ハンダ合金ノズル効果

知らんかった・・・・
f:id:arcs2006:20200703211248j:plain
f:id:arcs2006:20200706091102j:plain
f:id:arcs2006:20200706091251j:plain
フラックスに依って合金層の出来方が変る

導体(銅)の表面処理は塗装で云うサーフェーサーや足付けと同じ、見た目同じでも境界面(合金層)での喰いつきで、ノズルが形成される
つまり、ハンダをナニ使うかではなく、前処理でハンダ漬けのクオリティーが決まり、音質・画質が決まる!
ハンダ漬けは、導体の前処理で決まる

塩酸フラックスは劇薬!
  f:id:arcs2006:20200703214806j:plain
電気配線には使うな、って書いてあります、ハンダ漬けの後、よ~く洗って(手も)くださいね、横着して如何鳴っても知りません、最もヤレばワガルので・・・・


今迄、ハンダはナニがEEとか、コテはコレを使えとかバッカでしたが、見当違いだったw
ハンダと導体の境界面での喰いつきが全てでしたw よ~く考えると、、、基本でありアタリマエな噺w
f:id:arcs2006:20200706095216p:plain
絞ったノズル部分が合金層、電子の流れが大きく変わる

全てのケーブルに使える、ハンダ漬けで大場家w
不思議なのは、シェルリード線も想ですが、たった1カ所(ダイソー三又)で激変するんよ、沢山使ったら如何鳴るかね・・・・たぶん、長野の大工さんが・・・だよなw



圧着と半田漬け

深く考えたコトありませんでしたが、答えがでましたw
圧着には合金層が無いので、接触抵抗は相当低いがノズル効果は期待できませんw
ノズルがEE(好き)か悪い(嫌い)か、論争に鳴り想ですが、塩酸フラックスでハンダ漬けすればスグ結果が出るので、お好きにお選びください
電源ケーブルダイソー三又)でこの違いですから、信号ケーブルで行えば・・・・デショw
手間は掛かるが、コストは掛からないのがEE、激変して誰でも遊べるし、色々考えるキッカケにも鳴るw
ノイズ対策とカテゴリーが違いますが、表現力=「感動」直結ですから、書かなくてもワガルと思いますw


ヤル事が増えたのが困りモン


只、ハンダ漬けするのは誰にでも出来るし、プリント基板系は全て自動ハンダ漬けが行われている
ハンダ=接続としか考えていませんでしたw 技術的に巧いヘタはありますが、余程の下手糞でない限りで、ハンダ漬けで音質劣化は起きませんw
言い換えると、ハンダ漬けが巧いから高音質だとも云い難い、つまり、ハンダ漬け蛇ナンも起きないw 電気が通って終わりw
そんなモンだと思ってましたが、ハンダで音が変わると逝って銀ハンダを採用したとき「ナルホドねぇ~~」つうレベルでしたw

只、ハンダ漬けしてもナンも怒りません  怒るワケがないw


フラックスがコレ程大事だとは考えもしませんでした



***作り方****
f:id:arcs2006:20200706191407j:plain
ケーブルを切って被覆を剥きます(長めが良い)
ワザワザ電線を切ってハンダ漬けで繋ぎ直す・・・・アホらしい、こんなコト普通はしませんw しないから気付かなかったw
f:id:arcs2006:20200706191454j:plain
互いに捩って繋ぎます
f:id:arcs2006:20200706191541j:plain
ステンレス用フラックス(塩酸)を滴下
時間に関してデータは無く、最適は分かりませんが、30秒位放置・・・・今後の課題w 興味ある方は実験しておせ~てw
f:id:arcs2006:20200706192134j:plain
鉛ハンダで漬けて、銀ハンダで追い漬けしてブレンド
十分に水洗い(パーツクリーナーも可)して完成


其れが如何した?
オチョクった噺デショw 白須に騙されたと思って試してくださいw 銀ハンダ無しでも十分に効果でますよw
貴方のハンダ漬け&ケーブルに対する認識が 「ドッカン!」200% 変るコトを保証しますw

ノズル効果で遊んでくださいw

体験されれば、下の動画の意味がワガルよ  まさにこんなイメージw

メタン/LOX 60kN級ロケットエンジン試験(水冷燃焼器)Static fire test of 60 kN class engine for orbital launcher “ZERO”

f:id:arcs2006:20200706180651j:plain
多段ノズルはメチャ効きますw   流石、勘がEEネ
f:id:arcs2006:20200706190846j:plain
f:id:arcs2006:20200706200926j:plain

長野青年部は勝手に突っ走ってますw


次はピンケーブル勝負の下準備
ハンダ漬けを掘り下げたら、案外早く鉱脈にブチ当たったw 鉱脈は塩酸フラックスなのは其れとして、ピンケーブルを塩酸フラックスでハンダ漬けしましたw
単純でツマンネ、勝負ですから勝つのは当然として、圧倒的・ブッチギリで勝たなアカンよね・・・情報公開して進んでますが、実は其れが戦法でして
イデアは秘密より公開した方が強いのよ、何故なら、公開したら相手はその手を使えないデショw つまり、公開とは防御(アイデア封じ)ですわ
マネして、同じアイデアで勝っても其れは「勝ち」とは云わないw 後だしジャンケン
あくまで、事故満世界ですが、、、考えて遊ぶオーディオAV、オモシロイですよw
「勝ち」とは云わない・・・・コレは白須の個人的価値判断で、勝負は第三者が判定しますw そうしないと、お手盛り合戦でオモシロクないw
老害気味な戯言ですが「最近、昔と比べて考えて(掘り下げて)遊ぶ連中が減った!」