アナログ回路にマルパラリッジを噛ますと・・・・


Ronan Keating - When You Say Nothing At All (Notting Hill)

高圧MOSバッファにマルパラリッジ噛ましたら
f:id:arcs2006:20210316171653j:plain
DBMとブリッジの間に挿入
今迄は142V系、SW電源とデジタルAV機器を中心にマルパラリッジして来ましたw
 
高圧MOSバッファはアナログ回路&シリーズ電源

どの程度の効果が有るのか??? 噛ます意味あるのか??? 過ぎたるは及ばざるなのか???
タブン、少しは効くBe、、、少し駄ったら、製作のペースを落とせるかもw 未だアナログ系は手付かず&疲れ気味(爆)だし

ラッキー7を狙い、マルパラリッジ(7P)

                    舐めてたわ
             f:id:arcs2006:20210212212156j:plain
f:id:arcs2006:20210212212622p:plain
            笑うしかない!

「電源フィルターは完成して一段落!」  小っ恥ずかしくて家んw

東芝 クリアネスC3 CM 1987年 薬師丸ひろ子

クリアネスを思い知らされた・・・・・

試聴開始時は、小ざっぱりとした音で、ヤリ杉かと一瞬思いましたが、電気が回り始めると俄然エネルギー感、そして透明感が際立ち「北!」
その後は一気に加勢、クリアで音量感が下がった分、音量上げて怒涛の驀進、、、イヤイヤお見事! 全ての音がクリアでシャープ!
低音はクリアで引き締まり、ミサイルを内蔵に撃ち込まれたようなエネルギー感、正に狂気の沙汰、、、ノイズの有る低音は痛さがありますが、実に気持ちがEE!
今迄、クリアな音蛇無かったと思い知らされたw


The Ventures - Diamond Head (1965)

笑うしかない・・・・


弦を擦る「キュン・キュン!」が劇的クリアーでビックリ!

ベンチャーズと家ば「キュン・キュン!」ですが、お遊びだと思っていたので、音質如何たらは考えたコトありませんでしたw
ヘタすると、ノイズに依って耳に突き刺さる「キュン・キュン!」ですが、マルパラリッジで煌びやかに突き抜け輝く「キュン・キュン!」信じられナァ~~委w
つまり、CDには「キュン・キュン!」が正確に記録されているのに、再生出来ていなかった、、、って噺ですわ、今迄ナンだったのかネ
ホームセンターでベンチャーズの100円CD買って、家で再生したら全身鳥肌! 「こんな音聴いたコト無い」なんて、アリエナイよね・・・・
同様に、サイモンとガーファンクルも最初に聴いたヤツとは完全に別モン、、、こんな風に書いて想像できる方は皆無だと思いますがw
CDよりアナログがEEとか、色々云われ続けてきましたが、、、其れって、チャンと再生出来てる?
マルパラリッジで、再生全体が相当拙いとワガッタ!


ブッチャケ、ホームセンターの100円CDを見て、音がEEとは誰も思いませんw 安モノだから音もイマイチ、、、そんなイメージだと思います
反対に、豪華なケースに入れられ、ナン茶らリマスターとか書かれ、3000円で売られるゴールドCDは、皆さん有り難いと漢字、喜んで買いますw
見た目や価格はモノの価値と直結しており、嗜好品の場合、価格=価値ですから、、、、人とはそんな生き物ですw
しかし、デジタル(CD)では其れが通用しませんw 海賊盤は別にして、正規ルートで商品化されたCDの品質は一定で優劣はありませんw
言い換えると、良くしたくても出来ないし、悪くしたくても出来ない、皆同じがデジタルですわ


状況一変!

電源フィルターは自作セナあかん、何故なら売ってないからw 仮にメーカーで売っていたら、TOS2020は10万円は下らないハズ、だから頑張って自作w
アークスで販売していますが、白須個人で作って、部品はジャンクを多用しているので価格は抑え、モニターとして買って頂いておりますw
其れ其れとして、電源フィルターは自作が前提、只、出来てしまえば、オーディオAV機器はナンでもIN蛇ネ、夫々の趣味もあるし、勝手にどうぞ、でしたw
ブッチャケ、現代のオーディオAV機器は弩偉い進歩しており、コスパを含め自作は、出来る方どうぞ! そんなスタンスで考えてましたw

ところが、マルパラリッジで状況一変!

