パラパラそして、「検波どん」登場!

ノイズ対策、最期の登りはNノイズ掃討でしょうか・・・・

先日、えびパン支部長宅で最新CMフィルターを試し、変化が無かった・・・つまり、CM対策の飽和を意味しますw
ところが、9000にパラパラ足したら、音質・画質が向上、、、、Nノイズは未だ残っている、もうIN蛇ネとは思いますがw
木更津の住宅地は、基本的に電源が綺麗で都会とは比べモンに鳴りませんから、いち早く飽和したのだと思いますw


オーディオ業界の不況はステージ5、5年生存率の噺を書きましたが、2020春ご臨終だと思います

パナでさえ、協業化とか逝ってますし、ONKYOやESOは虫の息、AVアンプは玉砕、AVサラウンドは死語に鳴るでしょう・・・
一時代の終焉と云えば、想なのかも知れませんが、前も書いた様に、音楽家以外の方が音楽に接する手段は、生演奏もしくは自ら音楽をスル、再生音楽を聴くしか無い
再生音楽はヘッドホンへ集約されるのは流れだとして、スピーカーが廃れる理由はEE音出ない(感動しない)から、としか考えられない
知りませんでしたが、オーディオ専門誌にノイズ対策の記事が載る様に鳴り、製品もチラホラ出てますが、法外な価格に呆れるばかり・・・・
ノイズ対策はマニア領域ではありません、現代の電源事情を考えれば必須条件なハズ、言い換えると、EEフィルターを大量生産して低価格で売るべきだし
メーカーはフィルターを開発する義務があると漢字ますが、コレだけオーディオ売れないのに、AC100Vに対してナンも疑問に漢字無いのかね
ナンでESOはあんなDAC作るのに、AC100Vフィルター作らんかね・・・・試聴してて疑問に漢字無いなんて・・・・言葉出ませんw



アムクロンのインピーダンスは下がるのか?

f:id:arcs2006:20190909165317j:plain

基地外7も想でしたが、事故満でインピーダンスが下がっていると思い込んでいた、大容量コンデンサーを使えば、理論上のインピーダンスは下がる
オマケで高性能コンデンサーをパラすれば、バランスのEEチームが出来ると信じていましたw ところがドッコイ、パラパラのほうが俄然インピーダンスが低い
10パラすれば1/10に鳴り、其れをメインにパラすれば、パラパラにインピーダンスが引っ張られ、バッコン下げられるw
10Ωに1Ωをパラすれば、10Ωが1.1Ωまで下がるデショw 容量云々ではなく、チビをパラパラしてメインにパラすれば無条件にインピーダンスが下がる

この手の噺、一か所下げれば、上がった処が目立つのはノイズ対策と同じ原理ですわ、ココで云えば、アムクロンのインピーダンスが高そうジャンw

直Lパスも最新版に交換w  B電圧は90Vなので、120シリーズで0.75V(1LED当たり)、トータル1200個

f:id:arcs2006:20190909181223j:plain
f:id:arcs2006:20190909181251j:plain

業務用アンプは回路図が公開されているので、改造し放題で、ストレスフリー、見るからに目茶苦茶ですが、音はバッチリw

インプレ!

f:id:arcs2006:20190909175428j:plain

容量は十二分、インピーダンスが下がれば、柔らか・滑らか・繊細・瞬発力・パワーの抜けなど、全てに効く

女性ボーカルは抜群! 堪りません、アンプは蛇口で、電気信号の粘度がインピーダンス、粘度が高いと分解せずドロドロですが、低ければサラサラで繊細に染み込む・・・
フルパワー時の粒立ち・抜け・高域が弾けて部屋中に飛び散る漢字も最高、前にも増して突き抜けて逝く!


