PCオーディオ「バァ~~ン!」

最近は専らCDプレーヤーオンリーでしたw

フィルター全バラしで、再構築とか、自作ピンケーブル勝負とか、アムクロンがブッコしたとか、リファレンス・システム全体がゴロゴロ変る中
手軽なCDプレーヤー、そして「良く鳴るジャン!」も有って、パフォーマンス底辺のCDプレーヤーが何処まで良く鳴るのか?
底辺を担保する意味で、CDプレーヤーで試聴テストを重ねてきましたw
過去に何度も書いた通り、CDプレーヤーは電源ノイズに脆弱ですから、フィルター効果を知る上で、CDプレーヤーの鳴りは試金石と鳴るw
リファレンスのSCD-R1は2006モデルですから、15年落ち・・・・最新パナレコのCD再生に敵わない(15年前のPCだと思ってください)
イオニアのハイエンドCDJの試聴待ちもあり、SCD-R1は引退花道待ち状態・・・・
SCD-R1はSONY最期の一滴、そんな思いでリファレンスに導入、20年位使えるかな???  甘かったわ(涙)
レコード・プレーヤーはハイエンド買えば50年~70年(一生)逝けますが、、、CDプレーヤーの現役バリバリは10年、その後はオマケですわw
仕様・スペックは同じでも、デジタル処理の速度・精度は10年経てば歴然なのはPCを見れば疑う余地はありません
デジタルの厭らしさ、放って置けば時代の流れでデジタルが進歩して高性能に鳴る
ですから、古いデジタルに拘るは「哀れ」の一言!
重量級メカとか、その時は重要だと思われていたヤツも、デジタルの進化には敵わず「古臭いよネ」そんな現実がありますw
重量級メカは必要無い、ではなく、音質・画質の肝はデジタル部の処理能力で決まる
SCD-R1(120万)より最新パナレコ(10万以下)の方が音がEE、なんて書いても高齢マニアは鼻で笑うダケ、誰も信じないハズ「哀れ」の始まりw
最近のパナレコにはアナログ出力が無い、つまりHDMI経由のDAC出力での噺、つまり、DACの良し悪しでは無く、パナレコのデジタル部がEEって噺
パナレコのデジタル部は見るとチップが1個あるダケ、コレが現実だし、如何にマイクロプロセッサー半導体)が進化しているかワガル
例えば、5年前のスマホと最新では段違いデショw ココが整理できないと・・・・哀れなポンコツ愛好者ですよw

アナログとデジタルは根本的に違う
アナログは旧態依然でバッチリですが、デジタルはカッ飛びで進化するんよw 陳腐化スル!
CDプレーヤーはスペックが昔と同じ? 想考える方が多いと思いますが、スペックが同じでもデジタルの性能が上がれば、同じワケ無いデショw
枯れたアナログ、毎年新芽のデジタル、比べても意味が無いw
デジタルは皆同じですが、新旧では雲泥の差、ですよw

本音を書けば・・・

フィルターを開発しながら、CDプレーヤーの変化は著しく、その「音」を聴いて「デジタルは電源ノイズ次第、古いCDプレーヤーも捨てたモン蛇ない」
自作ピンケーブル勝負はCDプレーヤーを使おう、、、そんな「気」でいましたw 実際良く鳴ってるし・・・・PCオーディオとEE勝負デショw

ところが・・・・

この半年、新イオンフィルター・「長野式」大地アース・竹など新アイテムが登場しましたが、PCオーディオではNOチェック・・・・
ブッチャケ、EEのは分かっていましたが、CDプレーヤーと並行している(大差無い)と思い込んでいた・・・・
f:id:arcs2006:20190112212433p:plain
瞬殺!

例えると、カセットとレコードの違い!  舐めてたわ


「音」の出方が全く違うのよw CDプレーヤーが劇的改善されましたが、PCオーディオはその上の上をブッ飛んで逝った!
良く考えると、今やAVサラウンドはワープした様に異次元のパフォーマンスですから、PCオーディオがCDプレーヤーと大差無いなんてアリエナイw

スペックは44K/16ビットPCMマンマですから、如何にデジタルの進歩(精度向上)が大切かワガル

f:id:arcs2006:20210204200101j:plain
XEON変態PCオーディオ
XEONは伊達蛇無かった・・・・見切っていたつもりでしたが、ノイズ対策の進化で大場家・・・「ココまで変わるかネ」「知らない俺がアホだったw」
特に「竹」かも・・・・パナ9000のリップシンク0は衝撃でしたが、同じコトがPCオーディオでも怒ったのか???
PCオーディオについても、デジタル進化そのモノですわ、追いかけ出すとドツボに嵌るw マザボやCPUの新製品は「毒」ですわ
とは家、5~7年(3世代UP)で最新版と入れ替える必要有りかな・・・・PS5が3次元オーディオとか逝ってますが、単純に進歩しただけデショw
ヤマハRX-V6Aを絶賛していますが、半信半疑で試聴に北方の「目の色が変る」様は笑っちゃいますw
デジタル・プロセッサーは何処まで進化するのか?・・・・

f:id:arcs2006:20210204200244j:plain

ピンケーブルねた
前哨戦(前座)として、サウンドカードから高圧MOSバッファへのピンケーブル(叩き台)を作りました、ビフォーは純銀仕様
導体は藤倉5D2W外皮剥き、鉛ハンダ・塩酸フラックス&竹皮巻き

何気に竹皮が良さそう・・・・

大人数の試聴会は行えませんが、個別対応の試聴・視聴は随時行っていますw
感染リスク0ではありませんが、ショールームの換気システムは強力で、1時間当たりの換気回数は3以上で、湿度は60%を維持しています
ブログに書いたコトありませんが、無窓・防音室を設計する時の重要なノウハウですw