DABHアンプ製作を断念!

ケチらず、PX10を買えばヨガッタw
f:id:arcs2006:20210320181003j:plain
マルパラDBMで大場家ですが。。。。
PX3はメチャEE音ですわ、何度も書きますが、アンプの音は電源次第、分かっちゃいるケド・・・後ろ髪ですわ
当初、PX3(300W)に色々不満がありましたが、、、ノイズだったミタイで、パナレコCDやマルパラDBMで見違えるホドEE音w
不満だったパワー感も、キッチリ300Wですから、コレで不満噛ましたら「オマエ、正気?・耳大丈夫?・難聴再発?」ナンですが・・・・

300馬力に乗ったら、1000馬力を味見したいデショw

300Wと1000Wの違いは、電圧とデバイスの耐圧ですわw
何度も書きますが、高電圧は魅力、、、低電圧でOK・EEなんて絶対にアリエナイw
自作真空管アンプでも、パフォーマンスを求め、命知らずな連中は1000Vアッパーの世界を求めるw
大音量再生が目的蛇無いのよw
何度かアナログ噺半分と書いてきましたが、300Wのアンプは150Wまでデショw そんなモンですわ

アークスはオーディオAV専用ルームの設計・施工も本業

オーディオAV機器のフル・パフォーマンス出したい蛇ないw

オーディオAVのニュルブルクリンク

【プロが運転】ニュルブルクリンクでポルシェ911GT3RSに乗ってみた!

最高速度なら直線番長だよネ、違うのよ、求めるのはパフォーマンス!

電圧 = パフォーマンス

必要とか、必要無い、そんな噺ではなく、お家にニュルブルクリンク(専用ルーム)作り、フル・パフォーマンスで遊ぶw
オーディオAV趣味の桃源郷、廃れた今こそ、限られたヤツしか到達できない世界を作りだしたいw

電源が汚れ、感動が消えた今、オーディオAV趣味に憧れる方は居なく鳴ってしまった・・・・
マニアの高齢化&貧乏化は顕著で、ヘタすると、ケチ臭い高齢者の懐古趣味ですわ

大パワーには限界があり、1000Wは1000馬力級、2000Wは可能ですが、、、5000Wは不可能(スピーカーが🔥)
ブッチャケ、1000Wでも🔥ですわ、連続ではなく、瞬く瞬間の陶酔!

そんなモンに意味や違いが有るのか?    アリアリだよ!

つまり、パツンパツンで使う、ヘタするとスピーカーが🔥
そんな緊張感・研ぎ澄まされた集中力で限界再生を行うw
一瞬に掛ける!

全米 トップフューエル ドラッグレース ゼロヨン Gatornationals 2019

その瞬間、抜けた「音」が出るw   ホントですよw

俗に云う「抜けが悪い」は正にコレ、ブッチャケ、ノイズ塗れでは音量自体が上げられない(ウルサイ)ので最近は死語ですが
条件が整い、パワーを出せる環境では頻繁に発生しますw その上を知らなければ「こんなモンだろ」と鳴ってしまいますがw
抜けが悪い=詰まった音=パワーが足りない=電圧が足りない  パフォーマンスが低い

300WのPX3は其れ鳴りに凄いですが、アナログアンプと違い、300W以上絶対に出ませんw
ところが、1000Wあると、Dレンジが大きい録音だと、瞬間的に1000W(3.3倍)まで振り飛ぶ再生が可能で、抜けるのよw
実質音量が同じでも再生パフォーマンスは大きく違うのですw
私が高能率スピーカーを選ぶ理由もコレ!