フォノイコ・プリアンプ・パワーアンプはアナログ機器ですから、デジタルの様なナンチャラ・オーディオ・スペックはありません
アナログ機器の音質向上を考える時、その答えは電源にあり、その根幹に電源インピーダンスを下げる手法があると考ますが、残念ながら数値化できません
数値化出来ませんが、音を聴けば即ワガル、駄菓子屋アンプを作って、その尋常ではない柔らかさ・繊細感に驚かされた「コレが低インピーダンスの音???」
想云えば、基地外7も真空管だろ、ナンで違うのよ! コレが始まりでしたw 私の自作法は、固める・纏めるではなく、臨機応変に作り換える・足せる・引けるが前提
残念ながら、自作ならではの世界であり、メーカー製だと大改造が必要・・・・アムクロンに関しては其れ鳴りに低いと思い込んでましたが、この様ですわw
一般的には、オーディオ専用コンデンサーを使わないとダメだと思われていますが、見ての通り、全く関係ない処か、最新の産業用電解コンデンサーはスンバラシイ!

そして、高電圧だとインピーダンス低下がモロ音に出るのも整理できましたw この噺は、「検波どん」より「倍電どん」の方が効くなんて噺かもw

ブッチャケ、アンプの音質差とは、電源インピーダンスの差、ダケかも知れんw

EEコンデンサーを探し求めて彷徨って来ましたw 1発決め打ちでベストなコンデンサーはどれか? 例えばEZPEのその一つですが
今回、チビのパラパラで認識が一変しましたw グタグタ考える必要無し、容量はメインで適当に稼いでおいて、仕上げにパラパラしてインピーダンスを一気に下げるのよ
チームプレーは重要ですが、勝負処に強力な助っ人(パラパラ)呼んで、1発噛ましてKO!


プリアンプ電源の巻き

f:id:arcs2006:20190910163317j:plain

フォノイコ、パワーと北ので、越智はプリでしょう!

見ての通り、電源インピーダンスについては、神経を使ったつもりですから、「インピーダンスが高い」と云う認識はなく、むしろ「低いハズ」でした
DC30Vシングル電源ですから、容量タップリ、デカ電解コンデンサーを俵積みした上、各種コンデンサーをパラってあり万全のつもりでした・・・・
パラパラに使用したのは、中型(200V/1500μF)電解コン18パラ、ココまですれば「下がるかな・・・」「音が柔らかく鳴るかな・・・・」
コスト掛けたくないので、ヤフオクで中古のジャンク扱い品(100円以下)でして、試しに買ったらバッチリだったので追加で購入したヤツ
半信半疑でしたが、仮に変化が無ければ、十二分にインピーダンスが低く、対策飽和している証拠だし、笑い噺にも鳴るワナ・・・・・

しかし・・・・
f:id:arcs2006:20140305141722j:plain

キリが無いとは言え、一聴で分かるレベルで柔らかく・高分解能に音質向上!

f:id:arcs2006:20190910194258j:plain

ウィルヘルム・ケンプ 60年盤 ベートーヴェン「皇帝」   B面は「月光」ですぜw  100円でしたw

巨匠とベルリンフィルで、ベートーヴェンのピアノ弩定番、60年前の¥2000-ですから、、、スターウォーズの8Kリマスターと同じw
偉大なオーディオ遺産ですが、埋もれてゴミ同然に扱われていますw 言い換えると、ゴミの中には宝モノが眠っており、探し出す楽しみがありますw

www.youtube.com  
ケンプではありませんが・・・・


音質ハードルが上がり、ロック・ポップスではなく、ガチでクラシック(オーケストラ)ですわ、柔らかく高分解能なんて、クラシックでこその世界
ブッチャケ、小編成のロックやポップスは再生がカンタンなのよ、だからオーディオデモでは、ワザと小編成モノを使ったりしますw
でもね、ホントの分解能が試されるのは、大編成オーケストラの混濁感の有無ですわ、音が重なると団子に鳴って聴こえ易いデショw
人は、美味く鳴らないソースは聴きたがらないですから、テストは巧く鳴らないヤツを選びますw
イヤイヤ、録音は古いですが、演奏がブラボ~~で鳥肌ビンビン! スンバラシイ!の一言! ホントに60年前なのか???  コレもCDリッピング蛇ダメですわ
音楽は心の表現であり、音楽再生は音楽に込められた「気持ち」を楽しみ、その「気持ち」に感動するための手段です
オーディオは電気技術ですから、60年前がEEとは到底思えませんが、テクノロジーが劣っていても、音楽家の表現や気持ちに劣りは無いと思いますから、関係無いと・・・
だったら、音質なんて関係無いジャン・・・と言いたい処ですが・・・・想は逝かないw  実は、ギリギリ1本だけ通れる(両立できる)ラインがありましてw
其処を抜けられればOK(爆)

