中華\(^o^)/

質感GOOD!
f:id:arcs2006:20211014142602j:plain
ピンプラグと家ば、無条件にトモカでしたが・・・・
ブッチャケ、中華の方がIN蛇ネ 質感段違いw

コスパ優先で質感は如何でもEE人でしたが、ココまで違うと流石にネ 中華としては高級品ですが、1個250円とは思えないw   トモカがトモカがチャっ地区見えるワナ

f:id:arcs2006:20211014172616j:plain
プリtoパワー間でRG-9A/uと対決!
densenkan.com
RG-9A/uは真剣、CAT6は木刀、勝負に鳴るのかネ

f:id:arcs2006:20211014185721j:plain
ビフォー    太くて重いため、吊ってありますw



f:id:arcs2006:20211014192352j:plain
アフター    軽いし細いし柔らかい、ストレス0、、コレでEEの?

結果は・・・・

www.youtube.com

音が出た途端・・・・「アッ。。。」
音のベクトルは同じ・・・・表現力が「バァ~~ン!」 銀線系の一本調子は、音楽再生には向かないのか?
銀線のエネルギー感は魅力ですが、悪く家ば品の無い再生で、吠えたり・怒鳴ったりですわ、CAT6に換えると音楽が一気にドラマチックに鳴るw
体調不良かと思えるホドの鳥肌に襲われ、如何甲考える余裕無し! 勝負は3秒でCAT6の勝ち!


自作ピンコードは色々ヤリましたw 40年は伊達蛇無いよw 同軸がEEと結論してましたが、CAT6+シールドにヤラレタ、その威力は半端ないw
コレ程作って、威力を実感できるヤツは滅多にありませんw 自作方法を詳しく紹介する予定です、お楽しみにw


パナレコCD・高圧MOSバッファ・プリアンプ・パワーアンプまでCAT6で統一

太陽光充電IPMと相まって、モノ凄いサウンド 思わず怖いワナ

特にバイオリン(弦楽器)が琴線に触れる漢字は「遂に北!」 拷問・我慢からの解放w
如何すれば生演奏に近い再生が出来るか何十年も悩まされましたが、まさか、CAT6とはネ、相当ラッキーでしたw
コレって弦楽器(楽器演奏)に限らず、声・ボーカルの生々しさ、込めた「思い」「気持ち」がビンビン伝わり堪りませんw
音楽は心の表現、と書きましたが、ジャンルを問わずビンビン伝わって来ます、雑食系としてはシテヤッタリ!
ノイズ対策も相当巧く逝っており、音が気に鳴るコトは殆ど無く、音楽が楽しめますw


製作方法はハンダ漬けするダケですが、フラックスはステンレス用(塩酸)を使い、ハンダは銀ハンダを使用しますw
銀線がダメで銀ハンダがEEのかよ、、、矛盾しますが、ハンダ漬けとはハンダ合金層の生成を意味しますw
ハンダ合金層とは、母材の表面処理とフラックスによるハンダの喰い付き具合で生成されます
一般的なハンダ漬けは、コテで加熱し、フラックス入りハンダを溶かして行いますが、コレではハンダ合金層は生成されず、電気導通にしか鳴らない
つまり、表面処理(下地作り)・フラックス処理(表面活性化)には時間が掛かるのよw フラックス付ければOKとは逝きませんw
結果的にはハンダ漬けするダケですが、掛ける時間・手間を含めて、全く別モノなのよw
コレって、柄沢シェルリード線を知るまで考えたコトありませんでしたw
ハンダで音が変わる、有名な噺ですが、、、ハンダ漬けの仕方で音が変わるが正解で、ハンダの銘柄は大した問題ではありませんw

コテを当てる時間は数秒ですが、その前にモノ凄く時間(手間)が掛かる

コテに通電した段階でハンダ漬けは殆ど終わってるw

インスタントではなく、手間を惜しまず下拵えする そんな噺w

ピンコードは線とピンプラグをハンダ漬けするダケ、カンタンな噺ですが・・・実は手間喰う噺で、何処まで手間を掛けられるかで、音が激変・激高するんよw
つまり、メーカー製品はそんな手間を掛けられるワケが無いので、五十歩百歩でドレもコレも大差ないのよw
電気的に導通すれば、音は出るw コレがメーカー製品ですわ、マニアはアホだから点数付けて喜んでるw

だから、自作する意味があるの! ハンダ漬けはピンキリw
同等品を売ってるなら、買えばEE、撃ってなきゃ、自作するしかないw