ハンダ漬け入門

先ずは変らない確認からw   だよなw
f:id:arcs2006:20200705093110j:plain
f:id:arcs2006:20200705093143j:plain
f:id:arcs2006:20200705093206j:plain
只、ハンダ漬けしたダケ・・・・フラックス入りハンダ(普通)でコレは鉛ハンダ、外見(仕上り)は巧く逝ってるw
鉛ハンダは体に良くないですが、鉛フリーと比べて、濡れ・伸びが良く、テクニック不要・カンタンw 不慣れな方向け(入門にお薦め)
ネットショップで銀ハンダ売ってますが、自前はコレ、楽だから(爆)
言い換えると、銀ハンダが高価で効果が低い、ではなく、部分的にブレンドすればラバノズ効果が出るし、鉛導体は悪くない(昔は全て鉛ハンダでした)
ブッチャケ、コレで音が良く鳴るとは到底思えんわ、良く鳴る奈良特区に気付いてるデショw 先ずは変わらない確認から・・・・


テスト方法・・・・  電源ON/OFFがカンタンなCDプレーヤーで
f:id:arcs2006:20200705113139j:plain
f:id:arcs2006:20200705101503j:plain
CD専用LCフィルターにパラパラ&シリシリ入れてあります

CDプレーヤーの電源ケーブルにプラスして如何鳴るか? とは家、既にテンコ盛りに色々憑いており、果たして変化があるのかね
ちなみに、音はバーストしており、とんでもない野放図なパワー感に圧倒されっ放し、シリシリもガチ効いており、コレ以上があるのか?


インプレ・・・・

変らない確認をスルつもりでしたが、、、、「コレ、変るわ・・・」
野放図にバーストしていたサウンドに端正さが出て北、荒れが取れた??? コレ、オモシロイわ
ワザワザ、線ブッタ斬ってハンダし直すなんて普通ヤラナイよね、、、だけど、ナンか変わるのは確かで悪くないわ
アドオンでチョイ漬けしたい時、本線の被覆剥いで脇からハンダ漬けはやりますが、ブッタ斬りで再ハンダは普通ヤンナイw
ブッタ斬りは、失敗であり、「切らざるを得ない」ケースが殆ど、つまり、正常な線を切ってハンダで繋ぎ直して試聴なんてアリエナイw
ブログではアリエナイ実験でトンデモ現象が数々ありました・・・つまり、見過ごされている事例が多い
ナルホド、ハンダ漬けで変るんだ、合金バルブがカンタンに出来るワケか・・・・・

興味ある方は是非お試しください

この変化を意図的に思う方向へコントロールできればIN蛇ネ   普通は無理だw



ステンレス用フラックス  ブッチャケ、塩酸w
f:id:arcs2006:20200705125742j:plain
良く洗わないとダメよ ちなみに、電気配線には使うなと書かれているw

インプレ!
f:id:arcs2006:20190112212433p:plain

ナン蛇コレ!

瞬殺・即死・・・・音楽の表現がより正確で段違い! 音の出方が別モノ! 同じハンダで塩酸使ったらコレだわ
電気の伝わり方が変ったろ! としか思えない鳴りっぷり!
コスパにすると、10万円以上の効果がたった1000円以下で可能w ハンダ深杉、ダメだコリャw
導体の表面処理(溶かし)とハンダの浸潤による合金ノズル

バカ逝ってん蛇ネェ~~よ、フラックス変えたダケで、ナンで甲鳴るの?


調子こいて・・・・


魔法ケーブル

f:id:arcs2006:20200705175229j:plain
塩酸フラックスして、鉛ハンダして、銀ハンダをブレンド
f:id:arcs2006:20200705180436j:plain
燃料チューブで絶縁して、マグネシウム棒を押し込んで抱かせる

信じ難い事件が怒る、正に魔法ケーブル

嗚呼、、、騙されたと思って、作りましょうw 魔法でアタマが変に鳴るの保証しますw
オーディオ仲間が居るなら、黙って渡して上げましょう、タブン発狂するハズ


ハンダについて・・・
知識・イメージとして、ハンダの銘柄が最大ポイントだと思ってましたw 銀ハンダのナンちゃらがEEとか
たしかに、銀ちゃんは他に比べEEとは思いましたが、銀ちゃんNO.1かと家ば、鉛チャンもEEよ、混ぜればIN蛇ネ そんな漢字w
フラックスについても、ハンダに入ってるから「必要ないべ」 重要性について考えたコトすらナガッタw

前(下地)処理の重要性

模型製作で行う板金系ハンダ漬けは、前処理が重要なのは体験として知っていました、ツウか、前処理しないと憑かないw
比べて電気工作(配線・プリント基板)は前処理無しでイキナリ半田漬けが常識で、錆びてる線でも無ければ磨いたりしません
但し、鉛フリーハンダは、扱い難く、フラックスを塗って行っていました、しかし、面倒なので、鉛ハンダに戻しましたw
ところが、柄沢氏から前処理の重要性を聞かされ「基本ですから!」と云われ、だったら塩酸でも使うか? がキッカケw

塩酸フラックスは塗装の足付けと同じ

ハンダ漬け促進剤とも書かれており、ハンダの喰いつきが半端ない、合金層の出来がEE
合金ノズル、勝手に書いてますが、単に接続するためのハンダ漬けではなく、流れる電気の勢いがノズルのように変化、凄いの南野w


全ての電線ケーブルに流用可能

ショック&驚いたのは、ダイソーの100円三又ケーブルで劇的大変化が起きたコト、つまり、電線はナンでもEEのよw
材質や銘柄ではなく、ブッタ斬って、塩酸フラックス使ってハンダ漬けすればEEって噺w ケーブルを換えるより遥かに大きな音質向上ですわ
30年前に分かっていたら、オーディオAVの歴史が変ったハズw

効果を整理すると・・・・

情報量が端正に整理され、大雑把・大味なエネルギーが木目細かく、正確に伝わり、エネルギー感はマンマで表現力が段違いに向上
厚みのある音楽で、低域の押し出し・圧力は見事! 中高域は超分解して部屋に散乱し捲る、音場感はバツグン!

ダイソーの100円三又ですぜ!   魔法ですわw


バカ逝ってるデショw 書いてて怖いわw
フィルター作る人なら、全ての電線で流用可、スピーカーケーブルならニッパで切ってハンダ漬けすればOK、USB・LANケーブルを切るのも面白そうw
もしかスンと・・・ユニバーサル基板でシリシリ作るって、、、同じコト蛇ネw