オーラスDAC再始動w    でもヤッパNE    そしてカスタムへ

7年放置で不安でしたが・・・・
目出度く再始動w
f:id:arcs2006:20220115180100j:plain
f:id:arcs2006:20220115180204j:plain

デジタルですから、配線が正しければ音は出ます
とりあえず動作したので、メデタシですが、、、問題の音パフォーマンス
イキナリ試聴噛ましてEE/悪いは性急杉デショw、電源部の馴らし含めて音出し開始w ノイズは殆ど無いので並みの高音質かなw
直感したのは「何処かで聴いた記憶が・・・」 同じヤツ聴いていたので思い出したw
正式評価は明日以降ですが、、、新鮮味は無さそうw  チラ聴きだと、M3X(DAP)の方がIN蛇ネ、、、

このDACはFPGA(プログラムLSI)を使い、PCMをDSDに変換(P2D)、DSD原理基板(抵抗並べたヤツ)でアナログ信号(電圧)を作り出す方式
8年前は最先端で凄いと漢字ましたw コレでDACは完璧だと思いましたw

しかし、2018以降の技術革新により、古いデジタルはゴミですわ・・・・分かっているつもりでしたが、7年前の音聴いて・・・・ヤッパNE

爺さん連中の認識だと、PCM規格は変わってないから古いDACでもソコソコ逝けるデショw  だよね!
デジタルとは家、アナログ部分もあるワケで、アナログも其れ鳴りに大事だと、RX-V6A聴くまでは思ってましたし、事実そんな歴史でしたw
でも全く違います!
RX-V6A(¥65000-)のアナログ部はチャッチイなんてモン蛇ない、、、「聴くダケ無駄だと即決」でした、聴きたくて聴いたワケ蛇ありませんw
コロナ禍でAVアンプは世の中から消え、全く無い状況で、嫌いだったヤマハから唯一新製品が出た・・・・好きも嫌いもアラヘンわ、、、他に選択肢が無い!
2000年以降のAVアンプは、書いた通り、突然壊れるのよ、、、LX90も想ですし、インストールした現場も同じw  
仕方なく聴いたら・・・
f:id:arcs2006:20190112212433p:plain
音質の大部分はデジタルで決まるとワガッタ
ワンポイントリリーフのつもりが、、、エース大谷登場!
RX-V6Aは二刀流、第一級のピュアオーディオ&AVサラウンド
噂に旭化成半導体がEEと聞いてましたが・・・ホントでした マジ革命デショw
フラシボ処か、反対で、悪いのを確認しとこう、そんなレベルでチョイ聴きしたら、イキナリ、165Km/hの剛速球とホームランw
特別な設定とか一切ありません、ナンせ、AVアンプ辞めて、長岡マトリックス4CHで逝こうと思ってましたから
一言、、、圧倒的サラウンド!
つまり、力んで聴かなくても音の違いが瞬殺級だった


そんな時、旭化成の工場が全焼・・・・そしてルネサス



噺を戻すと・・・・
思った通りで、7年前の半導体は現代では通用しませんw ナニが如何違うか説明し難いですが、、、音楽再生パフォーマンスの次元が違うw
オーラスDACはその確認が目的でしたw   そんな確認が必要なのか?  気持ちの整理を含め必要w
音は捉え処(数値化)が無い上、聴覚は長期間の変化に鈍感ですから、確認する必要がありましたw
案の定、新鮮味が無い時点で終了ですわ、良ければ「バァ~~ン!」と書いてるデショw   ヤッパNE
喰い下がって、頑張ろう(弄ろう)とか、一瞬考えましたが・・・・M3Xに負けてる段階から、力が入らないw
せめて、同等かな❓  位は欲しかったw でも7年前蛇無理だわな     二言終了!

ブッチャケ、古いDACやAVアンプ(高級品)をお使いの方、満足してる方は多いと思いますが、、、現実はこの様ですw


さて、次は・・・
ショックはショックですが、想定内、オーラスDACの役目は終了w  オーラスDACは自作DAC終焉を意味します、少し整理すると
電源部とデジタル&アナログ基板に分けられる
電源部の自作はブログを参考に是非トライしてください、自作ならではの超弩級がオススメ、時代は変われど、電源部は絶対必要ですから
電源部と逝っても、メインは中華SW電源で自作はフィルター部分ですがw

デジタル&アナログ基板の自作は無理デショw
中華DACの圧倒的コスパを考えると、無理とは家ませんが、徒労に終わるw 自作は甲斐が有ってこそ成立するアソビw
ググると、最新DACで基板販売されている方がいらっしゃいますが、、、

目指すは、自作電源+中華DACのコラボ

中華DACの欠点は、電源部ですわ
PCで考えると、シリーズ電源はアリエナイ、しかし、中華DACの大半はシリーズ電源で、小さなケースに電源トランスが入り、蕎麦にデジタル基板が殆どw
最新デジタルにシリーズ電源はカッタルイ、、、パナレコ見ればワガル、、、しかし、オーディオにはシリーズ電源が定番、そんな都市伝説があり、皆安心するw
DACは音ダケですから、未だシリーズ電源で逝けますが、、、相当カスカスだと考えていますw パナの9000やSACDプレーヤー見ればシリーズ電源に無理があるのは明確w
中華DACの電源トランスを撤去、自作電源から供給すれば大場家スルかも知れん
自作と云うより改造ですかネ、市販車にデカTURBOやスーパーチャージャー憑ける噺と似ているw


www.youtube.com


改造からカスタムへ      カスタム・オーディオ世界
従来の改造は、市販製品買いメーカー保証を捨てる捨て身改造のイメージが強く、変なヤツしか改造しない・・・そんな世界でしたw
メーカーとは国内もしくは海外高級ブランドを意味して、安心・安全・サービス満点でしたが・・・・時代は一変!
中華DACを買ったとして、メーカーの実態は??? Amazonで買えば不良交換してくれる、、、そんな世界ですわ
旭化成のDACが凄いとして、国内メーカーはそんなモン作りません(大して売れないから)オーディオ主戦場は今や中華ですわ

中華を買ってカスタムしよう!

大抵の高級DACは5V(デジタル部)・±15V(アナログ部)を外部から入れれば動作しますw 回路構成が殆ど同じですからw
言い換えると、電源さえキッチリ用意できれば、DACの世代が変ってもマンマ使えて違い・進歩を楽しめるw

コメントにあるSingxer SDA-6をググって見ると
f:id:arcs2006:20220116225032j:plain
トロイダルトランスを外に追い出すダケで相当良く鳴るハズw  そんなアイデア
従来の認識では、電源トランスは仕方ない・生姜ないと思われており、外に出そう・追い出そうとは誰も考えませんw 麻痺しているw
最新DACのSN比は140dBとか、其れって測れるの? まで進化しています、トロイダルトランスが撒き散らす迷惑磁力線の干渉が無いワケがないw
干渉=微細情報が打ち消される、、、、ナンと勿体無いw

ブッチャケ、40年前から、プリメインアンプの電源トランスがデカいとフォノイコ(レコード再生)に良くないと岩れていたw
その後、知らぬ間にトランスのデカさを競う様に鳴り、、、誰もトランスの悪さを岩なく鳴ったw  世の中、そんなモンですw
私が変人で、変なコトばかり逝っているワケではなく、過去に検証され指摘されて北ヤツを思い出して書いてるダケw