最期にして最大のシリーズ電源

ダブルブリッジ整流
f:id:arcs2006:20200820214156j:plain
今更な整流方式、如何スンべ・・・・ダブルブリッジ整流は知りませんでしたw 30年前は無かった・・・
回路設計は知恵の輪、私の場合、シンプル最優先、部品を減らす、兎に角減らす、減らしてナンボでしたw
しかし、、、最期にして最大のシリーズ電源を組むに当たり、ダブルブリッジ整流を選びました(爆)
理由は、ダイオードの数を増やしたいから
ダイオードはNフィルター(特許)ですから、多いホドEEのよw ダイオードは減らしちゃダメw シツコク・シツコク、ダイオードを使うのがEEw
ダイオードの銘柄・特性について書くと、30年の経験から高速ダイオードがEEとは思いませんw ブッチャケ、都市伝説に近いw
整流ダイオードの違いによる音質差は妄想ですわ、少なくとも白須レベル蛇ワガンネ!
ダイオードがノイズを出す噺も同じw ダイオードがノイズを出すのではなく、元々のACにノイズが重畳してたダケ、ダイオードはEE迷惑w
検波目的なら、高速ダイオードはEEと思いますが、ノイズ吸収を狙うならVfの大きいヤツ(LEDと同じ)がIN蛇ネ・・・・


GNDとアースの違い

整流回路を見ると、GND(0V)の表記があります、片や、アース(地球・大地)と読んだりします、一体ナニが違うの???
ノイズ対策と称して、仮想アースとか、地面にアース棒埋めて事故満アースとか、色々あります、大抵の人は混柄ってません?
大地にアース棒埋めて、機器のケースと接続してノイズ対策(音質・画質向上)に鳴ると思ってる(教えられた)なら、間違い!
そんなコトでノイズ対策に鳴るなら、10年以上も苦労しません(爆)
AC100Vに重畳(混ざって)しているノイズが減るワケがないw そんなモンが実現したらノーベル賞だぜ
電気は電圧が高い方から低い方へ流れる(水と同じ)、だから漏電して感電しないために洗濯機を水道管へアース(大昔)しますが
ノイズ対策とは全く関係ない・・・・都市伝説の類、信用しては逝けませんw
そして、AC100Vコンセントの一方がアースへ接続されてますが、オーディオAV機器のケースはアースとは絶縁されてますから
接続しても高低差は殆ど無く、電気は流れませんw 但し、トランスの絶縁等が甘く、ケースにAC電位が有る場合があり、その時は有効w

噺を戻すと・・・

整流回路のGNDとは、DC電圧の0V基準点  アースと混同してはダメw


そーだろディスタンス!

f:id:arcs2006:20200821221456j:plain

トランス・コイルと信号回路(基板)が近いと、飛沫ノイズ感染!
このアンプに恨みが有るワケ蛇ありませんw 余りにも典型例であり、その音もマンマなので紹介、当時は挙ってA級様の時代だった・・・・w
非力・熱い・繊細感無し・・・・メチャ悲惨(コレに限らず)でも誰も批判しなかった(爆)コイツのトランスを外に放り出したら・・・・
A級がダメとか、モコモコして繊細感無しとか、家るワケがない、当時(90年代初頭)はバブルでしたからw

オーディオAVで三密は諸悪の根源!
f:id:arcs2006:20200822062832g:plain
偶然?ですが、オーディオAV機器の内部でもマンマ当て嵌まりますw
補足すると・・・・DC系はOK、AC系は三密厳禁
バッテリー(電池)DC駆動の機器は三密ホド高性能(例えばスマホ)、ところが、AC100Vで動作する機器は三密ダメだわ
特にトランス系及びAC配線の近くに信号回路があると、飛沫ノイズ感染が怒り、微小信号が消えちゃうw  FAN・モーター系も同じデショw
この噺の越智は「SW電源がEE」・・・・確かに想ナンですが、元AC100Vが汚いからダメなのよw
だから、SW電源にTOS憑けるとEEって噺ですが、TOSの設置場所で変って来るw