ameblo.jp

EEなと思ったら・・・案の定、名盤みたい・・・・

今年初めから復活させたレコード再生ですが、相当EEレベルまで追い込めてますw

カートリッジが拾い上げる信号は、デジタルの様な絶対値ではなく、相似値だと考えていました、だからカートリッジで音が変わる、変るとは云え、好み云々に左右される
しかし、実際には好み云々ではなく、良し悪しだと整理していますw 言い換えると、好みは逃げ口上の常套手段ですわ
良し悪しですから、ノイズの有無と同じ、ノイズが有った方がEE人はこの世に居ません、何故なら、ノイズは違和感以外の何物でもないから・・・・
この噺は、まんま電源インピーダンスの高低に置き換えられますw インピーダンスが低いと抵抗(フリクション)が無いので、滑らか・スムーズ(引っ掛からない)音に鳴る
ザラツキ・引っ掛かりは無い方がEEに決まっている、ましてや音量が上がれば上がるホド、柔らかくて滑らかな音がEEし、聴きたいワナw

柔らかい音とは・・・

対義語で硬い音がありますが、音に硬い・柔らかいなんてアリマセンw 矛盾した書き方ですが、貴方が普段耳で聴いている自然音を考えてください
この音、硬いな、柔らかいな、なんて考えたコト無いデショw 言い換えると、自然界の音は全て柔らかいのよ、硬いと漢字るのはスピーカーから出て来る音であり
硬い音とは不自然、違和感の総称だと考えてください、だから、柔らかい音が自然音に近いのです、所謂、音の出方に関係している噺
ですから、柔らかい音とは、脚色・キャラクターではありませんw より自然な音と云う意味ですw

真空管を弄りながら思ったのは

高電圧故、電源インピーダンスの高低差に対して音質変化が特に大きい、変なコトしてワガッタのは、一般的な真空管アンプの電源インピーダンスは未だ高く
本来のパフォーマンスが出し切れておらず、チューンUPで絞り出しが可能、そして、低電圧な虎アンプは滅法不利だとワガッタ、ヤルならトコトン徹底的にセナ阿寒わ
駄菓子屋アンプ聴いていたら、リファレンスの硬質感が我慢できなく鳴ったw その理由は電源インピーダンスが未だ高かったってコト
オペアンプが悪いとは思いませんが、電圧が低いのは如何ともし難い、ましてや、小さな電源トランスなんか使おうモンなら・・・・ですわ  色々分かりましたw
今更ですが、ライン系に真空管を巧く使い、電源インピーダンスを下げればIN蛇ネ  小音量リファレンスは、意図したワケではありませんが、EE方向で組めてるワナw



「検波どん」驚異の真実

f:id:arcs2006:20190715092157j:plain

実際の電気器具や電気製品で、AC100Vを半波整流してDC電源とする例はありません、言い換えると、こんなコトするヤツは居ない・・・・需要が無い
ナンですが、AC100Vを検波して電解コンデンサーでパスるってコトは、AC100Vの復調であり、重畳するノイズの実態がモロ見えに鳴るw
半波整流で電解コンデンサーに入れても、負荷(R)が存在しないので、リップル・ノイズは有りませんw 綺麗なDCがオシロスコープで見えるw
その状態でオシロをAC測定に換え、電圧レンジをドンドン拡大して逝くと・・・・復調されたAC100Vノイズの実態が視覚化可能、この原理を使えば測定器が出来るw
通常AC100Vをオシロで見ると、サイン波が見えますが、波形が部分的に崩れているのが見えるだけで、ノイズの実態は良くワガンネw
普通はココまでの噺で、測定器が存在しないため、アレコレ議論できる材料は一切ありませんw
しかし、検波=復調してオシロに入れれば、DC142Vに重畳するノイズの実態がモロ見え。。。このアイデアを使えば、AC100Vノイズの増減が確認可能って噺w
遂に、AC100Vノイズ測定のアイデアまで出て北w
噺が専門杉で直接的な音質・画質向上の手法ではありませんが、永らく考えていたアイデアの糸口が見つかったワナ


