再検証・・・・ハンダ漬け


www.youtube.com

ケーブルは切ってハンダ漬けで再接続
f:id:arcs2006:20211205114601j:plain
逝っても誰も遣らない、だからヤリマンタw
f:id:arcs2006:20211205114617j:plain
塩酸フラックスを使用、5カ所(10カ所)で鉛ハンダ漬け
同じ条件で延長ケーブルを作り、一方は切断してハンダ漬けで再接続


イヤな予感・・・・

大したコト無ければINですが、、、遭ったら  タダ蛇スマンだろ・・・タブン遭うワナ


インプレ!!!
f:id:arcs2006:20211122102358j:plain
チェロでテスト、パワーアンプ(HYPEX)の電源ケーブルにプラス

ヤッパな!
ナニが違うか家ば、、、鳥肌の勃起&持続力! なのよw

ノーマルだと、普通にゾクゾク、1曲の中で決まった処で起つんですが、ハンダ漬けだと、イキナリ「バァ~~ン!」でそのまま曲が終わるまで続くw
鳥肌はマスターベーション不可なので、分かり易い・・・・音が如何違うかは説明できませんが、ノーマルだとサッパリした鳴り、ハンダ漬けだと音楽がドラマチックw
音質で鳥肌が起つのではなく、音楽家が録音時に込めた「気持ち」がビンビン伝わり起つ!
その為には、音が気に鳴らない(違和感が無い)状態が必要、録音を再生するダケですが、、、幾つも壁がある、違和感=ノイズ

整理すると・・・ハンダ漬けはノイズ対策ではありませんが、ベールを剥いで情報量を炙り出す効果、、、ですかネ


聴覚はメチャ高性能、オーディオマニアで話題になる「耳がEE/悪い」音の聴き分け、そんな噺がありますが・・・・
一切カンケイありません、、、耳の悪い人とは、人の気持ちが分からない人をEEますw
音にウルサイ人は要注意!

言い換えると、正にラバールノズル効果ですわ、マルチIPM夫々と各機器で必要

ノーマルが要らなく鳴ったので・・・
f:id:arcs2006:20211205130825j:plain
f:id:arcs2006:20211205130838j:plain
違いを出すために、銀ハンダで
f:id:arcs2006:20211205131246j:plain
除電噛ましてw


プリアンプ側へプラス
銀ハンダはドラマチック+煌びやかで「バァ~~ン!」  鉛ハンダが地味に聴こえるから笑える
脚色の様に聴こえるケド、ノイズ感は無いのでキラキラしてもIN蛇ネ、、、ノイズ対策が甘いと逆効果かなw


ツウわけで・・・
f:id:arcs2006:20211205144424j:plain
鉛ハンダに銀ハンダを追加
f:id:arcs2006:20211205144437j:plain
f:id:arcs2006:20211205144738j:plain


完成かなw

高がハンダ、普通に漬ければナンも怒りませんが、方法を工夫(ハンダ合金層の生成)するとビックリ仰天! 相当遊べますよw ご参考くださいませ。
わざわざ切断してハンダ漬けで再接続、、、この時、必ず塩酸フラックスを使う、ブッチャケ、普通のフラックスでもOK、効果が下がるダケw
疑うなら、先ずは普通のフラックスでお試しアレ、、、但しヤニ入りハンダでは殆ど変わらないよw
柄沢シェルリード(KSリマスター)で使うフラックスやハンダ銘柄は企業秘密、フラックスとハンダ、そして熱の入れ方等、全てが秘密
秘密をコジ開けるために考えたのが塩酸フラックス、アドバンテージ位は逝ったと思ってますが、、、次は、エッチング液を使うw

エッチング液で銅を溶かし、フラックス(松脂)で下地を作るw

ポイントは、ハンダ合金層の生成



各種実験を基に、ピンケーブルを製作しますw