ACは磁界が発生するからダメなのよ  飛沫ノイズを撒き散らしているw

例えば、自作DACはケースに蓋できない、完成して調整してバッチリ! 蓋(密閉)した途端に細かい音が・・・・
スピーカー・ネットワークも同じ、BOXの外で組んで、試聴・調整してバッチリ! BOXの中(密集)に入れたら・・・・アジャパ~~
レコードプレーヤーで噺すると、ダイレクト・ドライブはモーターとカートリッジの距離が近杉(密接)だから良くないw 考えればスグにワガルw
特に、強力モーターを売りにしてるヤツは・・・・問題蟻、正確な回転の追求ダケならダイレクトに勝る方式はありません
しかし、強力モーターの間近にカートリッジ(発電機)が来ると、モーターの回転ノイズに影響され、結果として微小信号が掻き消されてしまうw
もちろん、そんなコトはメーカーもワガッテおり、影響されない様に四苦八苦していますが、影響0にはできないのよw
ブッチャケ、比べなければ・・・・の世界ですが、聴覚は高性能ですから、知れたら最期・・・我慢できないw
ベルト・ドライブの方が、繊細で優しい音に鳴る理由ですわ、ヤマハがダイレクトからベルトに変えたのはアッパレ!
レコード再生は、悪路(音溝)走行みたいなモンですから、強力モーターをクオーツ制御でグイグイ回すと、パワフルサウンドなのは確かですが
副作用として・・・・繊細感が、、だったらベルトがEEかと家ば、回転制御が甘さが音に出るw この辺の噺は、誰も正直に書こうとしないw
だから、パワフル&繊細&正確を両立させ様とスンと、大掛かり(高価)に鳴っちゃうのよw

私が自分専用の自作でケースを使わない理由がコレw
ブッチャケ、四六時中弄り回すので蓋できない(爆)

一例を挙げると・・・
f:id:arcs2006:20200822174549j:plain
Amazonで売ってる最新DACの基板写真、超良く出来ていますが・・・ナンと基板上に電源トランスが憑いてるw
三密処の騒ぎ蛇ないw 濃厚接触でノイズ感染しちゃうw トランスとの同居はマジでムズイw
サブのDACを新調しようかな? 色々見ましたが、最近のDACは電圧が低い上に同一基板に電源トランス、、、残念ボツですw
f:id:arcs2006:20200822180625j:plain
裸のトロイダルが置いてある・・・・最悪w
回路が分からなくても、電源トランスの位置で性能が知れてしまうw 購入時や自作したり改造する方はご参考くださいw


2個で25Kg
拘りのオーディオ・アンプですから、普通ならオーディオ専用トランスを特注してアタリマエでしたが、電圧高めで設定すると汎用トランスが使える(使いたい)
低磁束(定格の半分)で使えば、其れ自体がオーディオ専用品と同じですから、ハイコスパを狙えるw
この手のヤツは、磁束(ノイズ)がバンバン出るので、FMシートで包んだ上で、トランス自体を信号回路の近くに置かない(離す) もし啼く様でれば、砂に埋める
トランスだけで25Kgですから、アンプ総重量は100Kg級、どんなモンよw ブッチャケ、このクラスのトランスを使うアホは居ないので、基地外級決定!
f:id:arcs2006:20200822090229j:plain



AVアンプの消滅・絶滅

残念ですが、事実上AVアンプは消滅・絶滅しました、コロナ禍(生産休業・停止)がトドメを刺した様です・・・・
オンキョー・パイオニアは消滅、デノン・マランツは品薄、ヤマハの一人勝ち? 総負け、ユーザーの選択肢は殆ど無い
AVサラウンドが廃れたとも家ますが、内情は単純に「音が悪いから」だと思います
全て電源ノイズが起因していますが、大画面デジタルTVが自虐的に放出する逆流ノイズは相当酷い・・・・
ブッチャケ、普通にTVを購入して、壁コンセントに挿してTVを見ると・・・アナウンスの明瞭度が低く、小音量だとナニ逝ってるかワガンネ!
この段階で、TVは映ってるダケ、オーディオは内容が分かればOKと鳴ってしまい、音を楽しむとは無縁、ベースがコレ蛇、AVアンプ処ではない
音楽番組が極端に減っているし・・・
アナウンスは、中音域ですから、スピーカーが最も得意とする帯域なのに、、、良く聴こえない、最近特に悪化している・・・・昔は音良かったよ!