MOSFETはコレかな・・・・
2SK2221  2SJ352
f:id:arcs2006:20210328205853j:plain

2SK1530 2SJ201を20年前にロットで購入し、チビチビ使ってきましたが、当然ながらディスコン
最期に使って終わりにしようかと、思ってましたが、ど~せ作る奈良、現行品で逝きたいよな、、、調べたら現行品はコレw
コレしか無いミタイ・・・廃れてますから・・・・
f:id:arcs2006:20210328211012j:plain
30年前はコレが主流、サンスイMOSや窪田式も・・・・

2SK1530のパッケージはTO-3P(L) 2SK2221はTO-3Pで2SK405と同じw つまり、トレード(交換)し易いw

f:id:arcs2006:20210328232351j:plain
重い腰上げましたw
PX3が相当EEので、相手に不足はありませんw PX10の誘惑がありますが、、、先ずはコレだろw
f:id:arcs2006:20210328232253j:plain
f:id:arcs2006:20210328232215j:plain

四段・・・
自分で見ても、良くこんなモン作ったよナァ~~、、、若くて探求心が有った(思い詰めていたw) その反動は大きくw
極めるつもりが、迷宮・迷路に迷い込み、進む方向性を失い「ヤァ~~めた!」二度とアンプは作らない! つもりでしたが・・・
30年経って、成長したのか分かりませんが、レストア&リニューアルする気に鳴ったw




問題はMOSーFETを入手できるのか?
アキバやネットで単品レベルなら買えるミタイですが、買うなら1ロット(箱単位)で欲しいワナw


調べてみると・・・・  ナナナンと
           玉砕!

2020で全て生産終了!  手遅れでした・・・・

20年後、昔はMOSFETでオーディオアンプ作ったんだよ、ナンてEEながら懐古趣味に鳴る蛇ネw
2020オーディオが絶滅と書きましたが、ホントですよw この先、MOSFETアンプは作られない・・・・
市場在庫を掻き集めて、自作はできますが、、、、一気に興味が失せてしまったw
将来、WE300Bの様に中華でリバイバルするかも知れませんが・・・・厳しい現実だ!
技術的背景を書くと、MOSFETは無く鳴りません、、、高性能スイッチング・デバイスとして今後も発展するデショw
何故、オーディオがダメかと家ば、殆どのMOSFETはN型なのよ、大出力アンプを組むにはP型と組合わせる必要があるんですが。。。
オーディオ用途としてP型(2SJタイプ)が開発されず、全て生産中止ですわ・・・・売れないパーツは作らないw
コンプリメンタリーと逝って、N型と対称に鳴るP型が必要ですが、この世から消えちゃったw 如何に厳しいか・・・製作を断念!

つまり、、、デジアンだろ!
ヤマハの業務用アンプが全てデジアンに鳴った様に、アナログアンプは終焉ですわ、音もメチャEEし、1000Wで10万円以下だよw
馬鹿らしくて、アナログアンプなんか出来ないわ、、、と云いつつ、最期を締めるつもりが、手遅れだった・・・・

PX10+専用電源アダプター(自作)で逝くわ

変な自作アンプ作って、一人自慢するより、現実路線?で欲しく鳴る(頑張れば作れる)ヤツの方がIN蛇ネw


それにしても、、、オーディオは散々ですわ
専用電源アダプターとは、デカTOS+山盛りマルパラDBM、142VできないPX10ですが、TOS+マルパラDBMで十分対抗できるハズ
PX10にブチ込む電気を綺麗にしたら、どんな音に鳴るのか? PX3との比較含め興味津々w



四段ですが・・・・
今でこそ、真空管は普通に売ってるし、無く鳴る心配は一切ありませんが、30年位前、大きな危機がありましたw
新品の真空管は底を憑き、売ってる全てが中古(セコ)なんて時がありましたw
そんな時、東欧・ロシアで再生産がはじまり、その後、中華で本格的な再生産が始まりマンタw
その後、ドンドン生産され、入手を心配する必要が無く鳴ったw MOSFETも同じ蛇ネ
欲家ば、初期型のCANタイプが出たら、マジ、買うかも知れんw
f:id:arcs2006:20210329221722j:plain
日立が世に出したMOSFET、70年代初頭ですから、50年前ですわ 今でも現役で、HMA9500等のパーツとして流通している