ハンダ5532&1612のインプレ

f:id:arcs2006:20220206202223j:plain

素晴らしいの一言!
オペアンプの違いより、ハンダ漬けの方が音質変化が大きい!

変化は、表現力に出る! 其れは「歌唱」で良くワガル

               
www.youtube.com

50年前の録音ですが、、、再生難易度が特に高いw
山本潤子は絵付きで数々の素晴らしいパフォーマンスがありますが、音ダケならコレ、、、超ムズイw ブッチャケ、良く聴こえないw
最初は「録音が悪い」と判断しましたが、ミスジャッジで、マトモな再生が出来なかった
f:id:arcs2006:20211220112835j:plain  音源はコレ
今や、システム全体のパフォーマンスが上がってしまい、良く鳴るヤツばっかで、難易度を上げないと違いが出ない(爆)




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 夜談 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
入れ揚げ杉はカラダに悪い
ノイズ対策はドップリ嵌ると抜けらない、、、其れ迄、音が悪いと漢字た時、ケーブルや機器の性能・音質が低いと判断されていたと思いますw
交換やグレードUPが必要だとして、即行とは逝かず、一旦水を差された状態に鳴ると思います、ナニを如何変えればEEか考える必要があるし・・・・
ところが、ノイズ対策は抑えが効かなく鳴る   何故かと家ば
ケーブルや機器が原因だと思って板のに 「ノイズだったのかよ!」 責任移譲が怒るw
ケーブルや機器は悪く鳴かったのネ、、、気付くw
先ずはノイズ対策(退治)をして、現用機器の持つ本来のパフォーマンスを引き出してあげよう、、、って考えるワケよw
その上、ノイズ対策噛まして「鳥肌」起ったらタイヘンw
ブッチャケ、ケーブル換えたり、機器換えても「鳥肌」 はアリエナイw    ナニが大事か気付くw 
甲鳴ると、オーディオ再生に対して、求めるモノが変ってしまい・・・・音質ではなく「鳥肌」一直線!  音楽再生の目的・意味が理解できますw
人は感動したい生物   オーディオはドラッグ!  カラダに悪いw

何故かと家ば、元々音楽はその場限り、音は消えてしまうw   ところが、録音・再生すれば、何回も聴けるし、感動も同じw






それでは
1612インプレ!
5532との比較ですが、鳥肌レベルは同じ「北。北!」は有りません、、、依って大差無しではありますが、、、、
細かく聴いて逝くと、僅かですがディテールの再生が丁寧で科やか、しかしながら、5532が雑という噺ではありませんw
比べたら、1612の方がIN蛇ネ、、、
ちなみに、竹田の子守唄は、絶品でしたw




DACをM300に戻したら・・・・     だよなw
噺の流れからスルと、「ガクっ」と堕ちて 聴く気に鳴らない、とお思いデショw
確かに、そんな予感はありましたが、、、違いました!
シンDACのパフォーマンスは途轍もなく高い代わりに、緊張を強いられる「レース本番」みたいなヤツ
もちろん、そんな遊びですし、上を目指して北ワケですから、オーディオ冥利w   ナンですが・・・・
M300に戻したら、緊張感から解放されリラックスwww
シンDACはヤリ杉(ナンと贅沢)だとワガッタw 適度なクレーマーの方が楽w 矛盾してますが本音w


よって、パナレコCDはM300で逝きますw
上には上が有る、そんな確認が出来ましたし、シンDACはZEON用そして、比較試聴用で活躍して貰いますw
ブッチャケ、IPM+パナレコCDに敵うヤツは居らんワナw