「本番」2発目!  太陽光発電金球時体戦弦  

まさか、、、ココまでEEとはネ

ノイズ云々ではなく、根本的に電気質が違う
ショックだったのは、M3X(手の平サイズのDAP)の電源ダケで激変したコト、幾らナンでも変わり杉だろ!
言い換えると、大元ソース次第でシステム全体の音質が大きく変わる、、、アタマで理解できても体験とのスリ合わせがデキンw

よく考えると・・・

柄沢シェルリード線と同じだ   大元のたった数センチのケーブル

カートリッジは発電機で電源不要、M3Xも同じ、、、つまり、AC100Vへの逆流ノイズとは無縁


自作電気計画
ブッチャケ、電気も自作だろ! 太陽光発電でノイズレスAC100Vを作り、大元ソースに使えばIN蛇ネw

ソーラーパネル自作ポータブル電源
以前、ポータブル電源が話題に鳴りましたが、ココに来る(ブーメラン)とは思わなんだw
ブログにシナリオはありませんが、面白い噺に鳴って北!
近い将来、太陽光発電は売電ではなく、貯めて自家用に鳴るのは必至、ポータブル電源はその走りだと考えています
最近、USBだらけなのは、DC5V(安心・安全)を中心にしたDC化の流れだと思いますw
AC100Vを全て移行するのは無理ですが、AC100Vフィルターと併用でノイズレス・ポータブル電源(大元ソース)を混ぜて逝くんよw

www.youtube.com










「本番」2発目逝くで!
f:id:arcs2006:20210801084744j:plain
一晩掛けて抜きましたw
バッテリーは1セル2.1Vで、6セル12.6Vが標準(腹8分目)ですから、12.6V以下は空腹状態なのよw
満タンで13.8Vですよw


f:id:arcs2006:20210801095702j:plain
朝からバリバリ充電中w    ピーカンw
この時、ソーラーパネルの出力電圧は、ナンと19Vですわ、電流が高しれてるので、バッテリーはブッコしませんが、満充電に鳴ったら過充電が始まる
放置すれば確実にお釈迦ですわ、その為のチャージ・コントローラーなんですが、監視状態なら直結OK
余計な制御はノイズ斑の原因だと考えていますw



インプレ!

素晴らしい! の一言!

円やか・柔らかで瑞々しい、美味しい音楽、夢の様な音楽に浸れるw こんな世界が有ったのか?
特に、アコースティック楽器とボーカルが素晴らしい! 部屋に演奏家・音楽家に来て貰った、そんな漢字w だから夢みたいw
試聴と云うと、テストモードですが、以前は気に鳴った音の「ディテール」が気に鳴らず、ジャンルを問わず音楽に浸れる


リッピング・データが使える
デジタルの進化を何度か書いてきました、パナレコCDのリッピングはマジ優秀で、5年前に作ったリッピング専用PCのポンコツ化を心配しましたが
暫くは十分現役として使えるコトがワガッタw


太陽光発電は外せないわ
大元ソース再生機をAC100V(壁コン)から解放する重要性が見えて北! 同じ電気でも電力会社製と太陽光自作電気は根本的に違うワナ
ブッチャケ、太陽光はノイズが無い、程度の認識でしたが、、、、電気質が別モノですわ、ココまで違うとは思わなんだw
M3Xの充電系を色々テストしてきましたが、太陽光がイチバン効いた、相当なショックでこの先如何するか思案中
ポータブル電源が以前話題になりましたが、今回の件と関連性が有り想w  Amazon覗くと、キャンプブームの影響?で、もの凄い数・種類ですわ
自作を考えましたが、その前に製品をテストする必要有りw



良く考えると・・・・
オール太陽光発電にすれば、AC100Vノイズとはオサラバ出来るし、フィルターも要らんワナ、ローカル電源化すれば逆流ノイズも無いデショw


予期せぬ展開に・・・
PS3オーディオ(サブ)の後継としての、M3Xでしたが、優秀性+気付くと太陽光発電の可能性が明らかに鳴った
ノイズ云々で進んできましたが、太陽光発電はノイズ対策の先を切り開いてくれた、AC100Vでは表現不可能な領域が見えた・・・・
繰り返し書きますが、壁コンセントのAC100Vはマンマだと「この水飲めません」ですわ
フィルター入れて「飲用可」にして、もっと美味しく「目指せペットボトルの水」で進んできましたw
そんな時、山歩きの最中、湧き水を発見、飲んだら「バァ~~ン!」ペットボトルの水を買うのがアホらしく鳴った、其れが太陽光発電の電気

結果、M3Xがリファレンスに鳴っちゃた!

いい加減にしろや、馬鹿逝ってん蛇ネェ~~ですわ、M3Xの最初の評価は「マァ~~IN蛇ネw」ど~せ、充電で変わるし、お楽しみだよw
確かに、ノイズ対策やケーブル製作で「バァ~~ン!」でしたが、、、太陽光発電で次元がワープですわ
「E・クラプトンが部屋に来てくれた!」アリエナイよ

特定音楽ジャンルとの相性は無く、ドレもコレも良く鳴る上、今迄聴いたコトのない(もの凄く自然な)世界を体験できます
言い換えると、録音現場のリアルな再現、イヤ、目の前で音楽が始まった! そんな錯覚に襲われる
電源が大事!、お題目を唱えてきましたが、ココまで大事だとは思わんかったw
スピーカー再生には限界がある、と思っていましたが、考えていた限界を突破しているw


フィルターはじめ、各種コンディショナーでAC100Vを弄り倒してきましたが、、、、ノイズはナンとか撃退できたとしても
AC100Vと太陽光発電は、根本的に電気質が違うワナ、AC100Vは人工的(化学調味料)で太陽光発電は自然(天然出汁)

変なモンを知ってしまい、後悔してますw