電源フィルターって必要なの?

電源フィルターって必要なの?

電源フィルター = 浄水器  分かり易い例えとスルならば・・・・

都会の水道水と山の湧き水で考えると・・・・山の湧き水に浄水器噛ますアホは居ないデショw
悪条件だから、フィルターが必要で、好条件ならフィルターは要らない   だよねw
不幸にも悪条件下の境遇に対し、より良い、つまりハンデキャプ解消の手段として、フィルターを開発して来ましたw

もしかスンと違うかもw

地域によって全く違う電源ノイズ事情と何度も書いてきました、そして、同じオーディオAV機器で「ナンでココまで違うかね」2008辺りから認識し始めましたw
得てして、都会・都市部・住宅密集地はノイズが酷い、結果として、オーディオAV趣味が廃れてしまった、感動(ワクワク)できないからネ
30年前、都会と田舎では音が違うと云われてましたが、ブッチャケ、都市伝説に近く、少しは違いますが、、、大差なかったw 現代は、天と地ホド違う
原因は、AC100Vの変質だと仮定し、静電気対策から始まり、AC100Vノイズ対策(フィルター研究)へと進んできましたw
10年掛かりましたが、ノイズフィルターは完成し、其れ鳴り・映りで満足していますが・・・・満足を整理スルと、昔に戻ったダケ

フィルターは必要悪で、綺麗な電源なら必要無いのか?

この問題に直面w 理由は、15年放置プレーだった親父の別荘(山梨県北杜市・1990~)を春から整理・清掃・レストアしてつくづく実感中w
其処は別荘地ではなく、田舎の集落の外れ・・・・好条件? ところが、ナンと太陽光発電所(近年造)と隣接、同じ電柱から配電されているw

ゲゲゲの鬼太郎

この後、如何鳴るのか・・・・お楽しみにw