「七人の侍」と最新TVの共通点

8Kデジマスして、日本語字幕を付けて!

Seven Samurai (1954) Trailer #1 | Movieclips Classic Trailers

七人の侍 特報+予告篇

昭和29年、世界中で最も有名な日本映画だと家ますw 内容について、今更私が語るのは烏滸がましい
只一つ家るのは、世界中で大ヒットしたのは、外国映画だから、つまり、字幕スーパーが入るので、日本人が見るより深く理解できたからデショw

七人の侍は、何度見ても(聴いても)台詞の細部が聴き取れない!

芝居が素晴らしいので、大勢に影響は無いですが「今、何て逝ったの???」が随所にあり、見ててストレスが溜まるw
外国人が見れば字幕スーパーがあるので、芝居+字幕でより深く理解できるハズw 皮肉な噺デショw

同じ噺が最新TVでも家る

兎に角、TVは音が悪い! 音量上げればウルサイ、下げればナニ逝ってのかワガンネ!

この問題、相当重症で、ホームシアターが廃れた第一原因だと考えています
大型TVがドンドン安価に鳴るのは大歓迎ですが、只デカいだけで、見てナンも漢字ないし、見る気に鳴らないw

音が悪いからw

白須的には、原因は電源ノイズですよ(一言)ですが、其れはさて置き、ナンで誰も云わないの? 変だと思わないの?
ブッチャケ、今やシアターバー・スピーカーすら売れないデショw つまり、問題の根本原因はスピーカーの性能では無いのよw
メーカーも馬鹿蛇無いから、色々努力してるハズ・・・しかし、電源ノイズをスピーカーで解決するのは  無理!
メーカーが電源ノイズに気付かず、、スピーカーの性能を上げて解決しようとスルと、ドツボに嵌る・・・・
特に今の季節、乾燥すると(付帯音が憑いて)手が憑けられない・・・・



オマケw


=荒野の七人 The Magnificent Seven=エルマー・バーンスタイン、Elmer Bernstein


TVサウンドは、最新デジタルサウンド蛇ネ、、、所謂、活舌が悪いでは済まされないw
活舌が悪く、ナニ逝ってんだかワガンネ! 活舌=スピーカーだと思われ勝ちですが・・・実は全く関係ありませんw
何故なら、スピーカーは中音域(ボーカル帯)は最も得意で、人の聴覚は会話スル関係から、中音域(ボーカル帯)で能力が高い
スピーカー再生が難しいのは、低音と高音であり、中音再生はカンタン! だから、活舌が悪い原因はスピーカーの性能ではありませんw

矛盾デショw

しかし、矛盾を矛盾だと誰も思わないw
昭和29年のマイクや録音機材ならアリエル噺ですが、2020年ですよw
ナンで同じ問題で悩まなアカンの?

昭和29年との大きな違いは、雑音が皆無なのに聴きとれないのよ、アリエンだろ! 全く進歩していないのと同じ蛇ネ
音に比べ絵はベースがフィルム(静止画)なら、レストア技術の進歩で当時以上の出来映えが可能ですが、、、音は、特に会話の明瞭化は無理!