函館からお中元届きました(爆)

ナン蛇コレ???
f:id:arcs2006:20200607104714j:plain
f:id:arcs2006:20200607104736j:plain

「ぴこたん」    だってw


0.5P(26S・9P)
意~味ワガンネ! それにしても凄い精神力だ、実物見たらハンダしか見えず、ハンダで音が変わるヤツ?・・・・拡大したらチップコンだと判明(爆)
コレ1個作るダケで、丸半日以上掛かるハズ「神は細部に宿る」とEEますが・・・・シモンさんの「気」が転写されているハズw
それだけでも、音が変わるデショw  シモン殿の小容量コンデンサーに対する拘りは、ビョーキとも家ますが、、、、私もビョーキなのでお相子(爆)
ブッチャケ、AC100Vのパスコン(ぴこたん)です、、、、さて如何鳴るかな???


この状況を、如何考え、整理すべきなのか・・・・

シモンさんは、ナニに注目して作ったのか? コンデンサーの時定数(机上理論)で考えると、余にも馬鹿下駄だよね・・・・的ハズレですわ
こんなコト、電気回路に詳しければ絶対ヤラナイ、、、よ  見ての通り、微小コンデンサーの尻・パラですわw 意~味ワガンネ!
ワザワザ送り付けて「聴いて見な」だとスンと、相当の自信と実験の裏付けが有るってコトだよなw だとスンと、対抗して別モノ作って勝負デショw

f:id:arcs2006:20200608092555j:plain
たったの4Pだぜ

ツウことは、時定数云々ではない、AC100Vを4Pでパスって変化があるワケがないw つまり、理論外な噺で、理論を基に語っても意味がない
コメント読むと、フィルター効果があると申しておるので、想ナンでしょう・・・・
ブッチャケ、直Lもフィルター効果ありますが、結果は分かっても理論はありませんw 科学が進歩した様にみえますが、実は世の中不思議だらけw
時定数ではない、とスルと、セラ系コンデンサーの尻・パラ接続による隠れたフィルター効果の発見なのか?

一体ナニが怒っているのか???

長野方面で暴発中w
f:id:arcs2006:20200608204351j:plain
f:id:arcs2006:20200608204323j:plain
L検どんwithピコたんモドキ  だってさ

若くて目がINだから、楽しないでチップコンで逝きなさいよ!(爆)



作戦会議中

「ぴこたん」迎撃作戦
不意打ち喰らっての迎撃は、不利なケースが多く、迎え撃ったつもりが「そんなモン、折込済みよ!」先回りされ、結果、仕留められ「無条件降伏」「終了!」
そんな憂き目に遭わないために、慌てて応戦するのは止め、ジックリ作戦会議をお行い、満を持して逝くしかないw


たった4Pで効く奈良、4P1個でコト足りる世界ですが、4Pだけ蛇如何にも鳴らんデショw
4Pで効く奈良、電源コードを手で握ったダケでフィルターに鳴るって噺デショw ホントに効いているなら、時定数のキーワードでは戦えないw
だって、8P奈良倍効くの? アリエナイよね・・・・・

考えられるのはCM電流パス

f:id:arcs2006:20200609075319p:plain
f:id:arcs2006:20200609075346j:plain

またまた登場! 御馴染みのCMループ(ノイズ)妄想図

電流には2種類あって、NモードとCMモード、電流が流れれば、V(ノイズ電圧)=R(インピーダンス)*I(電流)が成立しちゃうw
でもね、、、CM電流って測れない(測定器が無い)のよ、視覚化できない、測れない・見れないモンは、妄想(思い込み)だべなw
Ωの法則しか知らない爺さん連中(主に真空管アンプマニア)はCM電流なんて無い! と思ってるし、CMノイズって「ナンのコッチャ?」皆さんスル~~~
証明できないCM電流ですが、CM電流が無いと説明が憑かない事例が沢山あるので、共通認識として認知されているのが、CMループ・CM電流・CMノイズ
特に高周波デジタル回路では、CMノイズが原因と思われる誤動作が連発するので、TDKがRSKNを売っているw
証明できないけど、皆が認めている(爺さん除く)のがCM(コモンモード)ですわ、特にデジタルAVでは顕著にワガルw
言い換えると、デジタル辞めてアナログ(レコード・テープ)1本にすればCM対策なんか要らんだろ・・・・と思ってましたがw
実はダメなんよ、、、長岡鉄男のオーディオA級ライセンスに一説に、使わない機器(ケーブル)はプリアンプから外せ! まさにCM対策デショw
其れ処か、アナログ系のケーブルにFMシート鬼阿修羅噛ますと、透明感がトンデモ御座いません、マトリックス4CHが大場家する