もしかスンと「検波どん」ダブル・トリプル噛ますと・・・・未だ内緒w
ノイズの炙り出し・・・・変調されたノイズの復調だよなw ナンだか、自作ラジオ(アマチュア無線)みたい
f:id:arcs2006:20190910001245p:plain
f:id:arcs2006:20190910002707g:plain
ラジオとの違いは、AC100Vは電波ではなく、電線で50/60Hzの低周波キャリアに高周波ノイズが変調されてる、逝ってみれば逆ラジオですわw
変調されたノイズを復調し、パスってアースにバイバイ(帰還)させる噺w オモシロイと思いませんかw


ノイズを眺めて・・・・

「検波どん」使ってAC100Vに重畳するノイズをオシロで眺めると、興味深いのよ、ノイズがランダムに発生しており、決め打ちでフィルタリングし難い
絶えず一定量のノイズが発生していれば、決め打ちできますが、ランダムだとムズイ、、、オシロ(時間軸)ですから、スペアナ(周波数軸)で見ればノイズ成分が分かりますが
気に鳴ったのは、瞬間的に発生するフラッシュのようなノイズ、タブン、サージ・ノイズだと思われますが、見てると相当頻繁に発生している・・・・
各家庭や店舗には相当数の電気機器が接続され、動作している現状を考えると、動作過程でサージが頻繁に発生し、電線伝わって相互に影響していそう・・・
もしかして、電球(ギリカス点灯)やネオン管(放電管)はサージ・ノイズ・アブソーバーとして働いている?

妄想を膨らませば、直L(LED)はサージフィルター(静電気含む)の可能性が高い!

だとすれば、「検波どん」と直Lはベスト・マッチングなのか?

www.youtube.com

サージ・ノイズの正体は、静電気ノイズ蛇ネ

f:id:arcs2006:20190910093637j:plain
f:id:arcs2006:20190910190814j:plain
検波ダイオードはブリッジ(+カソード・-アノード)で使用

プロト2号機に続き、ホンバン1号機・・・・


そして・・・

f:id:arcs2006:20190911094245j:plain
アタマのダイオードは突入電流を喰らうので、ブリッジですが、第二・第三の検波はSBDと小コンデンサーで小技噛ましますw

トリプル「検波どん」

オシロ覗くと、明らかに様子が違って笑えるw・・・・果たして音に出るかな?


f:id:arcs2006:20190911110842j:plain

パワーアンプ(アムクロン)のコンセントにブッ挿して・・・

f:id:arcs2006:20190112212433p:plain

気に鳴っていた「埃っぽさ」が一掃され見事に分解! 柔らかさ・透明感UP


「検波どん」は効きます、パラパラでインピーダンスが下がり、掃除機のようにNノイズを吸い取ってくれる
単体の能力なのか、プラス「整流どん」との相乗効果なのか、正直分かりませんが、効果は保証します
「整流どん」をお使いなら、パラパラの電解コンデンサーは小さめ(470μF以下)で数稼ぎましょう、「検波どん」だけなら大きめの電解コンデンサーで
パラパラ数は15以上かな・・・・最低でも10で1/10を狙いましょうw
容量は拘らなくてEEデショw 作って効果確認出来たら、面白がって必ず追加で作るハズw 想すれば容量が自然にバラけて塩梅EEと思いますw
「整流どん」に比べ、敷居が低いので、嵌るヤツが居るハズw レポートお持ちしてますよw
電解コンデンサーは耐圧160V以上ですよ   頑張ってくださいw

クレグレもヤフオクで奪い合いしない様に(爆)  1個¥120が目安かなw