ナンで誰も云わないの?

音が悪い! EE/悪いと鳴ると、主観・好みに左右され想ですが・・・

問題は、ハッキリ聴こえない!

普通に聴こえるケド、もっと良くしたい、そんなハイレベルな噺蛇無い!
TVの音が悪いと、その先に進めなく鳴る、スピーカーを良くしたいとか、AVアンプを買おうかとか、興味すら持って貰えないw

この場合、一般的にはTVのスピーカーが悪いと捉えてしまう、仕方ない側面はありますが・・・・
其れはあくまでシロートさんの場合であり、業界人や少なくともプロなら、スピーカーが原因ではないと誰でもワガル! だから厄介!


悪いと分かってるのに、誰も云わない!
オーディオAV趣味のベースはマニアではなく大衆ですわ、大衆は正直ですから「喰って不味いモン」は売れない、廃れて当然、業界は見て見ぬ振り
雑誌は相も変わらず忖度三昧で「ベスト・バイ」とかしてるし、マトモな神経とは到底思えない!
ブッチャケ、ナンで音が悪いのか? くだらない比較は出来ても、音が悪い原因についてはスルー、不味いモン同士を比較して「こっちがマシだよ」バカだろw

叫んでも変わらないので・・・止めます

ドルビーアトモスが悪いとは思いませんし、良くぞココまで! そんな思いですw
ブッチャケ、電源ノイズを抑えれば、AVサラウンドはスンバラシイ! 現用リファレンスはドルビー・プロロジック、パナ9000はマルチTOSのステレオPCM
シームレスなサラウンド感バリバリ! 見事と云う他ありませんw
ドルビー・プロロジックは、マトリックス・サラウンドですから、原点回帰ですわ、長岡先生は草葉の陰で笑ってるハズw

AVサラウンド・リファレンスは如何有るべきか?

読んでの通り、AVアンプが消滅すれば、マトリックス・サラウンドへ回帰する他ないデショw
廃れると悲惨・・・・新規開発はストップ! 在庫処分でお終いw AVアンプは貴重品に鳴るw
2020はオーディオ終焉だと思ってましたが、一足早く、AVサラウンド終了!

ステレオ&マトリックス・サラウンドへの回帰が始まる

サラウンドの第一歩は電源ノイズ(特にCMノイズ)対策に尽きます、ノイズを放置してサラウンドはアリエナイ
サラウンドは、LーR(R-L)の差信号、つまりステレオ(広がり&立体感)成分で全て決まります
L・R同信号はモノラルとして左右のスピーカーの真ん中(センター定位)から聴こえ、音量差で左右の位置、広がり感は差信号です
差信号は音量差+位相差が含まれ、脳が錯覚を起こし、サラウンド感として楽しめます
本来なら、ステレオだけでOKな噺ですが、サラウンド・スピーカーで差信号を再生し、強調させるのがマトリックス・サラウンド

CMノイズは差信号を掻き消す

ブッチャケ、永い間分かりませんでしたw
マトリックス・サラウンドは60年代から存在し、昔のステレオセットには、サラウンド(リア)スピーカーが憑いてましたw
サラウンド方式も複数あり、言い換えると、皆さんサラウンド(広がり感)が好きだったのよw 脳の錯覚を楽しむ遊びですから当然ですわw
その後、硬派なピュアオーディオ(2CH)が流行り、サラウンドは邪道・・・・そんな流れ
80年代、AVシステムが注目されると、ドルビーがプロロジック(電気回路でマトリックス)を出したw
そんなモンより、スピーカーマトリックスの方がEEよと逝ったのが長岡鉄男(長岡先生)です、ブッチャケ、もの凄く良く鳴ってましたw
初めて、方舟に伺い、イキナリ聴かされたモンだから、アタマが変に鳴り、人生が変ってしまった(爆)