問題はココから・・・

図を見てワガルのは、CM電流はケーブルの外側・床面を流れている  如何考えても変デショw
図に依っては、空中を流れるみたいな表記すらある・・・・正にオカルト電流w
ホントに流れてる? 百歩譲ったとして、そんな電流でドンだけノイズに鳴るんよ? ナンですが、電線ではない(電気抵抗大)を流れます、V=R*Iですから
RがデカいとV(ノイズ)がデカく鳴るので、CMノイズは存在する、CM電流と静電気(帯電)はお友達かも知れんw
噺を戻すと、CM電流は電線(導体部分)を流れているのか?  だよねw
電気は流れ易い部分を選んで流れているとすれば、電線(導体)を流れているハズw

CMノイズはパスれんのかネ

従来の考え方は、CMノイズ対策はCMチョークやFMシートCM巻き(磁気ブロック)そして絶縁トランスのみであり、CMノイズ・パスのアイデアはありませんw
「ぴこたん」を見るに、コンデンサー時定数で語れない世界だとスンと、その構造・構成・表面積がCMノイズ・パスとして働いているかも知れんw
時定数(コンデンサー容量)が大きければ、普通のNフィルターですが、4P蛇如何にも鳴らんワナ、だとスンと、結果としてCMノイズをパスってるの???
「ぴこたん」は高域特性強化基板 と命名されおり
効果を読むと、CMノイズ対策と酷似しています、あくまで想像・妄想領域での考察ですが・・・・あながち間違ってるとは家ないかなw



作戦決定!

セラコン・マトリックス攻撃!    如何よw

f:id:arcs2006:20200609122228j:plain
マトリックスとはオール尻パラで接続  470Pのセラコン使用


f:id:arcs2006:20200609122355j:plain

1200P VS 19P 対決w  前回の4Pは測定ミスw


【アニメ】タイガーマスク OP


プロジェクターでテスト

プロジェクター用フィルターを組み直しました

f:id:arcs2006:20200609154349j:plain
f:id:arcs2006:20200609154450j:plain

(200-100)-(100-200)-DBMチョーク&L-(200-100)-(100-24)-(24-100) ()はトランス

5トランス構成で間に各種アイテム入れて最強構成

DBMチョーク&Lの入力に「ぴこたん」入れてテスト

AVシステムで音質向上を狙うなら、プロジェクター&TVのノイズ対策がマスト!

ノイズを入れない・出さない、特にノイズを出さないが重要、プロジェクター&TVが吐き出すノイズは半端ないって!
他のAV機器にノイズ対策しても、プロジェクター&TVのフィルターが甘いと、音が台無しに鳴るw
低音の不明瞭・ボーカル&アナウンスの違和感・高域の荒れ・キツさ等、全てプロジェクター&TVから逆流するノイズだと断言できますw
画質も同様で、透明感・解像度・立体感・色再現など基本事項は全てノイズ次第で決まる!
その上、ノイズが有ると、調整噛ましても殆ど意味がない、汚い絵は如何弄っても汚いママなのよw
自らノイズを盛大に撒き散らす上、外来ノイズにメチャ弱いのよ、ブッチャケ、スペックなんか如何でも良くて、ノイズ対策ダケすればEE

ブッチャケ、フィルター組み換えで相当良く映り・鳴りましたが、完璧蛇ない・・・・

特に音(高域のキツさ・分解能)が不満・・・・
オーディオ系がサブを含めてフィルター完成度が上がっているので、AV系だと不満が出ちゃうw

「ぴこたん」テストにピッタリ!

f:id:arcs2006:20200609155427j:plain

ベートーヴェン「皇帝」第一楽章

ベートーベン ピアノ協奏曲第5番「皇帝」より

一楽章を通して視聴・・・

「ぴこたん」無し

ウォームUP兼ねて視聴スタート、フィルター組み換え効果は出てますが・・・
悪いと云うホド悪くありませんが、キツさ・分解能がチト不足かな・・・・聴きだすと、音ばかり気に鳴り「鳥肌」は立ちませんw
気に鳴るのは、弦楽器の混濁感とピアノ右手のキレ・抜け・響き、地デジのエア・チェックですから「こんなモン?」



「ぴこたん」登場!