電源トップの整流ブリッジで音質・画質が「バァ~~ン!」 こんなモン、一度知ったら外せるワケがないw
知らなければナンも問題ありませんが、半信半疑で自作したら、コスパ含めて、知らなかったコトにしよう、では済まないw
もっと困ったのは、世の中に製品として存在しませんw  自作スルしか無いワナw
デジタル機器(SW電源)は142V系でナンとか鳴りますが、アナログ系は製品を改造するしかなく、ブリッジ交換は難易度が高いw
自作すればEEだけ・・・言い換えると、EE音を聴けるのは限られた人ダケw
マルパラリッジは、ノイズ・アイソレーターで、ガチでフィルター組んであっても、目の色が変るホド効くw
知らなければ、それまでの筝ですが、、、知ったら其れ蛇棲まないw



Titanic - My Heart Will Go On (Music Video)




マルパラリッジDBMの製作

ブッチャケ、ダイオード・ブリッジにはノイズ抑制効果がある、だとしたら、DBMでIN蛇ネ
DBMに関して過去、各種バリエーションを開発してきました、アイデア尽きたと整理してましたが、マルパラリッジで再認識w
142V系が使えないSW電源や、ブリッジ交換ができないアナログ系に有効かも知れん

ポイントはFMビーズ&強化ループ

DBMパラレルは過去に製作し、低Vf化&ノイズ抑制でリファレンスとして現用していますが
改めて、マルパラリッジのアイデアで製作すると如何鳴るか・映るか


ブッチャケ、マルパラリッジってDBMみたいなモンだろ!

f:id:arcs2006:20210317180728j:plain
f:id:arcs2006:20210317180816j:plain
f:id:arcs2006:20210317180838j:plain

命名 マルパラDBM

DBMは1点止まり・・・・
DBMは定評あるNフィルターですが、野球で云うと「1点止まり」なのよ、連打・連打の大量得点ではないw
1点は重要ですし、最期は1点差で勝利! なんてケースがあるので、手法として捨てられないのは確かですが、、、
どうしても大量得点を狙いたいワナ、何故か云うと、ノイズに勝つには20点位欲しいワケよw
その上、DBMには欠点が有る、それは電圧降下(2~3V)と発熱(放熱器が必要)で、沢山使うと欠点ばかりが目立ってしまうw
其れと、AC100V(ACライン)のNフィルターは難しく、戦法が限られてしまう・・・・コレが今迄の考察w


インプレ!
その前に、電圧降下を調べてみると・・・・

ナンと、、、1V以下  今回のようなパラパラ噛ますと様子が一変するみたいw

マジかよ、ツウことは、殆ど発熱しないってコトかよw

テスト方法は、リビングのTV(中華75インチ)

色々フィルター憑けて、其れ鳴りに満足してますが・・・・142Vは不可、マルパラリッジ・アダプターも不可、残党逆流ノイズに手が出せないw
画質に関しては、リビングなので極め様とは思いませんが、、、音があと一歩足りない
小音量時の解像度がイマイチでナニ喋ってるか良く分からない時があり、音量上げて夫婦喧嘩に鳴り易いw

BS4K 大相撲生放送でチェック!
f:id:arcs2006:20210317214058j:plain

                               音質・画質は
f:id:arcs2006:20210317214851j:plain

イヤイヤ、、、ビックリ!  画質は透明感UPに伴い、国技館の奥行がワガルw
肌色も力士に依って違うのが、一目瞭然w
音はもっと凄い! 呼び出しの声・拍子木の響き・音場感(サラウンド感)が一変!
北の富士のボソボソ呟く解説がハッキリ聴こえる(爆)

マルパラDBMは、マルパラリッジと同等の効果!

142V系の不発で凹んでましたが、整流ではなくDBMとして従来のDBMを大きく超える効果を確認し、大収穫!
FMビーズを相当数(コスト大)使いますが、その効果は貴方の期待を裏切らない、白須が保証します、ワガル方は是非w
ブッチャケ、FMビーズの使い方とその効果は、従来の認識を大きく超えてますw
DBMを知って6~7年でしょうか、ダイオード・ブリッジは不思議な世界ですが、核心部にようやくたどり着いた・・・・

大量得点型DBMが遂に完成!
 
電圧降下・発熱僅少ですから、全てのオーディオAV機器に使える、バカスカ投入してくださいw

リファレンスのヤマハPX3(300W)は、SW電源ですが、142V系はボツ! ナンとかしたいナァ~~ ヤマハから回路図を入手したい
売店ルートからアレコレ手を尽くしましたが、結果、ボツ! 凹んでましたが、マルパラDBMですわw
大昔と違い、現行機器の回路図入手は不可能だと思ってくださいw 廃れた上にやり難い時代ですわw
メーカーは回路図=個人情報だと思ってるみたい・・・・購入してるんだから違うだろ!


プチ情報を1個w
f:id:arcs2006:20210317234913j:plain
ブリッジの脚曲げはダイソーのペンチがEEよw

Selena Gomez - Feel Me (Live from the Revival Tour)