マトリックス接続はアンバランス(アンバラ)アンプが必要で、バランスアンプはアンプが壊れる、アンプに詳しければ問題ありませんが
知らずに接続して壊したり「バランスアンプの方が優秀だ」叫んだヤツが居り、マトリックス・サラウンドは長岡教信者専用? そんな流れ
そして、アンプに依ってサラウンド効果がマチマチで、良く鳴るアンプと駄目なアンプが存在し、良く鳴る代表はHMA9500でしたw
スピーカー結線だけ行うマトリックスなのに、アンプが違うと効果が違う・・・理由分からずワケワカメ、結局9500にスルしかナガッタw

そして、時間と共にサラウンド効果がズリ堕ちた

アンプを選ぶ上、サラウンド効果がズリ堕ちですから堪りませんw
このズリ堕ちがクセ者で、徐々に低下するので、馴らされてしまう・・・・何時の間にやらマトリックスの評価はイマイチ・・・・
インストーラー駆け出しの頃は、全てマトリックスでしたが、効果が下がり、ドルビーデジタルの登場で乗り換えましたw
ところが、ドルビーデジタルもズリ堕ちするんよw いつの間にか、イマイチ・・・・DTSナンチャラはじめ、ロスレス登場とか色々ありましたw

そしてこの様!  AVアンプ絶滅!

サラウンド効果下落と電源ノイズ増加は表裏一体

5年程前ですか、フィルター開発中にマトリックス・サラウンドを試したところ・・・
f:id:arcs2006:20190112212433p:plain

余の大変化(大向上)に唖然!
ワケワカメな原因は「こんなコトだったかよ!」当時はCMフィルターを重視していたので、整理し易かった(「整流どん」の前)
アンプに依って違う(脆弱性の違い)とか、時間経過でズリ堕ちるとか、全て説明が憑きスッキリ!
その後、そして現在は大量のTOSはじめ、フィルター大リストラに依り、サラウンド・クオリティーは絶品!
驚異のパフォーマンス、そして、AVシステムで音が如何に大事か思い知らされた!


ブッチャケ、音が悪いと見てられない! 音がEEから見る気に鳴る!

LADY GAGA, ARIANA GRANDE, & DUA LIPA - Rain On Me / Don't Start Now (Mashup)

もちろん、画質も大事ですし、奥深い世界ですが、プロジェクターのフィルター強化で音が良く鳴り、画質も向上! 正に表裏一体
永きに渡り、電源ノイズは増大し、デジタル映像でプロジェクター・TVが盛大にノイズを吐き出している、地デジ化で、AVサラウンドが死んだ
2007に初めて720Pビエラ(地デジ)を買いました、第一印象「音が悪い」「良く聴こえない」当時は、ナンでココまでスピーカーをケチるかネ?
其れ迄の経験から「TVの音は悪くない」でしたから・・・・ブッチャケ、ローエンド・モデルでしたから「仕方ないかな・・・」
2009から静電気対策(JODEN)を始め、TVの音質・画質が向上し、フィルターも色々憑けて満足してましたが・・・・
2019に中華4K・75インチを購入して「唖然!」フィルター&スピーカーはマンマ、TVはモニターとして使用ですが・・・音が悲惨w
特に小音量だとアナウンスが外国語に鳴り、聴きとれない・・・・フィルターテンコ盛り&突発性難聴も手伝って、相当良く鳴りましたがw

画質スペックが向上すればスルほど、音が悪く鳴り、AVシステムの魅力が消えてしまう・・・・

大画面TVは安価に鳴り、AV天国出現かと思いきや・・・・AVアンプは絶滅しちゃった
業界人がコレ見てるか知りませんが、説明の憑かない矛盾が溢れているケド、誰も矛盾に対し疑問を持たない