ケーブル言いたい放題w

届いたケーブル               只ならぬ気配が・・・漂う
f:id:arcs2006:20220112105929j:plain
      f:id:arcs2006:20220112105942j:plain

オーディオAV趣味は別名「対決嗜好」
ナンでもカンでもやたら比較し捲り、対決大好き、スグに「比較しようぜ!」   悲しい嵯峨だよw
其れが元で仲間同士で大喧嘩に鳴るケースが多々あり、笑ってる場合蛇ないw  それだけ真剣な(人格を掛けた)遊びですわ
特に、買ったヤツを比較する奈良、如何ってコトないですが、、、自作モンだとヤバいw

そんなコト、simon殿は百も承知でしょうから、気にしませんが(爆)




聴いてみましたw
f:id:arcs2006:20220112151211j:plain
高圧MOSバッファーープリアンプ間
リファレンスのCAT6ピンケーブル(ブログ参照)とトレード、、、本人曰く、1昼夜寝かせてとの噺ですから、先ずはチョイ聴きでのインプレ
ブッチャケ、大きな違いはありませんが・・・・
サ行・タ行が僅かに引っ掛かる 
ノイズ領域と重複する音域ですが、ノイズは同等だとすれば、ケーブル特有の癖かな・・・・レベル的に盛り上がった様な鳴り方(ハイハット)です
ピアノの右手が特定の鍵盤で強調した様な漢字、、、、ブッチャケ、CAT6がメチャ優秀ですわw ベルデンとは勝負に鳴らんかもw

暫く(20分位)聴くと・・・

サ行・タ行が少し治まった、10だったヤツが6・7でしょうか、ナルホド、接続直後は不利かも・・・・それでも聴いてると気に鳴るかなw

直感ですが、、、コレはハンダ漬けだと思います!
ご本人からコメントあると思います、私の経験ですが、塩酸+銀ハンダで驚いたのは音楽表現力の爆上がり、サ行・タ行が改善されると一気に上がる!
ハンダ漬けの仕方で、サ行・タ行が大幅に改善、音楽全体が変る体験をしていますw   当時、我慢出来ずに一気に全て作り換えてしまったw

現在、通電・接続中、明日また聴いて書きますw












高がケーブル、然(さ)れどケーブル
ケーブルについては、信頼性の高い線材でシッカリ作ればIN蛇ネ、、、  永い間自論でしたw
信頼性の担保としては、オーディオではなく、産業分野で判断しました、究極は軍用(ミリタリー)ですかネ  兵士の命に関わりますからw  NTT規格・軍事規格・宇宙規格等々
シッカリとは、コネクターの形状・構造、そして規格、 背景には業務用通信機メーカーで開発(主に放送機)をしていたのでw


ブッチャケ、オーディオ用(民生)と云われるヤツは一切信用しませんでしたw  鷺だろ!






ケーブル帯電(静電気ノイズ)について
買った時はINだけどネ  皆さん、ケーブルを購入して交換した経験があると思いますw
交換したては、特に音がEEのよ、、、だから満足するし納得スルと思いますが・・・・知らぬ間に元に戻るって知ってましたか?
交換して音が良く鳴り、脳が認識する、、、その後エージングとか色々云われますが、変らないハズ(思い込んでる)の音が、ホンの僅かづつではありますが、後退・悪化し始める
人は良く鳴ったと認識、まさか逆戻りするナンざ考えもしない、考えたくないw  ココがお歳ANA・・・数カ月スルと元に戻ってしまうw
「ケーブル換えて良く鳴った」そんな認識から逃れられない・・・・ご経験あるデショw  コレが帯電!
ケーブルの比較も要注意で、ブッチャケ、帯電しているヤツ(除電がいい加減)を無造作に差し替えて比較すると、右往左往するダケw
例えば、除電ブラシで撫ぜるダケで、ケーブルの評価はガラガラ変わってしまう・・・

コレが整理できないと、「変だなとは思いつつ」又買う羽目に鳴り、堂々巡りを繰り返す

手っ取り早いのは、濡れ雑巾でケーブルを拭きましょう!
取るに足りない微弱帯電ですが、微細な信号の打ち消し作用が働き、響きや透明感が減ってしまう、、、僅かづつなので気付かない(人はココが苦手)
雨の日に音がEEのも同じ原理w  だから、除電が必要
ケーブルが帯電した処で、ナンなんだと思われるかも知れませんが、濡れ雑巾を試せば驚かれるハズ  スグ戻っちゃいますが(爆)

静電気対策は相手が地球(自然現象)なので、コレ買えばEEとか塗ればEEとかでは済みませんw
オーディオショウでスピーカーケーブルを枕憑けて浮かしたりしてるのは、床から静電気をお貰いしないためですよw
残念ながら、彼らには静電気ノイズの認識は無く、甲すればEE、そんな方法論で終わっているw
除電対策は部位を見るのではなく、全体(環境含めて)俯瞰する必要があります
ブッチャケ、エアコン憑けて乾燥ビンビンの部屋で除電対策噛ましても、豚に真珠、ましてや、マトモな湿度計持ってないとか、アリエナイw



線の材質について
コレについては、無酸素銅(OFC)からはじまり、イヤハヤ色々蟻杉でしたw
ブッチャケ、オーディオ専用云々線についての噺は、テキトウに聞流しておけばOKw 一々相手にスルと疲れるワナ
銀メッキ・純銀など、電気の通り易さ(導電率)を追い求めても、ハッキリ逝って不毛ですわ、、、気に鳴るならトコトンどうぞ、結果を教えてくださいw
ポイントは、電気の通り難さ
古い電線(ビンテージ)はじめ、鉛・真鍮・カーボン・ニクロム等々、ケーブルに向いてますよ
銅線を基本として、通り難いヤツを混ぜる(ブレンド
ブログではノズル効果として書いて来ました、つまり自作前提の  創作料理世界  に鳴りますw




ケーブル被覆(外皮)について
コメントでsimonさんが書かれていますが、前述の帯電の噺と関連して、メチャメチャ影響します!
つまり、ケーブルは外皮に影響され易い、EE/悪い共にネ、だから先入観抜きにトライするしかありませんw
例え銅線であっても、蕎麦にナニが有るかで、電線が影響を受けます(イオンフィルターがEE例)、電気は魔訶不思議な世界w だからオモロイw





ブッチャケ・・・
ケーブルでそんなに変わるのかよ!

arcs2006.hatenablog.com

ハンダ憑けだよ!

正確に書くと、ハンダ憑けの仕方、下地処理・フラックス選び・ハンダ選び
ナンてコトないハンダ漬け、ブッチャケ、考えもしませんでしたw  普通は、ハンダ選び程度で終わり「ナンチャラ半田がEE」とか、そんな噺w
違うのよ!   ハンダ漬けはシステムで、協調・相乗が結果に出る!
考え出すと、気楽にハンダ漬け出来ないワナ、、、だからアンチョコできないかと思案中w

自作ピンケーブル勝負=ハンダ漬け勝負!
もちろん、強要ではないので、各種トライは大歓迎ですし、望む処ですわ、、、だからオモロイw
柄沢氏は外観・仕様同じで30万円のケーブルを持ち込みます