自作アンプEEたい放題w

自作オーディオ登竜門はスピーカーで、次がアンプ
各人、得意分野があるので、自作PCやDACとか間口が広がりますが、最終出口のスピーカーとアンプは外せないw

長岡教ですから、スピーカーと家ば「男は黙ってバックロード!」 決まってるデショw
スピーカーが決まれば、アンプを如何スルか、、、だよねw コレも選択肢は無く「MOS・FETデショw」
お決まりコースで迷うコト無く、MOS・FET一直線で進みましたが、30年前に「バァ~~ン!」脱線しましたw
勇んで自作アンプ対決で武者修行しましたが、、、返り討ちに遭い、五里霧中へ迷い込んだw
教祖、長岡先生は当時、MOSFETを絶賛しており「MOSFETならEEのネ!」ガッテン!(爆) 若くて単純でしたからw
結果・・・「良くワガンネ!!!」
当時はアマチュアでしたが、その後、シアターインストーラー(プロ)に鳴ったお陰で、市販アンプ聴き比べ放題で、メチャ貴重な経験をさせて頂きましたw
通信機設計エンジニア・自作アンプマニアの経験を基に、市販アンプを設計面と試聴から音質を分析しながら、聴き比べましたw
知りたかったのは、音のEEアンプの根源はナニ?
自作アンプの大先生は多く居らっしゃいますが、大抵はワンパターンで同じヤツしか作りません、虎と球を愛するバイセクシャルは極少数ですし
ましてや、自作アンプを作りながら、市販アンプを試聴してその違いを分析するヤツは皆無、自作現役ではありませんでしたが、経験を基に楽しませて貰ったw
30年前に脱線喰らって、定説・知識・常識が通用しないとワガッタ!
大事件は、マランツ6100でしたw
回路・部品・トランジスタ(虎)・真空管(球)では決まらないし、判定要因には鳴らない

唯一断言できるのは
シンプルがEE
人は賢く鳴ると、技巧に走るクセがあり、ついつい複雑化してしまうw
例えば、スピーカーはフルレンジ1発がベスト! 断言できますが、メーカー製は皆無に近いw 「ナンでよ!」デショw
最大原因は、偉そう・高そうに見えないから、そして突っ込み処満載で、欠点並べて破折三昧できるのよw 買うのはシロートさんですからw
理屈並べれば「ヤッパ、フルレンジじゃ無理かも・・・」だよねw とは家、JBL4343みたいな傑作もありますからw
シンプル・伊豆ベスト、なんてEEますが、シンプルは欠点丸出し! そして、欠点が目立つ(気に鳴る)のよw
必然として、欠点を隠そうとするのが人情ですわ
だから、人はクレバーに鳴ろうとスルw 結果として技巧に走り、複雑化してまうw
だから、戒めとして「シンプル伊豆ベスト」と語り継がれて北
つまり、シンプルは、欠点に目を瞑る決意が必要w

シンプル = 決意 = 哲学

ベストだからカンタン、ではなく信念・哲学が求められる(爆)
ココがムズイ点で、工夫とは違うのよw
経験からお話しすると、欠点が目立つと書きましたが、実際はそんなに目立たないのよw 気持ちの問題w

スピーカーに憑いて書くと「バックロード」は欠点の塊w ヘタすると全否定モンだろ!(爆)

四段噛ますと・・・

リファレンスの富士山(富岳)は5Mのホーンのバックロードですわ、賢い方なら、ホーンの音が一拍遅れて聴こえると云うハズw
ナンですが、実際には怒りませんw つまり、賢い様で見当違いですわw 良く考えればスグ分かりますが・・・・
AVアンプの設定でスピーカーの距離を最小にと書きましたが、同じ考え方で、冷静に考えれば・・・だよねw

工夫との違いは・・・・
シンプルがベストで工夫はダメ、違うのよ!

工夫とは欠点が明確に鳴って初めて考える解決策であり、先回りして欠点を予測し問題視するのとはワケが違うw
特に低周波電子回路設計の場合、事前に問題視してフォローするヤリ方が主流で、虎1個でアンプが出来るのに、オペアンプの方がEEと思い込んでしまうw
思い込んでしまえば、容易に改宗できないので、ドツボに嵌り回りが見えなく鳴ってしまうw
アンプとは、只の増幅回路ですから、シンプルでEEのよw 得意の虎1個アンプですが「歪みが多いネ」と云われたコトは一度も無いw
通信機(高周波)のアンプは、虎1個が常識で「ナンでオーディオ・アンプは複雑なの???」「虎1個でIN蛇ネ」
逆に、虎1個アンプで個性的な音が出せればオモロイと考えましたが・・・・「其れもナガッタのよ」 そんなワケで五里霧中ですわ
 

認識を大きく変えた「真空管プリアンプ」

永らくリファレンス・プリはMOS1個で、不満ありませんでしたw
6100にいい加減飽き、サブ・システム(試聴会用)用にAmazonで真空管プリアンプ(¥5000-)を買って転機が北
クリアーで雑音も少なく、音が活き活きと鳴り、抜けがEE「こんなんでEEのかよ・・・・・」眼中に無かった、、、ブッチャケ、ショックでしたw

