ワイドレンジ・ツィーター

ワイドレンジ・ツィーター






JODENは捉え処が無い・・・・
要は帯電圧が下がればOKAY! それダケですが、、、、残念ながら帯電圧は測れない
除電する前で、ある程度高圧なら測れますが、一定程度除電した上で、夫々を比べ(除電比べ)るのは無理!
耳と目で確認スルしかない
判断が主観に鳴るので、難しく漢字られると思いますが、、、、実はカンタン! 人は性能EEですからw

そして、除電には時間が必要、静電気は動電気の様に流れませんw
チェロのJODENフラワーは1日経って、電圧が下がり、より繊細でクリアな再生に変りましたw


イキナリですから、インプレは早漏ですが、、、、神経質さが無く、大らかな鳴りで一安心w   IN蛇ネw
コンデンサーは6μFですから、カットオフは2500Hz近辺、ー6dBで1200Hzですから、超強力ワイドレンジ・スコーカーかなw
16センチ超強力フルレンジはワイドレンジ・ツィーターとして使えるw
大らか=厚み、ですから、中低域が分厚く鳴るw



戦力外で御引退w
あくまでも聴き比べての噺ですが、13センチより16センチの方が音に余裕噛まして、、、そんな再生、特に大音量だと  パンチが重い!
狙ったのは低域再生ですから、目論みが当たった! パンチは重いケド快感もデカいので大満足w ウルサイ感はほゞ無しw トンデモナイ世界ですw
と同時に、15年の進化も実感しました、FE138ESRはEE・悪いではなく、パツンパツン状態で無理してる鳴りに対し、FE168SS-HPは懐が深く、無理してる感が少ない
マグネットも13センチはアルニコ、16センチはオーソドックスなフェライトの物量噛ましがEEのかなw
変った使い方ですが、、、、ツィーターとして見れば高コスパ


15インチ・ウーハー(スルー)+6インチ・フルレンジ・ツイーター(C結)
15インチ・ウーハーに依るバックロード・ホーン(5mロード)「富岳」から始まった
長岡教解脱(UPデート)を成就!
教祖である、長岡鉄男を同一ベクトル延長線上で超えたいと目指して北! 教祖に依ってオーディオAVへ導いて頂きましたが・・・・
マネ領域から脱却出来ず悩んで来ましたw
ブッチャケ、事故満ですが・・・嬉しい日が北!