新型TOS肺炎・・・・深刻な重症化! ワクチンは有るのか?

f:id:arcs2006:20200210173323j:plain

オーディオ系大元にTOS投下!
400-200(右)200-100(左) 結構な発熱、変換ストレスが掛かっており、ノイズ遮断効果大!
重くて邪魔、最近TOSが増え杉で、収拾が憑かない、ショールームが物置状態ですわ、大リストラ・大整理せんと拙いわ

f:id:arcs2006:20200209155231p:plain

同じトランス2個、2次側同士を接続したのがTOS トランス・オカマ・シリーズの略

アイソレーション・トランスですわ

コイツ、遮断オンリーでは説明が憑かんのよw

ブッチャケ、コイルですから、2次側オープンでもAC100Vに接続すると回路が成立して電流が流れ始めますw 流れれば、抵抗あるので損失が発生(熱発生)
トランスですから、動作すればブルブル震えだすw 電流が流れば、コイルですから高周波ノイズに対し、消去型フィルター(-6dBoct)に鳴るんよ
f:id:arcs2006:20200210215313p:plain
2次側でも同じ理屈で消去型フィルターが構成されるワケ、、、ココの考察が甘かった!!!
アイソレーション(絶縁)に囚われてしまい、コイル型フィルターという要素を軽視してしまったw TOSはトランス2個ですからW効果!

トランスは絶縁だけで、本質的なノイズ対策に鳴らない  間違いです!立派なフィルター、訂正します!

ナンですが、アイソレーション・トランス1個だけでは如何ともし難く  TOS、そしてTOS重連がEE!

TOSをNフィルターと見れば、DBMと同じですが、TOSは電圧降下が原理的に発生しません、DBMが悪いとは言いませんが、TOS重視がEEデショw
コレは、AC100Vフィルター再構築の指針ですわ


フィルターは一段落したと考えていましたが・・・新たな展開の幕開け!


マイ電柱(トランス)を考察スンと・・・・TOSトランス選びがワガルw
f:id:arcs2006:20200210215933g:plain
この図が大きなヒントに鳴るんよw
トランスをコイルだと考えれば、巻き数が多い(デカ・コイル)方が高周波ノイズに効くデショw
トランス1次側の巻き数が多いトランス、つまり高圧入力なトランスがEEのよ、2次側が低くても、TOSにすれば関係ない、逆側トランスは2次側ですから
100-24-24-100と考えれば、100のメリットが存分に活かせるワケw 意味が無い接続ですが、フィルターとしては優秀ですわ
100-24は4:1の巻き数比、パチトラ(激安)はTOS向きだと云えますw 100-200だと1:2にしか鳴らんデショw
TOS組する時、巻き数(コイル)が大きい方を100VにすればEE、200-100のトランスなら、200の方に100V接続すればEE
この考えを柱上トランスに当て嵌めれば、6600-200は、33:1だよ、効くワケだw
f:id:arcs2006:20200210231324p:plain
コレ2個買って、TOS組んだら凄いハズw
ウルトラ・マニアの世界では、オーディオ専用キュービクルが常識みたいですが、ナルホドw

ピンと北かな?

TOSはNフィルターで高インピーダンス型、つまり抵抗成分を使ってノイズを減衰させるタイプ、その反対が「検波どん」(低インピーダンス型)ですわ
フィルターの基本は、インピーダンスを上げて(絞って)下げる(開放)ですから
TOSの前・後に「検波どん」系を憑ける

2020版AC100Vフィルターが見えて北!


NフィルターはTOS中心で組む
今迄、NフィルターはDBM・コアレス・電球・抵抗焼き・LED・「整流どん」・「検波どん」・FMチョーク、そしてTOSなど多種・多様
言い換えると、効けばナンでもヤル!姿勢でしたがTOS・「検波どん」・「整流どん」へ集約
TOSは重連化及びローカル配置を徹底し、LED(電気質改善)に関しては、分散解消、大元集中化で対応、分かり易い構成にします
TOSに関して、唯一の欠点は無効電力消費ですが、絶縁ジャンプSWでの対応を考えています


CMフィルターは従来通り
FM系(シート・RSKN)に頼るしかアイデアありませんw TOS絶縁でのCMフィルター効果は蟻想ですが、未だ整理できていませんw


フィルター群の大リストラ・断捨離の決行を決意!
無節操に増えるフィルターには閉口していましたw 効果無いコトしない自信はありますが、効果が有るだけに、リストラ・断捨離できずに来てしまったw
今回、TOS増殖で我慢の限界を超えた上、ついに光明が見えた! トランス=コイルと考えれば、AC100Vフィルターで重要なのは自明の理
言い換えると、回路をDCで考え、意味の無いトランス嫌いが招いた問題解決の遠回りを思い知らされたw


行っているのは、再生であり、創造・創作・創出ではありません、録画・録音の再生でしかないw
録画・録音を超えるなんぞ到底無理だし、都合良く好みに再生するのも、アナログなら可能性がありますが、デジタルでは無理デショw
AV機器はデジタル化で飛躍的に進歩・進化したハズなのに、AC100Vが汚れ・変質してしまい、録画・録音の再生すらマトモにできない
凄くムズイ噺を書いている様に見えるかも知れませんが、噺は単純で、録画・録音の再生で「感動したい」ダケですわ
マトモに再生できない原因がノイズだと仮定していますが、ノイズ対策すら満足に出来ずイライラしてる、そんな現実ですw