大成功 「整流どん」&「検波どん」

試作終了で量産体制w

f:id:arcs2006:20191018234614j:plain
400V330μF15パラを1モジュール
当初は「整流どん」リコール対策パーツとして開発しましたが、「整流どん」リコールは回避、「検波どん」はハイパーコンディショナー&ブースターとして機能
前に書いた様に、「整流どん」は効きますが、飽和感がスグ来てしまう、言い換えると、ポンポイントで効いており、ワイドレンジ効果ではない・・・・
「検波どん」はピンポイントではなく、ワイドレンジ・・・言い換えると、穏やかでマイルドな効き方で家全体の配線インピーダンスを下げてくれるコンディショナーですわ
その効き方は、物量に比例して大きく鳴り、飽和と云うより、もっと・もっと・・・欲しく鳴るタイプw

言い出しっぺとして、逝くしかないので・・・逝きましたw

最初の内は、何処が効くのか探りながらでしたが・・・ドンドン作って挿し捲ったら

f:id:arcs2006:20190112212433p:plain

フィルター三昧で相当自信ありましたが、まだまだ上が有った!

使い方は、場所に拘るより、数と散らしに拘ってください
分電盤近くなら引込線(動脈)に効き、分電盤から遠ければ、屋内配線(静脈)に効きます、部屋割り、家全体で考えて散らす・点在させる考え方
上手く逝けば、考えられないパフォーマンスが得られますw 中毒にクレグレもご注意をw

www.youtube.com
音楽は心の表現だと書きましたが、音質が向上すると、心丸裸にまで追い込める・・・そんな楽しみも味わえるオーディオw
ブリッ子の代名詞は「松田聖子」だとして、天性のブリッ子は「斉藤由貴」だとワガッタw 松田聖子はフリだと分かりますが、斉藤由貴は天然モノw

「検波どん」とは
f:id:arcs2006:20190715092157j:plain
f:id:arcs2006:20191019074356j:plain
AC100Vノイズを検波で炙り出し、アース(大地)へバイバイ(叩き落とす)しちゃうアイデア
壁内のAC100V配線から電磁波ノイズが出ている、そんな噺があります、ノイズ=電圧ですから、インピーダンス(R)を下げればノイズ電圧も下がるのよw
つまり、インピーダンスが上がってしまうと、全てが悪循環に鳴っちゃうの!
ココで云うノイズとは、N(ノーマル)ノイズですが、Nノイズを抑えれば、派生するCMノイズも抑えられるって噺w
つまり、大昔AC100Vは綺麗だったと書きましたが、其れはノイズを出す電気機器が少なかったから、フォノイコでCMノイズは関係ないと思ったのは
大昔から有るデショw ナンで今迄気付かなかったのか? 其れは大昔はAC100Vが綺麗だったから、だから令和にビンテージ・オーディオが鳴らんのよw


元アイデアは「整流どん」ですが、もっとシンプルに出来ないかと回路を削ぎ落したら出来たw 検波自体はAMラジオの原理ですから、目新しいモン蛇無い
見れば、DCチェックバルブだし、出川式そのもの、つまり、ゼ~ンブ芋蔓で繋がっていたってコトw

ポイントは、AC100Vを検波しちゃうコトw
大前提は、AC100Vがノイズで汚れている、ツウ認識が無ければアリエナイ噺ですわ
コンデンサーパスと違い、DC化するので、無効電力を殆ど喰わない、実際には漏れ電流分だけ喰っちゃいますが、1W以下デショ
それよりナニより、「検波どん」使うと、AC100V配線(所謂コイル成分)のインピーダンス上昇をキャンセルできるのがデカ!
挿せば挿すホド、家全体の配線インピーダンスが下がり、霧が晴れるようにAC100Vが本来の仕事ができる環境へと変わる
驚いたのは、雑音だらけのAMラジオが普通に使える様に鳴った!
ノイズ対策のイロハのイは、コンデンサーパスですが、AC100Vには使い難い、逆手にとって整流してパスったのが「整流どん」で
回路を削ぎ落して誕生したのが「検波どん」、そして、電解コンデンサーはパラパラすると別モン(インピーダンス激下がり)に変る、ツウ噺ですわ
f:id:arcs2006:20140305141722j:plain
皆さん、ドンドン作りましょう!
こんなコト書くと、AC100Vフィルターは「検波どん」だけでOK、だと思うかも知れませんが・・・トンデモどっこい逆ですよ
「検波どん」使うと、AC100Vフィルターの性能が上がるんよ、何故なら、家全体のAC100Vインピーダンスが下がるから、「整流どん」は無駄蛇無い
「検波どん」はコンディショナーであり、AC100Vフィルターの下地作りですわ

「ドンだけ汚いのよ!!!」   ですネ

言い換えると、音質・画質は果てしなく向上しますよw 


「検波どん」の数量について・・・・

幾つ使えばOKなのか? 読んでる方は気に鳴ると思いますが・・・・

案ずるより産むが易し、音聴けば、絵を見れば分かりますw 分からなければ使う必要無し、AC100Vが綺麗だと安心できるw
この手の記事、俺には佐賀分かるか心配される方が居ますが、心配無用、気にスル必要無し! 「検波どん」効果は半端ないって・・・・

エントリーは3個から・・・

AC100Vは単相3線式ですから、100V相違いで夫々2個、200V相跨ぎで1個、つまり、トライパス

この説明が分からない方は、テキトーに挿せばOKw  4個めから如何するかは目と耳で決めてください、挿す場所で効果に違いが出るのでツボを探してw
目安として、6~10個ですかネ 10個とか使うと大事件(中毒)が怒りますw



20個とか使うと如何鳴るか?  だよねw


「検波どん」は飽和し難いので・・・・次回試聴会をお楽しみに・・・・


ワイヤレス時代・・・・

デジタルAV全般に於いて、本格的ワイヤレス時代が来る、、イヤ既に来ている、WiFi・Bluetoothの進化・高性能ぶりには目を瞠るわ
受信障害が無いならば、電線伝送を超えるかも知れん、ブッチャケ、ワイヤーが無ければCMノイズが激減(つまりクリアー)するので、デジタルでは絶対有利!
ネットワーク・オーディオやUSB・HDMIケーブルは全てワイヤレスに鳴るハズ・・・・何故なら、楽で高性能だから
「検波どん」を多数使い、デジタルAV系を全て142VDC駆動して、ワイヤレス化すればノイズ対策バッチリで相当EEハズ