シンDAC選び   その2

DACの回路設計はツマラナイw

www.youtube.com
音楽・楽器演奏は個性の塊ですが、デジタル回路設計には個性が入り込む余地がないw 今に始まった噺ではなく、35年以上前(現役)だった頃、職場の先輩から岩れたw

設計=デザイン、だと考えると、デジタル回路設計ほどツマラナイ世界は無い!
デザインだと考えれば、デザイナーの個性・主張・拘りが反映されてナンボ、デザインした方の個性が色濃く出てオモロイ世界ですが・・・・
デジタル回路設計に個性(癖)はアリエナイ、デジタルは最適化が最上ですわ、だからツマラナイw
確かに、最初(未最適時)はオモロイ、最適化を実現するために試行錯誤が繰り返され変化の過程を楽しめますが、、、決まってしまえば終了!
デザイナーは称えられますが、初めダケで後日忘れ去られてしまうw
デジタル設計とは数学式の解法に近く、一度解法されてしまえば、道理と鳴って定番化してしまうw  個性が入る余地が無い!
ナニがEEたいのかw

優秀なDACチップが有ったとして、回路設計で個性はアリエナイ

何故なら、DACチップ側で指定されているから、真空管を使うとか、全く出来ないワケではありませんが、デザイナーが挑戦する「意義」を見出せないw
つまり、DACチップ開発段階で周辺回路の最適化は終了しており、ヤル気が起きないw

だから、電源回路ですわ!
デジタルだから、指定電圧で普通に供給すればIN蛇ネ、、、なんて思うデショw  違うのよw
ノイズ対策の基本的考え方で書いた様に、デジタル回路は電源経由で干渉され易い性質があり、干渉されるとパフォーマンスが低下してしまう
スグ蕎麦に、電源トランスがあれば、迷惑磁気攻撃を受けて微小レベルが打ち消されますが、気付かないケースが多く、知らぬ間にに遣られちゃうw
「電源トランスのナニが悪いの?」「皆使ってる蛇ない」そんなレベルw 真剣に比べたコトが無いから気に鳴らないw 麻痺しているw
例えば、デジタル5V電源がデジタル回路から干渉され、迷惑ゴミを出したとして、アナログ±15V電源に必ず悪影響を与える
電源トランスが共通だったら、モロですわ
つまり、各電源が夫々アイソレーションが確保されないと、お隣電源さんから騒音公害を受けちゃうw ところが、其れ自体に気付かないケースが殆どw
最新DACチップのSN比は140dBとか逝ってます、蕎麦にブンブン唸って磁力線撒き散らす電源トランスが有ってEEワケないデショw


プロジェクターの電源入れると、音質劣化が起きたして、元々AVアンプはこんなモンだから、と勘違いして、ノイズ対策をしない、、、同じ噺デショw


ノイズ発生・干渉の原理を整理しないと、ワケワカメで終わってしまうw


システム内で怒る問題と、各機器内部で怒る問題の根っこは共通
f:id:arcs2006:20220105102203j:plain
オーラスDACと称して、P2D復活を画策しましたが、、、案の定古杉でダメでしたw ブッチャケ、FPGAが古いのだと思います(理論通りに動作していない)
P2Dはあくまで確認で、実はコレを使ってカスタムDACを作りたかったw リファレンスはパナレコCDでもINですが、隣でご機嫌斜めのZEONちゃんが居るので
もう一花咲いて貰わんとw
DACの回路設計に関しては、書いた通り、手出し出来ない上に、大義名分が無い、、、、理屈はカンタンで、優秀なチップと正確な時計(クロック)を組合せ、指定回路で終了w
言い換えると、誰が作っても大差無いと判断、主要回路は製品をマンマ使用で弩級電源で勝負w

対戦決定!
ES9038PRO vs AK4499  
夫々、中華DACを購入し、パナレコCDもしくはZEONPCオーディオでガチ対決w 
2台揃えると投資金額が大きく鳴るので、如何スンか悩んでましたが、、、ES9038PROは参戦者が表れたので、白須がAK4499を用意w
ES9038PROは、製品DACをマンマ使用、電源トランスはFMシート包み&コアブリッド原綿除電のプチ改造w
AK4499は製品DACの電源トランスを撤去、写真の外部電源を使いブログの内容に沿ったカスタムDACを製作w
一見、不公平に見えますが、参戦者曰く「ES9038PROは相当EEよ、十分戦える!」と豪語しているので、その流れで逝きますw
ちなみに、参戦者は太陽光充電IPM&パナレコCD愛用ですから、相手に不足はありません(爆) 試金石としてバッチリ!

