142Vパワーモジュールとは

142Vパワーモジュールとは
f:id:arcs2006:20210313070853p:plain

一次側整流平滑部のD1とC1を外部で大規模化したヤツ

SW電源は自作出来ませんが、チューンUP改造は可能(ココが味噌)

f:id:arcs2006:20210313072559j:plain
TURBOタービン交換みたいなモン

今や全てのデジタルAV機器はSW電源(ACアダプター含む)で自作オヤジ(弄りたい野郎)は手出しができないと思われていますが・・・・
最も効果的なチューンUP改造として自作142Vパワーモジュールがあるよ!

f:id:arcs2006:20150727115349j:plain

大きい電解コンデンサーがC1、コスト・大きさの制約で小さく抑え込まれているのよ、D1とC1を外に出して

f:id:arcs2006:20210302172808j:plain

D1とC1で整流・平滑されるんですが、C1の大きさ(容量・低インピーダンス化)でリップル含めNノイズの大小が決まるw
ノイズ対策は上流で・・・・なんて云うデショw D1・C1は最上流(源流)ですわ、だからメチャ効くのよ
言い換えると、ココで取り残したノイズを下流でナンとかしようとスルと、偉い大事に鳴る上、思った様に効かない
ブッチャケ、世間の常識はAC100Vは汚くないが定説ですから「必要最小限でOK」と思われており、大きな盲点ですわ


上の回路図と同等のSW電源は、AC100Vの代わりにDC142Vを入れて動作可能(DC-DCコンバータ化)

元々憑いているD1・C1はそのマンマでOK、何故なら、DC142Vは通通ですからw
つまり、SW電源本体は一切弄らずにチューンUPが可能w 本体を壊す心配が無いので、気が楽デショw
言い換えると、改造ストレスが小さいので、試さないと損! ですよw
但し、DC142Vは一旦コンデンサー充電されると「爆竹」ですから、放電器(電球)治具をシッカリ作ってくださいネ
               
爆竹 (音注意)

ウッカリ「爆竹」噛ましてオクサンに叱られても知りません! ブッチャケ、失敗してナンボですし、ビビってたらナンも出来ませんw
ちなみに、パナレコの142V化は100%可能だと思いますw 古いのに噛ましたら、新しいヤツに勝てるかもw  悪魔の囁きw
ブッチャケ、一度味占めたら外すなんてアリエナイよw


f:id:arcs2006:20210224111856j:plain

パナレコでは「感電注意」の蕎麦にある電解コンデンサーがC1  小指の先だわ

結果的に、アタマでノイズを取り切れないと、逆流ノイズ噴出口と鳴ってシステム全体の電源が汚れてしまうw
AC100Vを整流してDC142Vに鳴るワケですが、C1の大容量化(パラパラ)とD1のマルパラリッジ化がSW電源の音質・画質を一変させますw



パナレコCD調整編
f:id:arcs2006:20210313121744j:plain

Mozart: Concerto for piano and Orchestra (d-minor) K.466, Uchida

2楽章(15:30~)

唯一の不満はピアノと弦の極僅かなザラツキ・・・・

CDプレーヤーで到底無理な領域ですが、パナレコCDなら遣ってくれそうな予感・・・・言い換えると、不満が其処に集中してまうw
と逝っても、遣れるコトは殆ど無く、???、  DACの5Vが臭い・・・
集中すると逝っても、全曲ではなく、クラシックとポップス系の極一部、電源ノイズとも家ますが、見ての通りガチ・フィルターですから

f:id:arcs2006:20210313121320j:plain
f:id:arcs2006:20210313135832j:plain
DAC5VにはLEDパスが入ってますが、EZPE(15µF)+VitaQ(0.47μF)をプラス!
ピンポイントでインピーダンスを下げてみましたw

f:id:arcs2006:20160329020503j:plain

効いたわ!

今迄、EZPEとVitaQはAC100V系には多用してきましたが、個別ローカル電源では殆どありませんでした
DAC直前の5Vラインに投入で、イカにお塩ですわw
痛快です、言い換えると、中華DACの素性は相当良く、電源の変化にレスポンス良く反応している証拠ですわ

f:id:arcs2006:20210313121818j:plain

I Can See Clearly Now

I Can See Clearly Now   皮肉だw

90年代、オーディオ試聴がホリーコール一色に鳴った(流行った)時期がありましたが、個人的には「コレの何処がクリアーなのよ!」  でしたw
ハスキーなヴォーカルに纏わり憑くネバネバ付帯音と伸びの悪いピアノの響きは大嫌いでしたw 電源ケーブル換えて如何たら甲たら、今考えるとアホ臭w
パナレコCDで聴くホリーコールはクリアなんてモン蛇無いw
昔聴いていた音(声)はナンだったのか、ココまで変わるかネ、呆れて言葉出ませんw 全く別の音楽に聴こえるw
f:id:arcs2006:20201101161257j:plain
f:id:arcs2006:20201101162035j:plain

今更ですが、この中華DACはスンバラシイ!
電源トランスレスで、DC5V単一電源からLDOで各ローカル±12Vを生成する贅沢な構成で小さく凝縮された基板、コレ蛇自作は無理だわ
最大32bit / 768kHzのPCM  一体ナニ逝ってるの? 笑うしかないw

電源ガチでフィルター掛け、マルチTOSで絶縁したら、天下無敵だよ、信じ難いパフォーマンス
コレが3万チョイですよ、、、世の中変だよ

XEONのPCオーディオで対抗するには、コルセアのATX電源をDC駆動に改造するしかない

PCオーディオはサウンドボードを使用しており、電源はマザボと共通でノイズをお貰いしている可能性大、Nノイズを抑制するにはDC駆動しかない
パナレコCDにココまで遣られると、黙って聴いてるワケには逝かず・・・・イッチョ遣るかw
汎用ATX電源がDC駆動できれば、デスクトップ型PCの音質・画質を格上げできる可能性大
この問題、大型プロジェクターやTVのDC駆動化の可能性が開ける方向に・・・・


284Vパワーモジュール
f:id:arcs2006:20210313223642p:plain
f:id:arcs2006:20210313223710g:plain
DC142VはAC100Vを整流して得られますが、倍電圧整流すると、DC284V
SW電源の効率を上げるには、142Vより284Vの方がEEワナw
この問題、3年前に取組んでおり、認識していましたが、、、DC284Vは危ないワナ
AC200Vの機器はエアコンはじめ色々ありますが、裸の200Vに触れるコトは皆無ですから心配ありませんが
自作だと想は逝かない、142Vが爆竹と書きましたが、284Vは昔の2Bですわ(爆)、ヘタに感電したら「痛!」では蛇済まないw

フィリピン 恐ろしい爆竹 1

ブログは自作が前提と書いている関係で、事故を考え284Vは禁じて北!

解禁しますw


ONE OK ROCK Wherever You Are Live MV