太陽光充電とフィルター充電の検証

フィルター充電
メインは太陽光充電によるベスト電気質再生ですが、悪天候時のサブとしてフィルター充電は欠かせませんw
退院後、満充電ではありませんでしたが、調子こいて視聴したため、12.5V(スカタン)まで堕ちてしまったw
いい機会なので、フィルター充電噛ましたら如何鳴るかテストw


充電器は、TOS+中華SW電源15V27A(400W)を284Vパワーモジュール&D・Cチェックバルブ駆動
ブログの定番仕様で、AC100VはAC200Vからガチ・フィルター入れて作りましたw   つい先日まで、リファレンスだったヤツ


インプレ!
太陽光充電と比べ、少し硬質感が気に鳴る やはり「こんなモンなのか?」諦めるしかないのか?
ブッチャケ、気持ち良く鳥肌が立たない・・・・人は音の違和感に超敏感だとつくづく思いましたw 特にEEモノを知ってしまうと後戻りできないw
内部抵抗を測定すると、7mΩ程度あり、1.6mΩとは違うワナ、、、言い換えると、数値で判断できるみたいw
ちなみに、この状態でさえ、壁コンセントAC100Vのガチ・フィルターとは雲泥の差であり、贅沢云うな!
マルチIPMは逆流ノイズには強いし、大容量バッテリーは内部抵抗が低い

常用では無いので、IN蛇ネ  と思っていたら・・・・

15分位経ったら・・・アララ、、、鳥肌が立ち始めた!
システム全体のウォームUPが終わった?  ナンか変わったゾ!   朗報ですわ
ブッチャケ、良くワガンネ、、、電気は不思議w 内部抵抗を測ったら2mΩに下がってやんのw
今回は、充電器をOFFしてイキナリ試聴ですから、バッテリー内部での変化が激しいのかもしれない


AVサラウンドで視聴へ

特に問題無し!  ヨガッタw

常時、太陽光充電を行い足りなければ、ブースター充電!  フィルター充電すればEE


音楽再生音の良し悪しについて書くと

鳥肌が立たないとダメ!  この一言に尽きる

何故かと家ば、鳥肌は自慰では無理デショw 脳が瞬時に、「気持ち」に反応して怒る、コントロールできない
つまり、オーディオAV装置に「鳥肌」を立たせる能力が有るか如何かですわ


色々な価値判断があるのは承知しています
聴き易い音を求めるのも結構ですが、、、そんなモンに興味はありませんw
言い換えると、聴き難い音が余りにも多い裏返しですが、「気持ち」が伝わる再生音、「感動」できる再生音に尽きる
もっと家ば、「感動」「鳥肌」が無いと売れませんw