFiルーター・HDD・スイッチングHAB等へ・・・・

スイッチング電源であれば、142V系は強力なアドバンテージが得られる、機器から逆流するノイズを減らし、同時にAC100Vフィルター(N)にも鳴る
耐圧160V以上の電解コンデンサーは全て使え、パラパラすれば、より強力なフィルターに鳴る   ご参考ください



真空管と静電気ノイズの関係

真空管の音質は、静電気ノイズに支配されている  除電を経験すれば誰でもワガル
スピーカーケーブルを濡れ雑巾で拭くと音質が一変したり、CDにアンチスタHを塗るだけで音がクリアに鳴ったり、高が静電気それも微弱静電気でさえ静電気ノイズとして聴こえる
真空管見ればワガルよね、高電圧動作でガラス管の中で動作している、今更ですが、ガラスは帯電し易い、オマケに高温(乾燥)だよねw
全ての面で静電気に対して、弱点だらけ・・・・ナンですが、真空管マニアは静電気ノイズに対して無関心デショw まるで他人事ですわ
つまり、真空管サウンドとは静電気ノイズを聴いている様なモンですわ、ブッチャケ、真空管にアンチスタHを塗ると激変しますが、それでも他人事でしかないw
WE300BがEEとか、蘊蓄垂れるマニアは五万といますが、WE300Bを除電したら・・・・そんなヤツは皆無ですわ、オモシロイ(不思議)と思いませんか?
人生初の真空管パワーアンプを作るに当たり、色々考えましたよ、もちろん、トリタン氏との音質対決が前提として・・・・その答えは

真空管はナンでもOK、超シンプル回路でローコストがEE

何故なら、音は電源で決まると確信してますからw

大口叩いてますが、実際作ったら、其れだけとは言えないかも・・・少々弱気ですが、8:2の割合、8が電源で2が玉だと考えが変りましたw
しかし、この期に及んで、玉を変更するのは卑怯ですから、駄菓子屋アンプ(6P1)で逝きますが・・・・静電気対策(除電)は極めたいと考えていますw

静電気ノイズってナニ???

一言で云うと、音質フリクション(摩擦・抵抗)ですわ

音が詰まった漢字! 言い換えると「抜け」が悪い!

詰まる・抜けないから、団子に鳴ったり、付帯音が憑いたり、スッキリしないw このイメージご理解頂けますか? ご理解頂けるなら、貴方は静電気ノイズを認識できていますw
ブッチャケ、抜けが悪い音は、自然界にはありません、だから「抜け」が悪いと漢字るのよw 言い換えると、不自然な音ですわ
この時、ケーブルが悪いとか、オーディオ機器の性能が悪いからだと、考えるとドツボに堕ちて堂々巡り地獄を味わう・・・・原因判断が間違っているのよw
ブッチャケ、抜けがEEとか謳ってるオーディオ機器はこの世にありませんw
静電気ノイズが原因なのに、違う原因だと特定すれば、対策し切れずドツボですわ、インフルエンザに下痢止め薬は効かんデショw


詰まった・抜けが悪い・・・極端ですが

静電気ノイズにはレベルがあります、其れは静電気電圧レベルで決まる 除電とは静電気電圧を下げるコト、何処まで下げられるか(アナログ世界)がポイント
デジタルの様に、ON/OFFではありません、除電しましたではなく、電圧を〇Vまで下げましたが正解、下げ切れなければ静電気ノイズは残ってしまう
例えば、スピーカーケーブルを濡れ雑巾で拭いたとしましょう、その時は電圧が大幅に下がりますが、次の瞬間から電圧上昇が始まります
何故なら、ケーブルの周り(例えば床)が帯電しており、電圧が伝わってしまう(元に戻ろうとする)・・・・厄介な噺でして、キリが無いw
静電気・帯電とは偉大な自然現象、除電とは大自然との闘い、不自然な状態ですから、維持するのは大変

音質に定評のある高価なケーブルがあったとします、大枚叩いて購入、早速交換したら「バァ~~ン!」大喜びしますよね、良く有る噺ですが
交換して暫くすると・・・元の音に戻るのご存知ですか?  何故なら交換した時点から帯電が始まる
もちろん、帯電の有無が全てではありませんが、大きく関係しているのは事実です、だからこそ、除電対策が必要で、除電を維持させる必要がありますw

除電対策&維持とは、帯電に対抗して放電させ続けるコト

f:id:arcs2006:20190901093916j:plain

際立つ繊細感&抜群の抜け!

真空管の場合、最初は繊細でも暫くするとモコモコ感やスッキリ抜けない漢字に鳴り易いですが、原因は静電気ノイズ
マグネシウム・イオン化&除電により、真空管本来のサウンドが蘇る! イヤ、変質しない音ですわ



ヒーター電圧で音は変るのか?

f:id:arcs2006:20190709170443j:plain

定格12.6Vですが、電圧調整で13.6Vまで上げられる
試してみましたw 電圧上げるとヒーターの寿命が短く鳴ると言われてますが、玉自体が2000円しないのでストレスは有りませんw
ブッチャケ、WE300B(オリジナル)だと20万円とかするので、相当勇気要りますが・・・・電球の寿命は一般的に1000時間と云われてます
ヒーター(電熱器)は電球ではないので、2000時間は楽勝デショw 自分の寿命を考えると、ケチるのは損! だよなw

f:id:arcs2006:20190901230532j:plain
思わずジャケ買いしたハイファイセットとジュディーコリンズw
f:id:arcs2006:20190901230608j:plain
ナンで、、、ジュディーがジャケでセミヌードに鳴るの? その必要が有るの???  其れだけ考えても買う意味が有ると思いませんか?

結論書くと、ヒーター電圧は高い方がEEわ!

比べるとスグ分かりますが、ビックリするホドの違いではありません、15Vとかにしたら分かりませんがw
意外だったのが、70年代のハイファイセットの録音は、思ったホド良くなかった・・・・音全体が荒れているw(マルチ・モノラルの弊害かな?)
ジュディーはGOOD! でしたw
www.youtube.com
今迄、爆音再生オンリーでしたが、マジ・ガチで聴いたら、基地外7(真空管フォノイコ)は、立ち上がりに1時間掛かるわw 真空管は時間が必要w

言い換えると、駄菓子屋アンプが健闘してるワナ

たった3Wの3000円アンプですが、電源凝ってますから、シッカリ鳴ってますw 質感的にはリファレンスに迫る、イヤ、抜いている部分(特に柔らかさ)があってビックリ!
パワー出せない、パワーが必要が無い方、しかし、美味しい音を聴きたい、音楽で癒されたい方には、駄菓子屋アンプがEEかも知れん・・・・
脳天を突き抜ける2000Wは魅力ですが、3Wがダメかと云えば、優劣ではなく、世界・次元が違うと認識が変りましたw
例えば、2000Wで0.1W出した音と、3Wで0.1W出した音では、3Wの方が質感は上だと漢字ますw
甲鳴ると、パワーの絶対値ではなく、求められるパワーに対する質感の追求が重要に鳴り、2000Wと3Wの存在価値が同列で比較できない(両方欲しく鳴る)
しかしだ贅沢な噺、どっちもEEとは鳴らず、2000Wでも3Wでも文句タラタラ、オーディオマニア(生まれつきクレーマー)はワガママw