4Kネイティブ 10000ルーメン

エプソン 12000
コロナ禍ですが、最新モデル(業務用)4Kネイティブ・レーザー光源、200V駆動、超弩級プロジェクター
f:id:arcs2006:20200605222719j:plain
www.epson.jp

EPSON EB-L20000U (english)

以前から、オリンピックイヤー2020に民生用4Kネイティブを出すと聞いていましたが、この状況ではお蔵入りと諦めていましたが、業務用で噛ましてくれましたw
エプソンの10000はEEプロジェクターで気に入ってましたのので、12000は期待していますw
ブッチャケ、プロジェクターはスンゴイ奴(300以上)は沢山ありますが、ハイエンド弩級ホームシアター(150~200)で使えるモデルは数少ないのよw
先行モデルとして、パナ業務用がありますが・・・・エプソンが何処まで逝けるか超楽しみw


ガチ・テスト予定w

遂にマトモ4Kが始まったと漢字てますw 2Kもマトモ2Kに鳴るまで10年近く掛かったw 







オーディオAVの最終目標

「感動」「鳥肌」の正体

鳥肌が立つ様に鳴ったのは、5年前位からです・・・・正確云うと、再び鳥肌が立つ様に鳴ったのは・・・ですねw
PCオーディオに嵌って「其れ逝け!」専用PCを作りはじめ、PCのノイズ対策に目覚め、気付くと「鳥肌」が立つ様に鳴った、「鳥肌」を思い出したw
キツイ・痛い音が治まって逝く中、試聴中に突然「鳥肌」が立つ様になり「EEジャン!」もっとチンチン勃てたい! オーディオはドラッグだと気付いたw
「感動」「鳥肌」は瞬間で怒り、ヤラセができない「鳥肌立てるぞ!」できないのよw 「一体ナンなのよ?」ブリブリ鳥肌立てたいよね!
気付いたのは、優秀録音とか音質云々は余り関係なく、録音時に音楽家の気持ちが転写され、再生時にソイツが伝わると「鳥肌」が立つのよw
ブッチャケ、90年代初頭を最期に「鳥肌」は忘れていましたw 言い換えると、其れ迄は普通に鳥肌が立つ、もしくは立ち想に鳴る(感激スル)経験はありましたw
しかし、理由は分かりませんが・・・・少しづつ・少しづつ、オーディオで鳥肌が立つ(感激スル)経験が少なくなって逝った・・・・
オーディオ再生中に思うのは、音の違いを脳で楽しんでいるダケ・・・・
ベクトルとして、音の違いが如何たら甲たらが始まった、ケーブルによる違いは可愛いモンで、性質が悪い例として、電線の方向とか平気で話題になったw
感動インポな世界ですから、僅かな違いを大袈裟に騒ぐマニア連中がデカい顔して、蘊蓄を語り出した(爆) 普通の人はドン引きですわ
当時、良く聴いた台詞が「俺でも違いが分かるかな?」まるで脅迫だよ、違いが分からない奴はマニア失格・・・・ワケワカメだよなw
音の違いを判別するのは、大事と云えば家ますが、違うのよ

音の違いなんて如何でもEEのよ!

オーディオ=音楽再生ですから「感動」「鳥肌」スルのが最終目的!

「感動」「鳥肌」に理屈もヘッタクレもない、脳ダイレクトで瞬間に起きるし、ブッチャケ、知識や経験も要らんワナ
「心の表現」が脳ダイレクトに伝わり、大感動で「鳥肌」ビンビン! コレ読んで「ピン」と来ない方はオーディオAV趣味には向かない
言い換えると、お耳が悪いのかも知れませんw オーディオAVで書いてますが、音楽家のスキルが高い方の生演奏で頻繁に体験できます
つまり、オーディオAVとは電気装置という「方便」でしかなく「方便」は如何でもEE、音楽・映画の本質的魅力を楽しむのが最終目的
ですから、音楽ジャンルは一切問いません、刺身・寿司・ステーキ・焼肉・フランス料理・イタリアン・中華・アジアン、美味いヤツは理屈抜きでEEデショw


音の違いは如何でもEEと書きましたが・・・・

「感動」「鳥肌」レベルはノイズの有無で決まる!

