「検波どん」2号 発進!

f:id:arcs2006:20191027222356j:plain
www.youtube.com

「検波どん」は極めてシンプルなアイデアですが、家全体のノイズ抑制効果&AC100Vの低インピーダンス化が可能
屋内・壁内AC100V配線から出ていた電磁波ノイズが低減され、ラジオ・TVが綺麗に鳴る他、オーディオ音質に於いては、余韻の再生が大改善され
柔らかく・優しい音楽が再生され、素晴らしいの一言!!!  ナンですが、、、研ぎ済まされた分、最期の最後、あと一滴足りない不満が露呈w
最初、「検波どん」の数が足りないのかと考えましたが、逆に増やせば増やすホド、不満が明確に鳴るダケ・・・・・完全な取り残しが起きているw

取り残しとは・・・

女性ボーカルや弦楽器の高域部分の僅かな肌荒れ・引っ掛かり・不満、他がEEだけに極上サウンドに水差され、クローズアップ現代+ですわ
人の聴覚は底無しで高性能、一言声聴いただけで、声の裏側にある感情すら分かってしまう・・・オーディオ的に微細な比較が出来る方が耳のEE人とされますが
以前書いた様に、神経質で可哀想な方々、音楽は心の表現ですから、音楽家が出す音(声)の裏側に潜む心の表現を楽しむのがオーディオで、音楽とは・・・
人の聴覚は、コミュニケーションをアシストするために備わった能力ですわ、耳の悪い方とは、心の表現を理解できない方を云いますw
ですから、心の表現が含まれない音(例えばテスト信号)の微細な違いなど、如何でもEEのよw
オーディオ再生が始ると、聴覚は心の表現を聴き取ろうとゲインMAX、だからノイズがあると水差されて台無しですわ、だからノイズに敏感なのよw


検波ですから、ダイオードの吟味&時定数チューニングが必要では?

極めてシンプルなだけに、ダイオード(種類)とコンデンサー(容量・特性)の関わりが大きい
キリが無いと云うか、奥が深いと云うか、人の聴覚は高性能杉(クレーマー)て厄介w

f:id:arcs2006:20191027205630j:plain

ヘタすると、マッチポンプ世界ですわw

直L・CLCL・「整流どん」・「検波どん」など、色々作って来ましたが、大事なコトは「試してみる」に尽きますw
音質・画質の世界は、不思議・オカルトだらけ、、、電気文明が進化・成熟した現代ですが、理論・常識とは別世界が存在します
理論・常識で考えると「意味無い」「ダメに決まっている」と思われても、新たな発見・発明がゴロゴロ有るw
闇雲に変なコトすればEEではなく、理論・常識だと思われていても「其れってリアルに確認されてるの?」「ホント?」がポイントだと考えていますw



古いプロジェクターで遊ぼう! 企画
f:id:arcs2006:20191028204746j:plain

SONY VPL-VW60の廃棄モンが入ってきましたw
完動品ですが、ランプがヘタレ・・・・ランプは終了しており、純正品は無いデショw 捨てるしか無いと思いましたが、142VDC動作OKなので気が変りましたw
整備し(弄っ)て、社外ランプに交換して、爆笑視聴会すんべ!
10年前のプロジェクターに最新ノウハウを投入したら如何映るか?
ブッチャケ、SONYのプロジェクターは嫌い(基本が壊れてる)で興味がありませんでしたが、喰わず嫌いかホントに嫌いか確かめたく鳴ったw
何故、基本が壊れているのかは、、、、追々お噺しますw
結果が良ければ、最低価格(部品代)で里子に出そうと思っていますw


プロジェクター画質って、ホントに向上してるの???  想思いませんか?

ブッチャケ、ノイズ対策すれば同じ蛇ネ・・・と思っていますw   何故なら、デジタルだからw
デジタル画質の最大ウイークポイントは動画性能ですが・・・・プロジェクターよりプレーヤー側の責任が大きいのでは? と考えてまして
プロジェクターで画素を弄らず(アップこんOFF)、ネイティブ再生(敢えてダウン再生)すれば、動画劣化は最小限に抑えられるデショw
この問題について、本音を書き始めると、スペックUPが馬鹿らしく鳴る上、上昇志向に冷水浴びせるコトに鳴るんよw
何故なら、絵の感動は画質スペックの高低で決まるワケじゃない・・・もし仮に画質スペックで決まるとスル奈良・・・古い映画は全てボツ! だよね
より良い画質で見たい、音質で聴きたいのは、本能的欲求ですが、感動の本質は音質・画質では決まりませんw 噺がヤヤコシイですが・・・・
例えば、パナ9000で再生する10年前のプロジェクター画質を見たいと思いませんか?

プロジェクターの廃れも半端無いって、業界は悲惨で、誰からも見向きされない・・・・

www.youtube.com
www.youtube.com
www.youtube.com
www.youtube.com

画質スペックと感動(心の表現)レベルはリンクしていませんw

だったら、高画質なんて必要ないジャン!  違うのよ!

再生の理想は、製作されたモノを寸分違わず再生したい! 

