インバーター出力の大きさと、音質・画質の関係

1000W・2000W・3000Wでは・・・・
天と地ホド違う!

例えると、ホップ・ステップ・ジャンプ!

画質なら、2K・4K・8K

元ネタは、えびパン支部長宅に各種インバーターを持ち込みテスト(IPMサンプラーにて)
同じプロジェクター(エプソン10000)にも拘わらず・・・
見てて思わず声が出るホド違う!


ホップ

ステップ

ジャンプ!

インバーターは出力の大きさは違えど、電気質はドングリと考えていましたが、、、電気質は天地の佐賀アル
リファレンスIPM,IPMサンプラーインバーターは、、、「ホップ」で大感激・大満足していたw 知らぬが仏!
見ていて、AC100Vの電気質について、ナニが如何違うか、、、ノイズの有無とか、では無さそう、、、根本的に全く別モノに見える
ブッチャケ、見ていて、アタマの整理が追い憑かない 「思わず声が出る!」 そんな違いw
大画面スクリーンを32年間見てますが、見てて声が出るホド違う(良く映る)なんて、、、アリエナイw えびパン支部長も茫然w
音の違いは、数々ありました、もちろん、絵も・・・・ところが、今回は次元が違うw  頭抜けている!
コレは、インバーターによるAC100Vの噺、インバーターで大きく違うって噺、、、でもネ、良く考えると、壁コンセントAC100Vに悩まされフィルターを作り、IPMに鳴った
ソンで、インバーター換えたら特大「バァ~~ン!」理由・原因は未だハッキリ分かりませんが、、、壁コンセントAC100Vでは絶対アリエナイ噺w
AC100Vって、一体ナンなの? ノイズ云々は別にして、電力会社のAC100Vより、インバーターで作ったAC100Vの方が数段良質なの? ワケワカメ・・・・


お神インバーターを持ち帰りスルわけにも逝かんワナ、、、早速、注文したので「ホップ」と交換して如何鳴るか・映るか、徹底検証!
インバーターは、パワー(出力)が違うにせよ、AC100V電気質がココまで違うとは考え(思い)ませんでしたw
単純に考えると、3000Wのローコスト版が2000Wで、1000Wは更にローコスト版蛇ネ
インバーターはアナログ機器ですから、コスト=クオリティー  だよなw
デジタル全盛ですから、新しい方がEE、ローコストでOK、そんな認識に支配されていたかもw
インバーターのAC100Vには問題(ノイズ等)があると認識していましたが、インバーターの出力でココまで違うとは・・・・
もしかスンと、負荷の違いで、インバーター出力が悪影響を受けているのかも・・・・ドレも同じに(大差無く)見えるインバーターですが、選定は超重要だとワガッタw

ブッチャケ、プロジェクターがココまで変わる(良く映る)インバーターを オーディオに使ったら如何鳴るよ・・・・