自作スピーカーコンテスト2022へ始動!

自作スピーカーコンテスト2021は中止
同じレギュレーションで1年延期・・・・と相成りましたw
チェロスピーカーを作ってワガッタのは、楽器の響きを超える自作スピーカーBOXは無理だと悟ったw
響きの良いBOXをアレコレ必死こいて設計しても、楽器の響きには勝てない・・・そもそも歴史が違うし、永い思考錯誤でカタチ(設計)に鳴った楽器を超えるのは無理w
にも拘らず、懲りずに参加スル理由は・・・・

f:id:arcs2006:20211116201419j:plain
BOXはチェロをマンマ使用して、ユニットだけ交換
コレにはワケがありますw  このスピーカーを楽器に見立てた時、ユニットは弦ではないか? ユニット=弦
確かに、弦は大事ですが、楽器の音は本体(ここではBOX)で決まる、、、そして楽器は成長スル(鳴らすホドに音が良く鳴る)のよw
ブッチャケ、素性が悪いと鳴らしてもカンタンに良く鳴りませんが、逆に、BOXを短期間に作り換えると、何時まで経っても音が良く鳴らないw
このチェロはヤフオクで入手したエントリー(入門用)クラスなので、CDで聴く様なチェロにはホド遠いのが現状ですが、、、地道に鳴らし込めばソコソコ逝くん蛇ネ、そんな思いもあります
つまり、スピーカーBOXを頻繁に換えるのは、時間(オーディオ人生)の無駄だと考える様になりましたw
オーディオマニアは、スピーカーユニットが重要で、エージング(鳴らし込み)で、ユニットの音が良く鳴る、と考えますが・・・違うん蛇ネ
もちろん、ユニットはスピーカーの心臓ですが、もっと大事なのは、BOX(五体及びその他臓器・脳)では???  そんな検証が目的ですわ

そして、スピーカーが頑丈で重た杉!
オーディオ黎明期(40~60年代)の天才ビルダーは、スピーカー=楽器と考え設計していましたが・・・
スピーカーが工業生産品として位置付けられた辺りから、もっと頑丈で重くガッチリ作らないとダメ!  そんな風潮が怒り、特に日本人は其れに毒されてしまったw
私もその一人としてガンガン逝きマンタw  40年遣って気付いた・・・・コレに正解は無いワナw
アタマを真っ新にスル! 其の為には、全て逆を行う
スピーカー=楽器なら、楽器をスピーカーにすればIN蛇ネ




そんなワケで、サブ・システムのご紹介w
サブ・システムの意味とは、、、メインと同じベクトルで攻めても意味がありませんw かと逝って、2番手を作るのもツマラナイw
オーディオは嗜好品ですから、2番は無いのよw 人生にはタイムリミットが蟻、刻刻と時間が減って逝くw 人生100年と書きましたが、皆が100年ではない
書いた様に、突然老いる化するのが極普通ですわw 噺を戻すと、サブ・システムには、メインと違う明確な方向性が求められ、二面性を楽しむためのサブであると同時に
メインにガチで喧嘩売る根性が欲しい、つまり、サブに依ってメインが向上、メインのお陰でサブが光る、そんな展開が有ってこそ、の相乗効果ですわw
つまり、メインを尖らせ、双極でサブを尖らせる 互いに刺激し合って上を目指す関係w
f:id:arcs2006:20211116201522j:plain
DAP真空管プリ(中華改造)・自作デジアン(ハイペックス)
f:id:arcs2006:20211116201210j:plain
いよいよ、DAP(M3X)が本格始動w ブッチャケ、コイツのお陰で太陽光充電IPMが生まれたw
充電はLiFePO4からデコデコで5Vを作り行いますw  省エネタイプなので、連続24時間再生も可能w
音楽データはPCオーディオと共有(FLAC)、音は相当EEのでリファレンスに喧嘩売れますw
小規模システム(ローコスト)で極上音質を狙う、太陽光充電の良さを知るためにはピッタリw    但し、諸々自作が必要なので、敷居がチト高いw

f:id:arcs2006:20211116201249j:plain

元は5000円(Amazon)の中華真空管プリアンプでしたが、弄り倒してワケワカメな状態(過去のブログ参照)に鳴ったw
音は滅茶苦茶EEですよw 真空管の良さが全面に出てますし、雑音も少なくGOOD!

f:id:arcs2006:20211116201243j:plain

www.youtube.com


ハイペックスのデジアン、ブッチャケ、ジェフローランドの高いヤツと同じw 電源はシリーズ(35年前の自作を流用)、PX3(ヤマハ)にしようか悩みましたが(爆)
想スンと、アンプが全てヤマハに鳴ってしまい、ツマラナイので止めましたw

f:id:arcs2006:20211116201321j:plain

プリアンプとパワーアンプは、夫々別のIPMからAC100Vを供給していますが、パワーアンプにはTOS、プリアンプは電源部に組込み済み
インバーターのAC100Vは綺麗ですが、TOSが必要だと判断していますw


引き続き、スピーカーケーブルの新作・ピンケーブル製作・ユニット改造・BOX改造 盛り沢山で逝くでw

時間有るので、ジックリ逝きますw

前作のユニットは5センチでしたが、今回は10センチ(103)で4倍ですから、ブッチャケ、余裕の酔っちゃん!
振動板(弦)面積の違いはデカ!
楽器の弦はダンピングファクターが大ききく(制動悪)、楽器全体に響きが伝わりますが、スピーカーユニットはダンピングファクターが小さい(制動良)
つまり、ダンピング特性のスリ合わせで音質が左右されるw 調整のポイントが見えたw