充電1回目

体も完全復調w  まるで激しい通り雨の様w
バッテリーのブレークイン開始!
f:id:arcs2006:20210721090001j:plain
T型チョーク + 142Vパワーモジュール&D・Cチェックバルブ + USB充電器
ブレークインなので、特に拘りはありませんw   ホンバン仕様は未だ秘密w

買った状態から20%以下まで放電(鳴らして)充電開始、とりあえず1回目w
バッテリーはアナログ部品(特にデリケート)ですから、ブレークインは必須、オーディオAVマニアは知らないと思いますが、電動模型(特にレース系)では常識
ポイントは、キッチリ放電するコトで、中途での追い充電ではパフォーマンスが上がりません、リチウム系は過充電活性はアリエナイので、キッチリ放電が大事w
バッテリー(電池)は電気の入れ物です、綺麗な電気を入れるのは当然であり、その出し入れの仕方でパフォーマンス(電気質)が全く違いますw
電気の柔軟性・追従性の良さ(低インピーダンス化)は入れ物で決まるw


インプレ!
「北・北!」
本来なら「バァ~~ン!」と逝きたい処ですが、、、、1回目ですからw
音の出方が全く違います、ココまで違うかよ! そんな漢字w
聴き飽きる音から、聴いていたい音へ・・・・・全体に滑らか(スムーズ)で緻密な表現が可能に鳴ったw
自然に鳥肌が立つ!
最初は「コレがEE音?」がウソの様、

www.youtube.com

www.youtube.com

EEヘッドホンが欲しくなったw
案の定、300円のダイソーでも鳥肌立つワナw ナンですがお決まりコースで、もっとEEのが欲しく鳴る
思ったのは、いきなりヘッドホン選びしてもダメだわ、キッチリ電源仕上げてからだよw 1回目でコレですから、以降が楽しみw
そして、量販店の店頭試聴では充電環境が厳しく、違いが殆ど出ないのでは? 感動しなければ買わないよw


ナンで300円で鳥肌が立つのか?
大事な問題なので、詳しく(カンタンに)書きますw オーディオはSPレコード(蓄音機)の時代がありましたw 電気のオーディオとは無縁でした
そんな時代でも、SPレコードに夢中に鳴る(虜に鳴る)人が沢山いたのよw 低音・高音無しでスペックは最低デショw
でもネ、「感動」できたのよ、SPレコードでさえ、録音時に音楽家の「気」「気持ち」が転写され、再生で伝わったのよw
人の聴覚は、チープな音でも、込められた「気持ち」を漢字るコトが出来る、EE例が電話デショw
スペックでは無いのよ! 大問題なのは、「感動」を邪魔されるコト、つまり、ノイズですわ