電源ノイズの実態と実際のノイズ対策 その3

ノイズ源の実態が遂に明らかに
ノイズ逆流に関して、仮説を立てて実験を繰り返して来ましたが、ショールームでは明確に整理できませんでした
10年に渡り、試行錯誤を繰り返し結果、複雑怪奇で、怪しいケド、確信が得られませんでしたw
アクティブ・サブウーハーがサラウンド音質劣化の原因なんて・・・  そんなモン売るなよ!

FOSTEXにそんな認識は無いと思います、言い換えると、世の中がノイズ塗れで、麻痺している
偶々、サブウーハーがノイズ源だと分かりましたが、普通蛇、府中蛇分からなかったハズ、大変ラッキーでしたw
ノイズ対策と低音再生については、去年書きましたが、音のEE低音再生は特にムズイのが現状で、違和感のあるウルサイ低音が殆どw
具体的には、低音が男性ボーカル(アナウンス)に被って付帯音に鳴ったり、ボワボワ膨らんで邪魔臭い漢字だったり
結果として、LFEを絞るしか無く、「バァ~~ン!」「ド~~ン!」「ズシィ~~ン!」と来ない!
低音に不満が有ったとして、サブウーハーを良くすればIN蛇ネ、、、そんなカンタンな問題蛇ないのよ!
山梨でも想でしたw 「この低音、もっと良く奈良ネェ~のかよ!」
こんな基本的な問題ですら、10万円のサブウーハーでも実現しない現実ですわw  コレ蛇、普通の方には無理デショw
サブウーハーにTOS2020噛ましたら、低音「ド~~ン!」サラウンド「バァ~~ン!」
AVアンプはヤマハV6Aですから疑う余地が無い、つまり、V6Aとサブウーハーが互いに干渉し合って、音が死んでた!
デジタル同士は同じAC100Vに接続すると干渉しちゃうワナ、でもそんな接続ってアタリマエ、誰も気にしていないデショw
気にせず接続して、知らぬ間に音質劣化しているケースが相当有るハズ・・・・ナンで気付いたか家ば、府中の低音の方がEEからでして
「もっと良く鳴るハズだろ?」って思い、ダメ元でTOS2020を噛ましたらこの始末、つまり、認識できないと前に進めない
何度も書きますが、ノイズ対策をして初めてノイズを認識できます、ブログを百読しても・・・・ですわ
だから、ノイズ対策始めると、脳が開発され大変な目に遭う方が続出しますw
低音が美味く鳴らない時、その原因は電源ノイズだと考えられる方は相当なマニアですわ(爆)
コレが現実!  ブッチャケ、身の周りのデジタル家電品がノイズ源だと認識しているマニアは居ないデショw


認識云々について書くと、認識が無いとノイズだと気付かない、としましょうw でも其れで終了ではありませんw
人は高性能ですから、認識出来なくても違和感は必ず漢字るハズ、ナンか変だな? もっと良く鳴るのでは? EE音とは家ないネ・・・・
スピーカーの前で「鳥肌」を読んで、ナンも起たんケド・・・・其れが違和感です(爆)
ちなみに、現状のオーディオAV機器を買い換えたりする必要はありませんw 問題はAC100Vですから



WスクエアDBM
f:id:arcs2006:20210425110740j:plain
最大のノイズ源は中華75インチ
東京から持って逝ったWスクエアDBMがトドメでしたw
もちろん、発熱の問題で仮設、本チャンは別途製作する必要有りですが・・・・4KTVの吐き出すノイズは半端無いって!
兎に角、音が悪く鳴る、サ行・タ行の付帯音はじめ、音量絞るとアナウンスが団子で殆ど聞き取れない
この問題、元電源が綺麗な山梨でも同じ、、、、何故指摘されないのか?
それはネ、世の中のTVが全部想だから!
指摘しても、他も全部同じだったら「こんなモンだろ!」クレームとして成立しないのよ(爆)
凄い噺デショw 麻痺している


音が悪いと全てが台無し!
音質ナンたらとか、難しい噺蛇無いよ、言葉がハッキリ聴こえない、ナンと低レベルな噺だと思いませんか?
部屋にあるTVがこんな状態で、横のオーディオでEE音なんてアリエナイし、「感動」「鳥肌」なんて冗談蛇無いw 宇宙語ですわw

電源ノイズの測定器は有りませんが

TVの音でノイズ測定可能w

貴方のお家のTVは小音量でハッキリ聴こえますか?

このブログを見ている貴方は、EEお歳のオーディオAVマニアだとするなら、若い頃、ラジオの深夜放送を聴いていたデショw
小さな音で!  でも不満無かったデショw

目の前にあるTVで同じコトすればノイズ測定できますよw

ダメですよ、ハッキリ聴こえないのはTVのスピーカーがイマイチだと思うのは(爆)少なくとラジオのスピーカーよりIN蛇ネ、、、







箱伊達から届きましたw
f:id:arcs2006:20210428220803j:plain
f:id:arcs2006:20210428220829j:plain
「是非に及ばず」言葉出ませんw

自分は若輩者だと自覚致しました! それにしても、、、弩が過ぎているw