PX10怪造プロジェクト  その4

www.youtube.com

ブログでは日々行っている実験・試作は情報公開を基本としています、秘密は無し、質問・疑問はドンドン投げてくださいw
情報は共有したいので、コメント欄からお願いしますw
例えば、ココの写真が欲しい、意味が良くワガラン等、出来る限りお答えしますし、書いてある内容は、ご来店頂ければ追体験して頂けますw
ノウハウ隠そうとした時期がありましたが・・・・
オーディオAVがココまで廃れた今日、プロとして楽しさを何処まで伝えられるか(興味を持って貰えるか)が勝負だと考えていますw
オーディオ(音)に興味ではなく、オーディオ装置で音楽再生して「感動」を体験出来るかが勝負w


デジアンに興味を持てましたか?

歴代ヤマハの業務用パワーアンプは名機揃い、90年代の4002は特にパワフルでしたw
f:id:arcs2006:20160425190317j:plain
90年代は、オーディオ最期の花盛りでしたが、民生用はピントがズレはじめ、巨大なA級アンプに代表される軟派な小音量重視思考が始まり
逝け・逝けなハイパワーアンプは殆ど無く鳴り、困りましたが、ヤマハの業務用アンプは硬派でゴツいハイパワーアンプを作り続けたw
硬派とは、BTL(バランス)に逃げることなく、アンバランスでのハイパワーの追求でしたw

ヤマハ業務用アンプの音には一貫性があり、流行に左右されない
www.youtube.com

進化の過程で、SW電源+アナアン(Tn)に変わりましたが・・・・

PXシリーズは、SW電源+デジアンへ・・・・  その上、メチャ安価に・・・・


Tn(気に入ってました)がディスコンに鳴り、新型を見ると・・・・
流石に、、、コンなんでEEのかよ!

と思いましたが、ブログの通り、ノープロムレブ、、、ヤマハの先進性はアッパレ! としか云い様が無いw
ヤマハが凄いのは、近年、民生用で5000シリーズと云うハイエンド・オーディオ機器を発売しており、従来のアナアンを踏襲しているw
5000のパワーアンプはインストールで使いましたが、値段相応とEEますか、アナアンの良さが十二分に出てます、コスパは0dBですがw
ブッチャケ、オーディオアンプは高価に鳴ったナァ~~、現状を考えると仕方無いワナ
そんな中、PXですよ!
ピュアオーディオと業務用はカテゴリーが違うので、事実上の干渉は無い、互いに「気」にも留めないw
そんな中、ヤマハはピュアでアナアン、業務でデジアンの二刀流、両方知る立場としては、笑うしかない!


ヤマハは、デジアンのスキルが有るにも拘わらず、ピュア・ハイエンドにはアナアン(従来型)を投入し、業務用は全て安価なデジアンに換えてしまった
用途が違う? トンデモどっこい、スピーカーを鳴らす意味では全く同じw 


ハイパーなアナアン=巨大な電源トランス、つまり繊細感を犠牲にするしかない
ハイパーなデジアンはSW電源ですから、巨大な電源トランスはありませんw その代わり、AC100Vノイズには弱い
ハイパーなアナアンは、AC100Vノイズには強いケド、巨大トランスが出す電磁波ノイズで繊細感がイマイチ
ハイパーなデジアンは、電源トランスが無いのでAC100Vノイズに弱く、微細な信号は消えちゃうケド、原理的に繊細感は得意、皮肉デショw

巨大電源トランスは、フィルターに鳴るので、EE音が鳴るんですが、電磁波撒き散らしで繊細感が死んじゃうw
このジレンマ(シーソーバランス)に依って一種独特な世界に鳴り、抜け出せない・・・アナアンの悲劇

以前書きましたが、巨大電源トランスを外に放り出せば、相当逝けるとは思いますが、、、NFB問題が残ってしまうのよw





デジアンPXは
AC100Vノイズをフィルターで抑え
SW電源(C1・C2)を強化すれば無敵!

ブッチャケ、業務用アンプは大音量が前提で、小さい部屋でのピュアオーディオ再生には向かない(繊細感イマイチ)なんてイメージありますが
繊細感はAC100Vノイズ次第なので、全くの見当違い、PXの繊細感(音場感)はトンデモ御座いませんw だから気に入りましたw
その一方で、支配力・重厚感・パワー感・押し出し・爆発力は、半端ないって、なんせ、最低でも300W(馬力)ですよw


f:id:arcs2006:20210415223800j:plain
PX10の前作 Tn5の中身
笑い噺ですが、当時はコレ仕入れば(買えば)EEと思っており、オマケにSW電源にも詳しく無かったので、良く見てませんでしたw
SW電源は門外漢でしたし、EEワケ無いと思い込んでいた、でもTn5を聴いて「良く鳴るナァ~~~」「ナンで???」そんなレベルw
こんな風に、オーディオ・マニアには永年掛けて植え付けられた「イメージ」が有り、覆すのは容易蛇無いw 特に爺さんはネ!
Tn5はSW電源のアナアンです、パワートランジスタが沢山並んでますネ(7パラ14石で1000W)
黒い電解コンデンサーがC1,茶色の小さいヤツがC2
PXと比べて、C1・C2共にデカい、、、つまり C1・C2は強化で正解w

