オーラス電源DKNノズル

色々作り、辿り憑いたのが焼きニクロム
ノズルは絞りだと考えれば、ケーブルの一部に電気が通り難い箇所を作り、電気絞りに見立てて加速を実現する
通り難さ=導電率とすれば、真鍮・ステンレス・鉄など、導電率が低いヤツがEE、その代表格がニクロム線(別名:抵抗線)ですわ
最初は、流石に抵抗?ありましたが、色々作る内に、コレでもIN蛇ネ と鳴り、作ったら「バァ~~ン!」焼鈍しで酸化させ、ハンダ揚げして合金層を作り、棒端子へ塩酸で銀ハンダ漬け
ブログで生まれたノウハウの集大成、最初片側でしたが、、、両側(L・N)使いで大正解w  もの凄い効果!
f:id:arcs2006:20220309201034j:plain
f:id:arcs2006:20220309201022j:plain
各種試作したノズルを外し、コイツで一本化、合計4個製作(各IPM用)

音のイメージは・・・

www.youtube.com

途轍もないエネルギーが噴き出す!
パワーアンプその他はナンも変えてませんが、焼きニクロムを憑けると、プリのボリューム10時半~11時前(以前は12時)で1000Wアンプが気絶しちゃう・・・・
もちろん、同じボリューム位置とは到底思えない音量・エネルギー感ですわw まるでアンプが覚醒・発狂した様、ナンもしてません、このノズル憑けたダケw
イメージだと、100Vのアンプに無理矢理200V入れて(普通壊れます)強引に鳴らした漢字、こんなの初めての体験でワケワカメ・・・・
中域・高域は明解でクリア、立て板に水、竹を割った様でノイズ感はゼロ、そして低域が正に👆の動画ですわ
ブッチャケ、ヤリ杉感バリバリですが、ノズルを外せば元に戻るから不思議! こんなモンでココまで変わるかw そんな見本w
過去に作ったノズル全般、全て同じベクトルで変化しますが、焼きニクロムは別格!

www.youtube.com
コレが、自分の耳を疑うホド良く鳴った!

同様に、AVサラウンド系は、音の大洪水で快感そのモノw

今迄だと、凄く良く鳴っていたとして、このアンプEEネェ~~ とか、このスピーカー鳴るネェ~~ そんなボキャでしたが、、、実は違うって噺なのよw
電源で決まるのは確かですが、電源マンマでも、ケーブルを工夫(ノズル化)スンと、トンデモナイ音出るのよw
アンプやスピーカーを換えなくてもEEって噺ですわw  書いても信じないよネ


絵の様子は・・・
先日、中間コントラスト云々と書きましたが、其れは半分焼きニクロム(片側焼鈍し銅線)での噺w 焼きニクロムに換えたら・・・・
リモコン触らずに絵が楽しめる、つまり、絵が気に鳴らない
何時もだと、絵の細部が気に鳴り、リモコン弄ってチョビチョビ設定を変える習慣があり、ユーザー設定の確認・変更とかで落ち着かない視聴でしたが

気付くと、リモコン触らずに見て板(爆)  嬉しいワナw
自分で云うのもナンですが、特別に神経質なタイプではありません、しかし、、、プロジェクターの画質は気に鳴るコトが多く、リモコン片手に唸るケースが多々ある
特別な要求をしているワケではない、気に鳴るのはガンマカーブ(中間階調)でプロジェクターが古く輝度が低いから、中間が特に気に鳴るw
輝度が低いとは家、CINE・MAX(9インチ3管)より有るので、実質的にはOK、だから中間なのよw
エンジンはDLPです、黒浮きやLED光源のビビッド色彩、そして動画性能は、電源ノイズ対策で全部解決しましたw  アレは一体ナンだったのか?
つまり、電源ノイズによる誤動作だったのよ、設計通りに動作していなかったダケw
最期に残ったのが中間階調ですわ、、、ブッチャケ、コレは無理デショw だからチマチマとリモコン弄って、コントラスト&ブライトの落し処を探る日々でしたが・・・・
見てて気に鳴らない、リモコンを手に持つ必要がない、コレほど嬉しいコトはないw

何度も書きますが、オーディオAVマニアは生来のクレーマーですわ、クレーム解消のために努力する人種w


映像マニアが激減(廃れ・壊滅)しました、理由は拘っても如何にも鳴らんからデショw 不自然な絵を見せ続けられ「もう無理!」興味が失せたw
とは家、不自然な絵を好む方が相当いらっしゃるのは事実でして、逆にオマエが不自然だろ! なんて岩れ想w