偶然ですが・・・電源トランス外付けが決定打! 遠くに置く意味がワガッタw

6100も想ですが、電源トランスの位置・向きがポイントでは??? 考えていましたが、ケースの外に追い出すのがイチバンw
オーディオ機器でケース内で偉そうに電源トランスがふんぞり返る(ドヤ顔の)ヤツは、全部ダメ野郎だと思ってくださいw
          f:id:arcs2006:20210128170048j:plain

                  供え餅かよ!

             f:id:arcs2006:20210128170909j:plain
               f:id:arcs2006:20210127094730j:plain
             ご愁傷様、コレ蛇余韻とか宇宙語のアンプですわ
確かに馬鹿力があり、魅力的に見えますが・・・・アメリカン?大味なのよw 何故か細かい音が消えちゃう、、、最初は分かりませんが、6100聴くと愕然!
こんなの使うマニアに6100を薦めても、鼻で笑って見向きもしないw だから余計に悪循環して悪音ドツボに堕ちるw
f:id:arcs2006:20210127092723j:plain
トランスは宿命的に電磁波を撒き散らし、オーディオ回路が電磁波喰らうと、痺れて微小レベルの信号が消えちゃうw
オーディオ回路から見ると、電源トランスは迷惑モンなのよw でも必要デショw だから、遠くにバイバイするのがEEw
電源トランスはAC回路、オーディオ回路はDC回路、カテゴリーが違う上、トランスは不要輻射(電磁波公害)の元凶ですわ
ケース入れればOKなワケなく、気休め程度だと思ってください、聴覚は超高性能ですから聴こえちゃうのよw


中華DACを例にすると・・・
f:id:arcs2006:20210128183012j:plain
AC100V(電源トランス内蔵)のDAC

f:id:arcs2006:20210128183046j:plain
DC入力(電源トランス無し)のDAC

細かい音が良く出るのは?

電源トランスが蕎麦に有る・無しは大きな問題なのよw
下で書いてる電圧の問題については、このDACはDC-DCコンバータ内蔵で昇圧しているので、5V(低圧)のデメリットは有りませんw
とは家、±15V程度ですから、高圧MOSバッファが効くw


四段ですが・・・
最近の中華の設計は電圧レギュレター(降圧)ではなく、DC-DCコンバータで低圧から必要な電圧を作り出す(昇圧)タイプが多いw
DC-DCコンバータの小型・高性能化の恩恵がデカい、自作PCで散々ヤリましたが不思議と、DC-DCコンバータは音が悪く鳴らないw
以前の中華オーディオは日本のマネが殆どでしたが、今や悔しいですが、、、最先端は中華様ですわ
実装設計(プリント基板)見ても、惚れ惚れスルのが多いw


整理すると、パーツや回路は気にスル必要無いカモ、但し球「真空管」は・・・

ヤッパ、、、球なのか? 一時考えましたw


そして辿り着いたのが電源電圧!

水圧・気圧・油圧、全て高圧の方がパフォーマンスが高い、アンプの電圧が低杉では?
真空管プリアンプの電源電圧は250V以上、動作原理上の問題から高電圧が必要ですが、もしかして、高圧だと音がEEかもw
プリアンプの出力は、虎でも球でも5V程度(2Vrms)と同じですが、電源電圧は虎が高くても20Vですが、球は250V以上ですわ
ブッチャケ、虎だと6V以上あれば動作OK、オペアンプなら12VあればOKで、球とは桁が違う(10倍以上)
パワーアンプも同じ、、、虎はA級アンプなら30Vですが、球は500V以上、虎は圧力が足りない!

f:id:arcs2006:20200104125616j:plain
pdf1.alldatasheet.jp

この回路は、CD・PCオーディオ用のバッファ・アンプ
DC120V駆動で「バァ~~ン!」

圧力(プレッシャー) = パフォーマンス

設計屋から見ると、高圧が必要な球、低圧でOKな虎、クレバー(優等生)なヤツは無駄な高圧は掛けないワナw 低圧でOKだと思い込んでいるw
でもね、、、虎は高圧掛けないと本気出さない  だよねw


教科書通りの設計をした場合、必要以上の高電圧で(無駄でハイリスクな)設計しませんし、ましてや、流行りのA級アンプなら絶対アリエナイw
ブッチャケ、電源電圧が高いほどアンプのパフォーマンスがEE、なんて噺自体が宇宙語ですわw
巷では、球アンプの出力は、虎アンプなら10倍以上と囁かれています、つまり、球の10Wは虎の100W以上のパフォーマンスだって!
だから球アンプはEEと云われ続けて北!  でもね、、、電源電圧の高低差で考えれば、アタリマエな噺デショw

クルマに例えると、時速60Kmで走るとして、660CC(虎)と5700CC(球)では世界が違うのと同じw


自作アンプ歴35年?(大半がブランク)で得られたノウハウw

ワガル方は参考程度にどうぞ(爆)