ノイズ=AC100ノイズ

人の聴覚は、音に含まれる「気」「気持ち」を聴き取ろうとしますが、ノイズがあると水差される
人の聴覚は、僅かな違い、電線の方向性すら聴き分けてしまう能力があります、言い換えると、ノイズがあると気に鳴って「感動」「鳥肌」処ではありませんw
そして、電話の音声(ローファイ)であっても、声から相手の気持ちを聴き取る能力が備わっています、だから耳の悪い方って少ないのよw
ですから、CDよりハイレゾの方がEEのはその通りナンですが、ノイズの無いCDと、ノイズ有りのハイレゾだと、ノイズ無しのCDが勝ってしまうw
偉そうに書いてますが、ノイズの無いCDが凄いって噺は、今年に鳴ってワガッタったて噺
言い換えると、音質評価とは、ノイズレベルの大小(電気質)比較に集約し、其れは「感動」「鳥肌」レベルの大小って噺
音質向上を目指し、ありとあらゆる手法を試して来ました、結論として、オーディオAV機器はナンでも良く、先ずはAC100Vの電気質に拘る必要があります

大問題なのは、AC100Vを評価する測定器・パラメーターがこの世に存在しない事


音楽の感動は皆が理解でますが、音楽再生(オーディオ再生)の感動とリンクしない

オーディオ趣味とは、音楽趣味とイコールなハズですが、リンクしない、感動出来ない音楽再生は廃れてしまった
コロナ禍も追い討ち、オーディオ産業は絶滅(極僅かは残りますが)我々のような残党・喰い下がりには厳しい状況に鳴りますがw
人生最終ラウンドに向け、リセット・再起動のスタートだと考えていますw


AVも音で決まる!

上で、超弩級プロジェクターとか逝ってますよね、AVのV部分、画面の大きさ&画質の重要性、特に画質はもちろん重要ナンですが、、、
視覚と聴覚を比較すると、聴覚の方が脳ダイレクトに「気持ち」を漢字易い、視覚で「気持ち」を漢字るのは、役者の表情・絵画・写真・作品から出る「気」
特に、有名絵画は絵の前に立った時、作者の途轍もない「気迫」を脳ダイレクトに漢字たりします、、、マネしたり偽モノではだめ、本物の凄味ですわ
絵画・写真・作品は視覚的には「静止画」ですが、AVは動画&音の連続で、実は音の影響力がデカいのよ、音(含まれる気)聴いて見る「気」に鳴る仕組みw

長野の青年から・・・

最近は、BGMとして機能しません
というのは、スマホ等弄ったり、半田付け中にラジオ感覚でTVを点けていたりすると、自然とTVの音声が気になって、しまいにはTVに釘付け、、、とか
休日の戦隊シリーズ番組も、一般的には子供向けですが、製作者、役者の本気が伝わってほぼ毎週見ていたり、、
色々な人の気持ちを感じることが出来るのは素晴らしいと思います。
自分も仕事等頑張れます!

想なんです、音を聴いて絵を見ているのよ

音の違いは良く分からないケド「気持ち」を漢字るのは比較的カンタンw
だから、、、音が悪い(ノイズが有ると)見る気(水差されて)に鳴らない!
実は、プロジェクターメーカーはこのシステム(脳の仕組み)を理解できていません
だから、チープな音や音無しでデモして「絵を見てください!」ドヤ顔されてもネ・・・・・   馬鹿デショw ナンも分かってない(爆)
大型家電店で大量並べられた大型TVを前に、客はナンも漢字ない理由がコレ!


整理スンと・・・・
オーディオAVマニアは、比較大好き、勝負大好き、ナンでもカンでも比較したがり、勝ち負けを漬けたがるw 勝って安心したいし、目安にも鳴るw
でも其れって、違いの勝負デショw ブッチャケ、好き・嫌いの違いw
でもね、、、違うのよw

ホントの勝負は「鳥肌」比べ  だよなw