TOS+142Vパワーモジュール(ハイブリッド・ロー・ノイズ電源)

TOS+142Vパワーモジュール

もっと早く気付けよ! 「アタマ硬INで」マァ~そんなモンですわ
TOSのW絶縁(遮断)効果+142Vパワーモジュールのデカ電解コンデンサーフィルター(消去)のWパンチこそ求めていた正解かもしれない・・・・
前段に「検波どん」噛ませば(撒けば)、AC100Vライン・インピーダンスが下がるので、絶大な相乗効果が得られる可能性大!
トランスレスの優位性だけに囚われ、トランス絶縁効果を蔑かにしていましたw ブッチャケ、トランス絶縁効果を舐めていましたw
ノイズ対策の本流は「消去」だと考え、拘ってきましたが、前に書いた通り、完全消去は不可能な上、オーディオAV動作自体がノイズを生み出し易い環境ですわ
つまり、デジタルAV機器自体がノイズを出し、ノイズを逆流させている、そんな状況下ですから、「消去」と「遮断」の組合せは絶対条件と家そうw
確かに、ノイズ・カット・トランス単体での効果はありますが、コスパが低く(コスト大・特注ですから仕方ない)最近は敬遠し勝ちでした・・・・
だったら、TOSデショ! 普通のトランス2個使い、電圧変動率が2倍ですから容量を大きく(2倍以上)する必要がありますが、W絶縁効果は大きく
特注ノイズカットトランスを凌駕する性能が低コストで実現可能(デカくて邪魔ですが・・・)どの道1個蛇如何にも鳴らん、複数個必要ですから尚更ですわ

142Vパワーモジュール(消去)は最高だと思ってましたが、TOS(遮断)と組合わせてBESTを狙う

デジタル(アナログ)AV機器には夫々TOSが必要って噺w メンドウですが先ずは試しますのでお待ちくださいw
皮肉ですが、先日作った電源トランスレス真空管パワーアンプ(駄菓子屋アンプ)にもTOSは有効だと思いますw
WE300B駄菓子アンプはその路線で逝きますw 比較試聴会しますのでお楽しみに・・・・

TOSは100V-100VのW絶縁トランスですから、挿し替えて使える

142Vシリーズ電源(スーパー・ロー・ノイズ電源)

高圧DCが欲しければ、倍々電圧整流にすれば良いし、142VからSW電源で低圧DCを作れば良い
従来の電源トランスでシリーズ電源を組む考えと、SW電源を組む考えを一本化したハイブリッド・ロー・ノイズ電源(実用新案級)ですわw
ノイズ逆流対策が必然ならば、TOSは標準装備がEEし、ヘタな電源トランスを使うより、142Vで整流噛まして、SW電源でDC-DCコンバータだべな
複雑で遠回りの様ですが、実はシンプル、強力ノイズ対策(アイソレーター)を兼ねたスーパー・ロー・ノイズ電源ですわ

f:id:arcs2006:20200122071748p:plain

現行スイッチング電源の欠点は、②ノイズフィルタが甘いのでノイズ通痛、電解コンデンサーC1が小さくノイズを吸収できない、同様にC2も小さい
ブリッジ整流&C1を外部に出したのが142Vパワーモジュールで、C2を大きくする意味で、D・Cチェックバルブを外部に付けたのよw
つまり、回路図マンマで目新しいアイデアはナンもありませんw 少しの好奇心と技術、そして音楽が好きなら(試し聴きしたいなら)中学生レベルの発想でOKですよ
私はメーカーエンジニア(開発)ではありませんが、オーディオ技術全体の創造性が病んでいるとしか思えないし、業界は案の定この有様(御臨終)ですわ
もっと家ば、AC100Vが変蛇ネ、と考えるエンジニアが皆無に等しい、畑違いのホンダがオーディオ用電源出すなんて笑うしかないデショw
今回注目したのは、②ノイズフィルタでして、見ての通りCMフィルターですから、Nノイズに関して丸腰通痛ですわ

①AC入力にTOS付けると

全体がシリーズ電源に変わり、142Vシリーズ電源スイッチングレギュレター方式&D・Cチェックバルブに鳴る
語呂合わせベイベ! 偉そうに書いてますが、目新しいアイデアは一切無し、タダ組合わせたダケ・・・・悲しい現実w

