多段・ハンダ合金ノズル

実は、、、大変な事態が発生しています・・・・

ダイソー三又ケーブルを切って、塩酸フラックスで鉛ハンダ+銀ハンダWithマグネシウム、余の変化にビックリ仰天
だったら、マジでヤルか・・・・大元から末端機器に至るまで、多段・ハンダ合金ノズルを付けてみましたw
ブッチャケ、ニッパでケーブル切ってハンダで繋ぎ直すダケ・・・・こんなコトして意味あんのかよ!

メタン/LOX 60kN級ロケットエンジン試験(水冷燃焼器)Static fire test of 60 kN class engine for orbital launcher “ZERO”
変化・改善レベル5

白須のオーディオAVキャリア(45年)の中で、最大級の変化・改善が怒りました!

最初はナニが怒っているのか理解できず・・・・茫然w   CDプレーヤーですよ

一言で書くと・・・・

Dレンジが10倍!

ナニを以て10倍なのかは説明出来ませんが、10倍ですわ・・・スンゴイのよ
ノイズ対策に依る繊細感はそのままで、TOSバーストを遥かに超えた弩級エネルギー感+表現力!


あのな、、、ハンダ漬けの噺だぜ!   フザケンナよ! いい加減にしろよ!

真面目に書きます、まさかこんな処に求めていた核心があるとは考えもしませんでした、柄沢シェルリード線で怒る現象を体験できます
ハンダ漬けは接続手段であり、圧着・コネクターと電気特性は同じデショw 普通にハンダ漬けして圧着と比較試聴して聴き分けるのは至難のワザですわ
耳のEEヤツは出来るかも知れませんが、だから如何したの? ご苦労さん! そんなレベルです
ところが、前処理(塩酸フラックス)によるハンダの喰いつき具合でノズルが形成され、電気の流れ・勢い・速度が激変、音質・画質が根本から変わります
ケーブルを敢えてカットしてハンダ漬けで繋ぎ直す、ハンダ漬けの出来次第で電気の流れが大きく変わる、其れはDレンジの拡大、表現力が大きく変わる!
聴覚の基本は、相手の会話の聴き取り、コミュニケーションですわ、会話から相手の「気持ち」を聴き取る能力、つまり中音域の分解能
Dレンジ10倍=中音域のパフォーマンスUPが堪りませんw


音質・画質と書きましたが、画質はコレから
多段・ハンダ合金ノズルの変化量はレベル5ですから、その衝撃はデカ杉で「ナニこれ、ナンなの?、ヤバ杉だろ・・・」音質を理解するのが手一杯・・・・
怖くて絵が見れない・・・・長野ではTV見て「別モンだ!」ってヒックリ返ってるヤツが1名ホド、160インチはコレから・・・・
其れと、果たして、ケーブルを切る必要があるのか、塩酸ぶっ掛けてハンダ・ブレンドすればIN蛇ネ
f:id:arcs2006:20200706192134j:plain
如何考えても、塩酸による表面処理と半田合金の関係としか思えんわ
電気配線のハンダ漬けに、塩酸は絶対に使わん、何故なら、塩酸が残ると線が腐っちゃうから・・・・・使用禁止と書いてあるw
塩酸フラックスが手に憑いて、その手でメガネ外したりしたら顔が痛いし、使ったウエスは放置するとボロボロに鳴る、スローだけどキツイのが塩酸
言い換えると、洗浄法さえ確立できれば、塩酸フラックスが使える


f:id:arcs2006:20200708201128j:plain
より線の途中で被覆を剥がし、塩酸フラックスとハンダ・ブレンド
より線同士は接点なのか? 電子蛇ないので分かりませんが、ハンダで一体化するのは確かだし、ハンダ合金部を電子が通過するのでノズルに鳴るか?
f:id:arcs2006:20200708201147j:plain
接点と家ば、コンセント・プラグだべ、ハンダ&ハンダ合金がノズルだとすれば、コレでOK


コレで逝ければ・・・楽なんすが
タブン大丈夫とは思うんですが・・・・整理できていませんw


オーディオA級ライセンス
f:id:arcs2006:20050626081727j:plain
70年代、オーディオ機器の基板配線はワイヤーラッピングが多用されていました、ラッピングの方法や実装技術には詳しくありませんw
長岡鉄男のオーディオA級ライセンスの一説に、ラッピングは全てハンダ漬けしなさい! と書かれていましたw
当時から改造大好きでしたから、ワケも分からずハンダ漬けしてましたw  ようやく整理できそうw


整理すると・・・
ハンダ漬けはピンキリだと初めてワガッタ!
芋ハンダ(接触不良)から普通にハンダ、そして、ガッツリ合金によるノズル形成まで・・・・
普通にハンダして、憑いてれば皆同じだと思ってましたから、相当なショックですわw
ハンダで変化・改善がレベル5なんて、大抵の人は信じないと思いますが・・・・  ホントです!
白須も昨日まで信じてませんでした(爆)
音質・画質を決定的に左右する部位はナンなのか? 回路・部品・スペックなのか? 大きな要素として電源ノイズ(昔は無かった)が感動と大きく関係
ノイズ対策さえすれば後なナンでもIN蛇ネ、乱暴なアイデアでしたが、もう一つ、配線接続の仕方が大事だとワガッタ!


つうワケで・・・合金を作ろう!
合金を作るつもりで、ハンダ漬けしたワケ蛇ない、知らぬ間に合金ができていた、そんなレベルですわ
だったら、合金作りましょうよw

f:id:arcs2006:20200709083044j:plain
銅を溶かす塩酸フラックス     一晩放置でこの様w

表面を綺麗に、そんなレベルじゃない、溶かしてしまうホド、松脂フラックスとはワケが違う、ハンダ漬け促進剤ですわ
去年作ったラバノズ・アダプターは、各種導体をハンダ漬けで一体化したヤツですが、塩酸フラックス使ったら様子が変っていたかも・・・・
ラバノズ・アダプターはピンケーブル用でしたが、電源ケーブルを作ったら如何鳴るか?

鉛インゴット・10円硬貨(青銅)100円硬貨(白銅)で電源パワーノズルを製作

プロジェクター大元TOS(200V)の渡り線に使うと如何映るか?  事件は怒るのか?