作品に込められた製作者の思い・気持ちを寸分違わず漢字取れればOKであり、作品を超えて高画質・高音質にする必要はない
作品は古くても、カメラ・マイクは当時の一級品で収録されてますから、ハードルは高いのよw 特に名画と云われるヤツはカメラが凄い!
www.youtube.com
説明不要の「風と共に去りぬ」ですが、アメリカ公開は1939(昭和14年)ですわ、つまり戦前ですよ・・・超先進国に発展途上国が戦争を仕掛けたら如何なるか?
尊い命が多数奪われたのは説明不要、、、日本公開は、昭和28年・・・我々の親の世代が狂気したのは容易に想像できるw


www.youtube.com

言い換えると、製作されたモノが駄作(心の表現が✖)なら、画質スペックを上げても駄作ですわ
映画に関して申し上げると、台詞の音質が如何に大事かご理解できると思いますw
ドルビーナンチャラは如何でも良いのよ、人は役者の芝居・台詞に感動し、被ってくる音楽に魅了される、全て人であり、人は人に感動する
ブッチャケ、サラウンドは如何でもEEのよ、何十年もオーディオAV遣ってようやく理解で北w

レンズに戻すと、映画館(大画面スクリーン)で再生するのが前提ですから、プロジェクターのレンズが如何に重要かマニア(特にカメラ系)なら分かると思いますw
レンズ=カメラの世界ですが、日本の映像エンジニアは、デジタル・スペックだけを追い求めており、レンズ=光=アナログと云う感覚が疎いと漢字ます
4K問題はその典型、スペック追求こそ高画質だと思い込んでいるw





パラパラ検波は蟻なのか?

「検波どん」2号のアイデアで色々悩んでますw
「検波どん」での取り残しを、拾い上げるには如何するべきか?
取り残しは、時定数を変えれば解決するかも知れませんが、其れで終わるとは考え難い・・・・ブッチャケ、インピーダンスを下げるのはパラパラがイチバンw
だとしたら・・・コンデンサーのパラパラは前提ですが、「検波どん」のパラパラが効くかも知れん・・・・・
コンデンサーの手持ちが無いので、アイデアだけですが・・・・明日、コンデンサーが届くので乞うご期待w

余談・・・・

「検波どん」多数使ってワガッタのは、DTM(打ち込み系)が良く鳴ったコト、、、DTM(デジタル・カラオケ)だと音楽本来の良さが出難い
楽器演奏は人が遣らなければダメ、、、心の無い音楽には感動できません! でもね、、、そんなコトって音楽制作現場じゃ誰だって知ってるデショw
言い換えると、其れを承知で音楽を作っているのか??? 其れって、プロとして情けない噺蛇ネ・・・だと思っていましたw
ノイズと感動の噺は何度もしています、ノイズが感動の邪魔をする、ノイズが気に鳴って感動できない、DTMには心が無いので感動できない
ところが「検波どん」使うと、DTMの鳴り方が変わるのよ、変ると云うより、漢字方が変る・・・・「悪くないジャン!」 コレには驚いたw
もしかスンと、音楽制作現場ではDTMの価値感が違っていて、ホントはもっと良く鳴っているかも知れん・・・不思議デショw

DTMの噺は、自動演奏ピアノや超高級オルゴールの噺と同じ、機械や電気が奏でる音楽には「心」が無いので、鳥肌が立つ様な感動はなく、聴き飽きてしまうw
人の聴覚は、音に込められた「気持ち」を聴き取ってしまうホド、高性能なのよ、だから、ヘタな歌や芝居(台詞)だと感動できないデショw
www.youtube.com





トリプル「検波どん」

オンライン・ショップ扱いのSBDを使おうと考えましたが、耐圧60Vしかなく使えませんw 3シリーズにすれば使えるか?
仕方ないので、SBDブリッジなんですが、折角のブリッジなので、パラパラ含めてトリプル「検波どん」で逝くコトにしましたw
f:id:arcs2006:20191031100652j:plain
f:id:arcs2006:20191031100715g:plain

1・2・3番端子に夫々Cパラパラして、トリプル(3P)「検波どん」

コンデンサーの時定数をズラせるし、ダイオードの相互干渉も発生するので、EEかもw
それにしても、ダイオード・ブリッジは使い方色々(パズルの様)でオモシロイw

f:id:arcs2006:20191101100410j:plain
f:id:arcs2006:20191101100419j:plain
f:id:arcs2006:20191101100432j:plain
f:id:arcs2006:20191101100440j:plain
f:id:arcs2006:20191101122338j:plain
f:id:arcs2006:20191101122346j:plain


ようワカランけど・・・・

           f:id:arcs2006:20191101182842j:plain

                  大当たり!!!

検波ダイオードなのか、コンデンサー(時定数)なのか悩みましたが、時定数みたい

「整流どん」は大容量、「検波どん」は中容量、「検波どん」2号は小容量のコンデンサーとするコトで、時定数のワイドレンジ化でインピーダンスを下げる
それから、ナンも考える必要無し、テキトウにフィルムコンデンサーをパラパラ&ルーピングすればIN蛇ネ
「検波どん」の電解コンデンサー同様、ヤフオクに沢山出ているローコスト処分品を活用できるw 単体で見れば???なコンデンサーでも大量パラパラで世界が変わる
効果は「検波どん」の取り残し部分にジャスト・ミート  大当たり  でトンデモナイ世界ですわ・・・・
分かり易いのは、女性ボーカルの高域部分に纏わり憑くザラツキ・違和感に効く、DTMのピアノや弦楽器の混濁感にも効くのよw
www.youtube.com

入るノイズ・出るノイズに関して云えば、出るノイズが問題でした、つまり、デジタルAV機器の逆流ノイズですから根本に噛ますとGOO~~~
僅かな取り残しなので、即行効きましたw

分かる方は、即行お試しアレw
コンデンサー容量が小さいので、爆竹には鳴らず、誤って触ればチクリとスルだけw 自作ハードルは低いw


www.youtube.com