使用するDACは・・・
page.auctions.yahoo.co.jp

ググって見ると、ES9038PROはソコソコ(日本製も)有りますが、AK4499は新しいダケに製品数は少ない、そしてやはり中華がリードしている
日本製DACチップなのに、中華の聞いたコトないメーカーが平然と使い熟している様に見えるw 試作から量産まで考えると、製品化まで最短でも6カ月は掛かる
旭化成半導体が得意だとしても、オーディオメーカーではない、DACチップだけでは音が出ないから、周辺回路含めて試作・音出し・評価が必要w
マトモな製品を作るには、旭化成と相当なパイプが無いと不可能デショw  DAC回路設計はカンタンな様で、基板設計には相当なノウハウが必要w
つまり、相当出来るヤツが中華に居るか、日本人が現地で設計しているとしか思えんのよw



ナンと申しましょうか・・・・国産メーカーでAK4499使ったヤツが無い(公表されていない) 悲しいやら情けないやらw
歴代のDACチップはBB(バーブラウン)・フィリップス・TI・ESS等、外国勢が圧倒的でしたが、遂に、旭化成(日本)が狼煙を挙げた、しかし、国内オーディオは絶滅状態
本来なら「待ってました!」と各社が競って製品化ナンですが、、、、全て中華に頼るしかない、、、DIP型(脚付きIC)なら万能基板にハンダ漬けできますが、SOPは無理w
その上、中華が良く出来てるのよ、、、痒い所に手が届くが如く・・・・一体誰が教えたのよw


www.youtube.com



www.youtube.com

この辺りの年代も、発掘スル意味有り想w
ビートルズは別格として、当時の日本歌謡は、シングル盤が中心で、アルバム(LP)としての作品性が低かった、アルバムが確立したのは荒井由実「飛行機雲」辺りから
言い換えると、昭和歌謡の中心はシングル(ドーナツ盤)だとスルと、LP真空地帯が存在するので、発掘の必要性を漢字ていますw

だとスンと、、、ホームセンターCDが狙い目
ホームセンターCDってお宝音源の宝庫って知ってましたか?
一寸前なら「コレこそレコード」そんな噺でしたが、ノイズ対策が進んだ今、レコードとCDの垣根・敷居が下がり、DAC進化と相塗れ、CDの価値が評価されるべき
特に、1960(昭和35年)~1975(昭和50年)の日本歌謡曲はシングルレコード中心、シングルレコード収集もEEとは思いますが、ホームセンターCDは無敵!
ちあきなおみ欧陽菲菲水原弘山本リンダいしだあゆみ和田アキ子、シングルで勝負していた方々のLPは探すのタイヘンw
ノイズさえ無ければ、古い音源のハンディキャップは解消され、心の表現が全面に出て来る
古くて聴いてられなかった理由は、雑音ではなくノイズ塗れで「心の表現」が伝わらなかったからデショw
喜んでリマスターCDを買い、聴いたら「コレは違うぞ!」全員が思ったハズ

www.youtube.com





f:id:arcs2006:20220122170042j:plain
四駆の謹賀新年会・・・・  サブかったぁ~~ 隣の80も長山V8スワップ

街中からドレスUP四駆が姿を消して久しいですが、人里離れた(携帯圏外)山中にはトンデモ四駆が蠢いているw
人が居ないので、目立っても意味が無く、困難な状況下で如何に走るか、前に進めるか、そんな世界w
ブッチャケ、クルマには興味が無く、普通免許を取得したのは28才(遅咲き)、子供が生まれてクルマが無いとメチャ不自由だと気付き、仕方なく、其れ迄は2STバイク一筋w
興味が無いので、ぶっ壊れないクルマ、買い替えしなくて済むクルマ、選んだのが日産サファリ(爆)
色々ありましたが、知り合った方々がトンデモ濃杉で、、、気付いたらこの始末w