忖度無し(爆)、こんなモンで変るんかいw
視聴開始で「少し違うかな・・・・」イキナリは無理デショw 暫くすると・・・・「IN蛇ネ」
低域が豊、高域の出方・響きが滑らかで引っ掛からない、、、時間と共にドンドン良く鳴るワナ
驚いたのは・・・・「鳥肌」が立ち始めた・・・・「マジかよ」 つまり明確の違いと高音質に鳴ってるわw
演奏自体は「ブチ切れ」「パンパン」「全身全霊」ではないので、全身鳥肌モンではありませんが、ジワジワ「鳥肌」が立つ「凄いジャン!」
高域の出方・分解能・違和感・響きが向上してます!



マトリックス」登場!

「ぴこたん」聴いて「へぇ~~変わるんだ」だったら「マトリックス」もソコソコ逝けるん蛇ネ! 期待感大、容量は「マトリックス」が上だしw
視聴開始「北北!」一聴で高域が滑らか! 「ヤッタ! 勝った!」と事故満に耽り、視聴続行・・・・
ところが・・・・「ぴこたん」で北「鳥肌」が来ない ワケワカメ、スムーズ&滑らかなのに
後半戦でチョイ立しましたが、、、判定としては「鳥肌」負!
感動「鳥肌」はヤラセ不可なので「ぴこたん」は優秀! 但し「マトリックス」がダメなワケではない、シリーズ数が足りないのか?


ご参考くださいw


「ぴこたん」に遣られましたw    オモシロク無いので、スイッチON!


f:id:arcs2006:20200609193308j:plain
470Pセラコンを12S・21Pで容量800P
f:id:arcs2006:20200609193322j:plain

もしかして、全体の大きさ(表面積)では?

容量に関しては、小さめを狙い、数を増やして表面積を増やす、電子表面張力を稼ぐ
マトリックスですから、電子迷路が形成されるハズ、迷子が増えれば全体吸引力(電子表面張力)が増え、磁石のように電子が吸い付く
巨大迷路に人が吸い込まれて逝くイメージ、コンデンサーのクーロン力を使うw

妄想は兎も角、インプレ!
f:id:arcs2006:20160329020503j:plain
「ぴこたん」に勝るとも劣らない!

「鳥肌」が戻って北! 高域も上々、拍手の音が違うw マトリックスとTOSは相性バツグンw 増やすしかないw
ダメ元で組んでみましたが、大成功! コレはオモシロイ!!!
組んでて「ダメならゴミだべ・・・」セラコンの価格も馬鹿に鳴らんし・・・・ドキドキしながら組みましたw
考察はこれからですが、コンデンサー・マトリックスにはナンか蟻想w

シモンさん、ありがとうございました。




プロジェクター・フィルターは5トランス(2TOS+)

自分で書くのもナンですが「凄いデショw」 トランスのタップを使い電圧をチョイ上げ出来るので、動作時の電圧降下はありませんw
言い換えると、プロジェクターが吐き出す逆流ノイズは5トランス位噛まさないとダメだ! そんな噺ですw
目的は、画質対策(透明感追求)は当然ながら、音質対策、、、兎に角プロジェクター&TVが音を汚してイライラするw 難聴で余計に・・・・
三管プロジェクターの時代から、映像が出すノイズは指摘されていましたが、デジタル時代、720Pから4Kネイティブに進化した今日、ノイズは半端ないって!
昔から、AVサラウンドとピュア・オーディオの音質差は誰でも知ってる噺ですが、容認されて北「絵付きだから我慢しな」そんな世界でしたw
しかしながら、オーディオ系フィルターが進歩すればスルほど、AVサラウンドのノイズに依る音質劣化が気に鳴る
去年は相当良く鳴ったと自負していましたが、良く鳴れば鳴るホド、良く鳴らないディスクを再生する悪癖が出て、粗を探してしまう・・・・(キリが無い)