アルミ箔導体+ハンダ合金

アルミホイル(箔)は静電気対策アイテムでしたが
アルミ箔導体+ハンダ合金は様子が違う!
アルミ箔導体なんて聞いたコト無いし、ハンダ漬けスルなんて考えたコト無いわw  誰も知らない世界
同じアルミでも、塊と箔では別モノ、同じコトが鉄とスチールウールでも家る、薄い・細いで、静電気絡みの性質・特性が変るw
スチールウールは除電MAXで最高ですが、、、、超発火し易く危険、何度も発火・火傷して辞めましたw  砂鉄(粉)も同じかなw
静電気は偉大な自然現象ですが、オーディオAVに関して家ば、ノイズ・フリクションに鳴るケースが殆ど、その上、実態が掴めない(測定し難い)ので遣り過し勝ち
ブッチャケ、ワケワカメ、、、、だからコソ、静電気に関心を持ち、積極的に関わって逝くことで、ノイズ・フリクションを回避できる デショw






スピーカーラインに入れたら・・・
整理スルために、アルミ箔とハンダ漬け、先日のピンプラグ・ノズルと同等のアイデアですが・・・・
静電気絡みと云うより、 アルミ箔導体とハンダ合金の音 に興味があるw

熟成サウンドと書きましたが、悪くない(EEのよ) 柳の下に2匹目のドジョウはいるのか?
音質・画質は捉え処が有る様で無い、電気的測定は殆ど意味がない、、、でもネ

目と耳ならワガル!   人は超高性能ですからw

俺は耳がEE、そんな噺蛇無いよ、理屈・知識・経験で脳が如何反応するか? 蛇無いよ、、、アレコレ考える前に勝手に判断してくれるw
感動(鳥肌)するか・しないか

つまり、鳥肌が起たなければ大差無いって噺、気にスル必要無しw  カンタンw  シンプルな遊び




アルミハンダと鉛ハンダをブレンドすると、ハンダ肉付けが可能w  溶接みたいデショw

ハンダ漬けは肉盛りし難い上、ハンダ自体に強度が無いので、ポロっと折れ想ですが、、、、銀が入ると強度UPで肉盛りも可能w



インプレ!

ノズル・サウンド
交換して一聴でより表情豊か、音のグラデーションUP! 正にノズルの音、前作(下置き)は圧着でしたからJODEN効果でしたが、ハンダ合金は違うわワナ
見ての通り、アレもコレもで寄せ鍋状態でドレが如何の蛇有りませんが・・・・・
夫々の出汁が出てEE漢字w
一見、ノズル同士が干渉しそうですが、、、何故か喧嘩が怒らないw

言い換えると、電線(ケーブル)材質の単一化は、一本調子の音に鳴り易い
一本調子の音に馴れているから、ノズル効果にビックリするw
諸悪の根源は、80年代のOFC(無酸素銅)から始まっているw 一本調子の音を良いと判断したのが大きな間違いw
ブッチャケ、ビンテージ電線は、酸化してるし、精錬が甘くて不純物だらけ、なのに、音がEEとされている、一方、純銀がEEとか、いい加減なモンですわ(爆)