サブ・システムの紹介

デジカメが別モノ?
スピーカーはチェロw

先日と比べ、デジカメの静電気ノイズ電圧が下がった様で、より綺麗に映ってるワナ  現実はこんなモンですわw
デジタルAV機器のパフォーマンスは微弱静電気ノイズで大きく左右されてしまう、とは家、ノイズ電圧は測定不可、、、言い換えると、ナニがホントなのかワガンネw
こんなアヤフヤで捉え処のない事象ですよ、静電気ノイズと逝ってますが、白須の買ってな思い込みかも知れんしw
ブッチャケ、マジにデジカメを買い替え様としていた(爆)

ノイズの仕分け・対策が進んだコトで、微弱静電気ノイズが大きく炙り出された


現在、自作スピーカーコンテスト(12月開催)に向け、ひたすら鳴らし込み中(成長待ち・・・) セッティングは外向けハの字で音場型、見た目変ですが良く鳴ってますw
センター定位はバッチリ&広大な音場  今更ですが、指向性の重要性を実感w




音源はDAP、右が充電器
半導体の進化でDAPは高音質、データはフラックで、PCオーディオと共有できますw
音は充電で決まる! 親バッテリーはIPMと共有、デコデコで5Vに落してUSBへ
DAPのお陰で、太陽光充電の素晴らしさを知り、IPMへと進化しましたw



プリは真空管Amazonで5000円) 
パワーはハイペックスのデジアン(シリーズ電源)

プリアンプは真空管がEEわ、高電圧のメリットが十二分に堪能できる、、、リファレンスはMOS-FETですが、半分は長岡教徒としての意地ですわw
ツウか、真空管プリアンプを弄ったお陰で、高電圧動作の重要性が整理できましたw
パワーアンプは、真空管とEEたい処ですが、、、今はデジアンがベスト! 高電圧・高効率でクセがなく屈託の無い鳴り方は、雑食系音楽ファンにはピッタリw
www.aitendo.com
2セット購入して左右独立でバッファ+ボリューム+バッファ構成で作ったら相当EEと思いますw
後日、製作します、、、お楽しみにw



プリアンプ電源部
電源トランスの遠方設置を条件に、巨大トランス&マルチ化(B電源とヒーター電源の分離)してあります、、、超弩級指向w
手前はIPM用充電器ですが、滅多に使いませんw




プリアンプ用米田TOS&スクエアDBM15P



パワーアンプ用TOS&スクエアDBM25

フィルターの基本構成は AC100Vー>TOSー>スクエアDBMー>オーディオAV機器 各機器夫々
CMフィルターとして、FMシート巻きは適宜行いますw

IPMでも、各機器毎にフィルターを組む必要蟻
メンドウですが、、、音を聴くと、組まざるを得ない・・・・インバーター出力(AC100V)にナンらかの問題があるのだと思いますw
真空管プリアンプは昔ながらの構成・回路ですから、ノイズ発生は少ないとは思いますが、、、TOS&スクエアDBMは効きますし
デジアンはその名の通りデジタルですから、逆流ノイズ・CMノイズは普通に出ており、TOS&スクエアDBMは必須ですわ



インバーターも分ける必要蟻
1台で3000W(30A)出せるインバーターですわ、普通に考えれば、プリとパワーは共用でOKですよネ
ましてや、サブですから「IN蛇ネ」と考えましたが・・・・聴き比べると「バァ~~ン!」
一寸なら気にせず逝こうと思いましたが、、、一寸蛇無いw  嫌な漢字ですが、、、仕方ないw

音質云々ではなく、「気」の出方が違う  言い訳できないのよw