ポータブルDAP選び

当初、SONYウォークマンで逝こうと考えましたが、新型中華M3Xが魅力的で悩んでますw
何度も書きますが、マイクロプロセッサーの進化で劇的音質改善が進んでいるミタイ、、、AVアンプやパナレコ、中華DACと同じみたいw
ヘッドホンの世界は未だ賑やかですが、オーディオAV界はシャッター商店街ですから、誰も声を上げないw  廃れるとソンなモンですw
ポータブルDAPに関して、スペック向上はありませんが、20万円クラスが4万円以下でOKとは、当事者には堪らんデショw
PS3オーディオの後釜ですから、新しければナンでもIN蛇ネ、、、と考えていましたが
FLACデータが使えるなら、リファレンスPCオーディオとデータを共有できるので、ワザワザ新規でリッピングする必要は無いw
ブッチャケ、共有できるなら、比較も出来るワケで、オモシロ想ジャンw


それにしてもだ・・・SONYは兎も角、日本のDAPオーディオメーカーの没落振りは目を覆うばかり


DAP関連のYouTube動画を見ると、皆さん若者で、女性もオーディオについて熱く語っており、羨ましいやら、情けないやら、複雑ですw
熱かった70~80年代のオーディオ界を思い出しましたw


ヘッドホン・オーディオはDAP+ヘッドホンで完結、AC100Vとの関わりはUSB(DC5V)充電のみで、AC100Vノイズとは距離が有り想に見えますが

世の中、そんなに甘く無い!

USB充電器を壁コンセントに挿して充電するなんて、超アリエナイ!

USB充電器はタダのSW電源でしかなく、ノイズ対策ナッシング! ですよw

この水飲めません! 
お茶淹れて出されるのと同じ!

「飲めますよ」煮沸してあるのでご心配なく!   壁コンセントのAC100Vはこんなモンですw
其れで、音質が如何たら逝ってもナンの意味もありませんw
何度も書きますが、、、同世代デジタルに於いて、音質=AC100V次第でして、機器による音質差は内部構成の違いによるノイズ具合の違いでしかないw
ポータブルですから、試聴会で同型を持ち込めば、充電環境の違いで音が如何変わるか確認できるハズw
ポータブルDAPの充電方法については詳しくブログしますのでお楽しみにw つまり、スマホも充電方法で音が良く鳴るよw









ピン! と北かな?
ポータブルDAP(ヘッドホン・オーディオ)の大元電源はUSB5V・・・・ダケですわ

ホームのオーディオAVに比べ、AC100Vとの関わりが少ないポータブルDAPはノイズ対策が楽! ケーブルもヘッドホンだけw
ポータブルですが、部屋でデジタル音源としてオーディオ機器として使いますw ブッチャケ、CDプレーヤーの代わりとしてw
USB系ノイズ対策は色々あれど、根本的な142Vパワーモジュールは宇宙語に近い、つまり、ヤリタイ放題出来るw

今年後半は、スピーカーコンテストと自作ピンケーブル勝負がありますが、

ポータブルDAP中心で逝こうかなw
ポータブルDAPはヘッドホン・アンプ内蔵(アンバラ/バランス)で出力インピーダンスが低いので、ケーブルテストにはピッタリだし
アンバラ(ノーマル)とバランス(BTL)では、電圧が高い(2倍)バランスが圧倒的に有利なハズw
ナンですが、接続する相手はヘッドホンではなくプリアンプですから、一捻り(バランス・アンバラ変換器)欲しい処、自作絡めて遊べるデショw
其れに、ポータブルDAPで普通のスピーカー鳴らしたら如何鳴るの?  興味は尽きないw

ガチ・ノイズ対策噛まして、パナレコCD・PCオーディオ・ポータブルDAP・レコードとの比較なんてEEと思いませんか?


M3Xに決定!   中華には勝てないのか?
f:id:arcs2006:20210717130445p:plain

フジヤエービックで購入しましたが、入荷待ちw