ARC(HDMI)対応プリメイン・アンプ

NR1200
f:id:arcs2006:20200624115126p:plain
f:id:arcs2006:20200624114908j:plain
世間では全く注目されてませんが・・・・

コレを待ってました!!! サラウンド無しAVアンプ

アンバラ2ch出力(マトリックス可)ARC(HDMI)でTV連動(映像スルー)サブウーハー出力付き

ブッチャケ、O&Pはコロナ禍に依って空中分解! 空中に漂っており、このまま終了デショw な予感、2020はオーディオ終焉の厳しい状況

大型TVとレコーダーを組合せ、マトリックス4chでホームシアター出来るステレオ・プリメイン・アンプは存在しませんでしたw
ヤマハは健闘していますが、HDMIでステレオというアイデアは無いみたい・・・TV(映像)を考えると、HDMIは外せない
ブッチャケ、世の中のオーディオ(ヘッドフォン)は2chステレオ、ナンですが、TVとステレオは相性が悪く、捻じれた関係が続いて北
オーディオが廃れ、AVサラウンドが絶滅した現在、AC100Vフィルターを前提にローコスト・シンプルなマトリックス・サラウンドを組みたい!
そんな現場があり、困ってましたw

TVとステレオ2ch、ナンでもない噺が実はムズイ

何度も書いてきましたが、AVは音で決まる、サラウンド云々蛇無いよ、声がキッチリ再生されれば「見る気」に鳴る、何故なら「気持ち」が伝わるから
TVサウンドはサラウンドと決めつけられており、ステレオと組合わせて楽しむなんて想定が無く、シアターバーとかラックスピーカーとかチョロいヤツばかり
ブログの通り、音はAC100Vで決まるので、ブッチャケ、スピーカーに凝っても意味ありませんw
言い換えると、電源さえ綺麗ならば、ローエンドTVでもピカイチ画質に鳴りますし、サウンドもバッチリ、つまり、低性能なAV機器は存在しませんw
昔のアナログ機器と違い、最新デジタルAV機器は皆同じ性能です、逆に性能差を出すのがタイヘンw
例えば、有機ELと液晶(共にアナログ部品)なら、有機ELの方がEE場合が殆どですが、ノイズレスな液晶はスバラシイ、ノイズ有りの有機ELよりEE
ベストはノイズ対策した有機EL,その代わり、ノイズ対策はしんどく、超マニアな世界、普通の人には無理、、、そんなモンですw


綺麗な電気とTVとステレオと来れば、マトリックス・サラウンドしか無いデショw


スピーカー結線するダケ、サラウンド音質=電源質、フィルターのバロメーターですから、頑張った分だけ見返りが得られるw
ARCで逝けば、TVリモコンだけで各種連動可能でカンタンw HDMI入力で映像スルーなステレオ・アンプが欲しかったw
オマケにネットワーク・プレーヤーやBluetoothまで憑いてて、アララ、レコード再生も可能w 至れり尽せりw

普通の人から見れば「サラウンド憑いてないの?」「ステレオなんて聞かネェ~よ」ですが・・・・

ブログ読者だったら「待ってました!!!」
大型TV買ってホームシアターして見ようかな? ピュア+セカンドAVにもピッタリw そんな気に鳴るw




コンデンサー中毒w

シリシリ・パスは激効、アタマが心配w

ナンでもカンでもOKで、作れば即効、、、アタマが変に鳴り想w(手遅れかもw)
パラパラと違い、爆竹に鳴らない、但し、小型電解コンデンサーは触るとビリビリ来るので、全体を絶縁してチョw
電解コンデンサーの場合、即行+エージング向上があるので、製作欲求に抑えが効かないw  困ったわ!

作るしかない!  理論が無いので作って漢字るしかない

何度も書きますが、コンデンサーのシリーズ接続は、高校物理で理論のお勉強(動画で紹介)はすれども、産業では全く使われませんw
私の知る限りでは、高圧真空管アンプ回路で、電解コンデンサーの耐圧UPを目的に使われているダケ
容量が減ってしまうので、出来るなら使いたくない、コンデンサーは時定数ですから、ワザワザ減らす方向では使わない(コストUPだし)
だから、コンデンサーを大量シリーズ接続したら、如何鳴るかなんて、誰も知らないワナw


電子工学は産業・経済と密接に関係しており、実用(儲かる)なら皆で研究開発されますが・・・・
常識・定説を外れたケースは、見向きもされませんw 批判ではなく、当然の帰結だとおもいますw

しかしだ!

ナンでもカンでも効くツウのは困りモンよ  拡散方向で収束(終息)が見えない
オマケに、今迄とは違う部分に効いているが余計に困るし、副作用が無いのも暴走原因、効果ザクザクだよw
一つ家るのは、コンデンサーの種類・容量との関係性が低い、作り易く、大量に展開出来て、嵩張らなければOK?




ノイズ吸引力?

【高校物理】 電磁気20 コンデンサーと極板の力 (14分)

コンデンサーをシリーズ接続すると、容量が減る(逆数)、しかし、見掛けはコンデンサーの数が増える
大量シリーズ接続噛ますと、容量はドンドン減り、コンデンサーの物量がドンドン増える、容量が減るのでコンデンサーの要に足りない(無いに等しい)
しかし、無駄に物量が増える、容量という観点で見れば意味を成さないが、物量UPに伴うナンらかのエネルギーUPは起きているハズ
1個から100個にすれば、容量1/100で、体積100倍
つまり、シリシリ・パスは容量(時定数)とは関係無く、物量と深く関係していると考えざるを得ないワナ
1個と100個で同じワケが無いデショw

物量とは? エネルギーとは?

コンデンサー大量シリーズ接続パス(シリシリ・パス)により、ナニが起きているのか? 色々ググってますが、良くワガンネ!
タブン、シンプルな理由だと思いますが・・・・
音を聴くと、ノイズだけが都合よく吸引されてる様・・・・
AC・DC共に同じ漢字なのも不思議、ノイズだけを都合良く吸引なんて、アリエナイし、副作用が無いのも変w


無理矢理、理屈に嵌め込む必要は無い、、、とは思いますが、、、爺は奏しないと納得デキンのよ
不思議でワガンネ、だからオモシロイw