Tchaikovsky: Serenade for Strings / Ozawa Saito Kinen Orchestra (1991 Movie Live)
もっと噛み砕けば、スイッチング電源(PCやTV)にTOS付ければOK蛇ネ笑うしかないw

例えば、142V駆動できないスイッチング電源機器(PCやTV)が有ったとして、今迄「残念でしたw」でしたが、TOSで対抗できる可能性大
極めたいなら、TOSシリーズにして超絶縁噛ますとか・・・・この噺、実は奥が有りまして、CMループと絶縁の関係も知りたいw
トランス嫌いと書きましたが、AC100V含めAC信号伝送・増圧・減圧を自由に行えるトランスは最強アイテムですわ、嫌ってる場合蛇無いw
絶縁UPに依るNノイズ遮断は同時にCMループ遮断にも鳴るデショw どの方式を使っても完璧が不可能なら、組合わせてナンボですわw

f:id:arcs2006:20200122163828j:plain

ハイペックス オーディオ用スイッチング電源 2000W用

左がC1パラパラで、右がC2パラパラ、ほらね、そんなモンですw
ノイズの問題は噛み砕いて逝けば、出口が見つかる、、、日本製オーディオ用スイッチング電源はとうとう確立できませんでした
作っても売れないと判断したのでしょうw ノイズ対策はオーディオ限定で無くても必要ですから、高級ATX(プラチナとか)では応用されていると思います
リファレンスPCオーディオは、コルセアのハイエンドATXを使い各種ノイズ対策達磨ですが、TOSは大きなアドバンテージでしたw

将来、コレ使うつもりしたが、今ならデカTOS(絶縁)噛まして倍電圧284V組んで、±142Vで「バァ~~ン!」デショw

ブッチャケ、ハイペックス2000Wデジアンは±85V(170V駆動)ですから、TOSの2段目で減圧すればOK、ノーマルSW電源かと思ってましたが
ブログのお陰で、美味い弩級シリーズ電源が出来そうw


ATX電源にセラコン・パレード・パス
ATX電源パスは奥が深い、泥沼、キリがない、ナニ遣ってんだかワガンネ・・・・とは家、パスらなアカンわ、セラコンはボーカルに効きますw
f:id:arcs2006:20200121141525j:plain
f:id:arcs2006:20200121141535j:plain
12V・5V・3.3Vを夫々パスります
f:id:arcs2006:20200121145057j:plain

ボーカルの魅力はカスレ・・・・

Lady Gaga, Bradley Cooper - Shallow (A Star Is Born)

Lady Gaga - Always Remember Us This Way (From A Star Is Born Soundtrack)


エルトン・ジョン「YOUR SONG(僕の歌は君の歌)」名曲誕生の瞬間! 映画『ロケットマン』本編映像

クラシックとは違い、JAZZ・ロック・ポップスのボーカルはカスレが命・・・・魅力はカスレにあるw

そのカスレがクセモノでして、付帯音絡みに鳴り易く、大抵の場合、濁りが伴ってしまう・・・セラコンは濁りに効く!

ブッチャケ、生声知りませんから、カスレと濁りの区別が難しい、だからドロ沼w
今の季節、静電気ノイズ対策(除電)と共通部分があり・・・・悩ましいw

f:id:arcs2006:20200121151921j:plain
f:id:arcs2006:20200121151404j:plain
アンプの天板やマザボの脇で🔥憑けたらイオン・ゲロゲロw
ワンパターンですが 対策の締め はこの時期特に      ですわ 自然の力には敵わない・・・・
同様に、乾燥した部屋、湿度に無頓着な方は、ナニ対策しても無駄ですよw
今年の冬は天候不順で、雨が多く、湿度は高めですから、例年に比べ湿度管理は楽とは家ますが、🔥の威力は絶大! 正に空気のイオン化
スピーカー周辺はもちろんのこと、除電対策したオーディオAV機器周辺で🔥使うと、静電気系ノイズ(付帯音)が一掃され、スッキリ!
www.exp.org