f:id:arcs2006:20210416090515j:plain
PX10用に製作したC1・C2

250V/180μFを60パラで10700μF  天板横幅目一杯

容量も申ことながら、60パラ(インピーダンス1/60)は伊達蛇無いw  違いが出るかな❓

前回のテストで小型小容量電解コンデンサーに対する認識が変りましたw 大は小を兼ねないw
f:id:arcs2006:20210416094909j:plain
中華\(^o^)/  無条件降伏しかない・・・・
f:id:arcs2006:20210416095007j:plain








それでは、、、ご覧アレw

f:id:arcs2006:20210416111617j:plain
f:id:arcs2006:20210416113518j:plain
f:id:arcs2006:20210416113502j:plain
f:id:arcs2006:20210416113226j:plain
f:id:arcs2006:20210416113242j:plain
f:id:arcs2006:20210416113252j:plain



完成! 発進!
f:id:arcs2006:20210416125824j:plain

舐めてたわ・・・・
パワー凄杉!
B電圧を測ると、±100Vで合計200V
スピーカーに最大DC200Vが掛かる設計、PX3がDC160Vですから25%UP まさにパツンパツン!
ブッチャケ、中音量までならPX3と同じだBe と思ってましたが・・・・・

音の出方が全く違うわ!

余裕噛ますツウか、パワフル・トルクフルとか、色々ありますが、狂暴がピッタリ!

フルパワー再生は快感!

自称大音量派ですが、、、コレは知らん勝った、低音に張り倒され・ブン殴られ、アタマが真っ白! 初めてだわ
ガーゼで包んだハンマーでして、衝撃が凄いケド、痛くないのよ、快感なのよw
兎に角、凄いパワーよ、富岳(富士山)大噴火! クルマなら300Km/hオーバーですネ(240Km/hまでしか知らなかったw)
スピード出るダケ蛇無く、安定感バツグンで「バァ~~ン!」 嫌な恐怖感が無いw
その上、中音量でも音楽全体が太く、重心が下がり凄味が有ってトンデモ御座いません、肩で風切り「文句あっか!」そんな鳴り方w
ノイズ感はPX3と同じw   未だ断定は出来ませんが、PX3と比べて、諦める部分が無い・・・・
高電圧の良さ(凄味)がモロに出ているw  こんなモン(1000W)が10万で買えるなんて、信じられんw

PX3とPX10の比較試聴会したらウケるデショw

1000W,思った以上にEE、大満足!

半日掛けて、コンデンサーをエージングしたら、より滑らかで重厚な響きに・・・・堪りませんw
原理的には、300Wと1000Wは5dBのレベル差でしかありませんが、電圧が高いので、音の出方が違う
特に低音がメチャメチャEE! 重厚感と圧倒的パワー感は、15インチ(38センチ)フルレンジが初めて本気で鳴った様w
云い方悪いですが、普通のアンプ(100~200W)で鳴る低音は、1000Wと比べるとスカスカ・ペラペラに聴こえる
PX3(300W)で相当EEと漢字ましたが・・・・「知らぬが仏」でしたw
マジで15インチ入れといてヨガッタ! 実感ですw
デジアンの闊達な鳴り+1000Wでバンバン煽られたら、鳥肌+興奮しちゃってタイヘンw
www.youtube.com
コレ再生すると、低音で腹が捩れる
CDのビートルズに期待しようがありませんでしたが、300Wでいいね! 1000Wで痺れっ放しw
1000Wでアナログ聴いてないので、ナンとも家ませんが・・・・100円CDのビートルズも最高です!

大音量再生の1000Wだと思ってましたが
音の出方がココまで違うと、音質追求の1000Wですかネ


f:id:arcs2006:20210416205828j:plain
同じく高電圧の真空管OTLアンプの音と似ている


トラブルの可能性・・・・

ガチャガチャ改造噛まして絶賛、滅茶苦茶な噺ですわw 改造したらメーカー保証は愚か、修理も受付けてくれませんw
除電・イオン化、FMシート貼りまでは「リクエスト」でセーフかも知れませんが、天板に穴開け、電解コンデンサー並べるのはアウト!
そんなC1・C2の大補強ですが、心配されたラッシュカレントによる保護回路動作も無く、大丈夫みたいw
怪造による音質向上は信じ難いレベルで、ブラインド比較なら1000万円のアンプと喧嘩できそうw
言い換えると、10万円のアンプですから、壊れたら買い換えればEEダケとも家ますが、漢字としてトラブル発生は少な想w
怪造PX10はリファレンスへ・・・・
PXは素性がメチャEEので、電源フィルター並びに電源アダプター+ノーマルPXで楽しんで、我慢できなく鳴ったら本体怪造ですかネ
怪造PX3はサブ・システムのリファレンスへ・・・・