自作オーディオは兎に角オモロイですわ、自作スピーカーから出る音、そして、調整して仕上げる楽しみ、アンプも同じですよw
ブログは廃れたオーディオAVですが、本来の楽しみ&自作ワールドの醍醐味を伝えるために書いてますw
自作オーディオに王道はなく、近道無し、とは家、一歩を踏み出さなければ始まりませんw 山登りと同じw
甘い誘いはしませんが、本気の方は気楽にご質問くださいw 

f:id:arcs2006:20201217185943j:plain
デジアンには電源トランスが無いw

ダメ野郎を買って、トランス外出し❓したらEEかもw


自作アンプの結論w

MOS1個でギリ高圧掛けて、電源トランスは遠くにバイバイw

アンプデバイスはMOSFET1石でOK
理屈読むと、色々書いてあり、1石蛇無理想ですが、実際はOK
ポイントは、MOSFETをドライブ出来るか否かですが、ブログの通り、ナンとMCカートリッジ出力(超微弱信号)でもドライブ可能(爆)
あ~デモ・こ~デモ、如何に理屈捏ねて、複雑化しようとしている・・・・笑うしかないw
アンプの基本は、入力インピーダンスを高く、出力インピーダンスを低くですが、MOSFETは球並みの入力インピーダンス(超高い)で
球には不可能な出力インピーダンス(超低い)を実現しており、アンプ設計が超カンタン、つまり1石でOK、作るの&修理も楽勝ですわw
但し、スピーカードライブはキツいので、パラ駆動が必要ですがw


高電圧ドライブ
12Vでも普通に動きますが、パツンパツン状態に高圧掛けると、目を醒まして本気出す!
f:id:arcs2006:20210130193056j:plain
人と同じw 安牌ではなく、退路を断つ覚悟で初めて本気出すのと同じw


電源トランスを離す
動作原理上、AC100VからDCを作る必要があるので、電源トランスもしくはSW電源が必要w
電源トランスは、電磁波を撒き散らすので、出来る限り遠くに離すw
ポイントは、電源トランス(AC)と信号回路(DC)を離して作る


NFBは却下
オペアンプはじめ、アナログアンプはNFBの呪縛から逃れられない・・・・しかしNFBはダメ、耳が耐えられないw
料理で家ば、NFB=化学調味料ですわ、独特な味に鳴る、要は使い方と云う方が居ると思いますが、白須的には却下!
ブッチャケ、MOS1個アンプはNFBとは無縁(爆)
但し、パワーアンプ限定かな・・・・調子EEモンで、フォノイコはマランツ7型(NF)だし、DACのIV変換はオペアンプ(MUSES)
DAC関しては、P2D変換(DSD原理基板)等で散々対決ヤリましたが、整理できませんでしたw
そんなコトより、電源ノイズ対策の方が遥かに効果(余韻・響きの改善)がありましたw


緊急事態宣言で如何にも鳴らん

去年の緊急では自粛を含め、時間アリアリでフィルター全バラし&リニューアル(TOS化)できましたw
その後、アムクロンがブッコ!LX90がブッコ!でスクランブルでしたが、ヤマハの新製品が救ってくれましたw
アムクロンの後継はヤマハPX3ではなく、オリジナルDABHのつもりでしたが、PX3が居心地よく居座っていますw
CDプレーヤーもパイオニアDJを試聴する予定ですが・・・・緊急再発でペンディング!  如何にも鳴らんw
自作ピンケーブル勝負も同様・・・・てなワケで、オリジナルDABHアンプの製作を開始しますw
部品は凡そ揃っているので、作るダケですが・・・・何時もの如くモノがデカ! 総重量150Kgクラスなので「決意!」が必要(爆)
リファレンスのプリアンプ武蔵、パチトラ24V(DC34V)ドレイン・フォロアですが、ブログの通り、電圧低杉・・・・
DC120Vでソース・フォロアにアップデートする予定

課題山積ですが・・・今年も大きく変わり想w
オーディオAV業界は、ブログで書いた通り、2020+コロナ禍でご臨終・・・・家族葬すら出来なかった
残された我々にはイバラの道を進む覚悟が必要w 大衆化が崩壊、、、60年前の趣味人口(特に都市部)に戻ったと思ってくださいw
トンデモどっこい、音質・画質は驚異の向上・パフォーマンスですから、ナンも諦める必要無し
但し、AC100Vがトンデモ汚いので、フィルターを頑張りましょうw


四段・・・・

アムクロン、LX90がEE例ですが、2000年代のハイエンドAV機器は突然壊れるわ
マランツ6100も50%の確率でブッコ! 残念ですが、修理不可、回路図無いし、部品も無し、メーカーも消滅、、、手の施し様が無い
ところが70・80・90年代のアンプは現役が多い、山水・パイオニア・SONY等、売れたので玉数が多いw
比べて、2000年以降の機器は殆ど見ないし、アークスで売ったヤツも殆どがブッコ、、、
断定できませんが、2000年以降の中古には手を出さない方がEEかもw  自作しましょうw